愛媛は温暖な瀬戸内式気候(だっけ)のおかげでほとんど雪が降らない。1年中ノーマルタイヤでほとんどOKだ。おまけに昨年まで乗っていたアルファードにはスタッドレスを履かせていたので雪のある場所にはそちらでお出かけ・・結局、キャンカーはノーマルタイヤのままだった。だが子供と動けるのも2~3年だろうしこの機会にスタッドレス化実行!

チョイスしたのは純正のテッチンホイールを使うために195/70R15 ダンロップSP LT01だ。ネットで頼んでいつもお世話になっている近所の修理屋さんに持って行ったが・・
yokohama.jpg
バランサーがないのでいつも使っているタイヤ屋さん紹介するね・・と言われて行ったのがYOKOHAMAの松山営業所。ライバルメーカーDUNLOPの持ち込みタイヤの取り付けという勘違いなオーダーに無表情なオジサンが出てきて対応してくれた。腕は良さそうだったけどホイールキャップの爪を折ってくれた。食堂に弁当を持ち込んだようなマネをした仕返しなのか。困ったもんだ。
sutaddo.jpg
カムロード純正サイズのスタッドレスなので確かにフニャ~とするが、カムロード純正のBRIDGESTONEと比べたら全然OKだ。

ご存知のように夏タイヤでも荷重の大きいキャンピングカーは3~4年でタイヤ交換が推奨されている。週末しか乗らず(それも毎週ではない)距離の伸びないキャンカーなら、3~4年でノーマルもスタッドレスもきちんと交換していくのはあまりに不経済なので、スタッドレスをオールシーズン履いて履きつぶすのがいいかもしれない。215サイズで程度のいいスタッドレスを選べば夏のデメリット(フラつき・燃費悪化・雨の排水)も最小限に押さえられるはずだ。それより3~4年でキッカリ交換していってバーストの危険性を押さえたり、スタッドレスのゴムの硬化を防いだりした方が気持ちがいいんじゃないかな。現に友人のYくんはそうしている。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
お盆休み中に、友人から電話。「川内ICでキャンカーが横転しているぞ・・」

Googleで検索してみると川内ICのアクシデントではないけど、こんなキャンカーの横転画像が・・



・・キャンカー乗りの方はわかると思うが「これはほんとうにコワイ!」動画を3回再生して背筋が寒くなった。

自分に限らずキャラバン中に思わぬロールでおっとっとってことは大なり小なり経験あると思う。メーカーやビルダーはタイヤのコンディションに注意して下さい!というだけなのだけど、結局カムロード純正タイヤの安全マージンの問題なんだろうと思う。

この貴重な画像の事故の詳細は我が家のキャンピングカー&木更津・ライフさんのHPを参照にしていただきたい。
奇跡的にお怪我もなく無事だったということで本当に良かったです。

でも、これはホント人事ではない。自分も空気圧計と12Vの電動ポンプを用意しているが、先日大阪のUSJで空気圧の大幅な減少があって相当焦った。とりあえずポンプで補充しでGSでチェックしたけど異常なし。帰宅後タイヤマンで入念にチェックしてもやはり異常なし。出発前にチェックしたはずなのに・・。コワイ。



こまめなタイヤチェックがもちろん重要なのだけど空気圧のアラームみたいなものはないのかと探しまくったらこんな物が・・

Techno GearテクノギアTPMSワイヤレスタイヤプレッシャーモニターシステムなる製品。価格は画像クリック。http://www.rih.co.jp/route/route_main2.html詳細はココ。

早速購入してみよう。取り付けなどはまた後日ご報告。

人気ブログランキングへにほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ

アウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログはココです。記事検索では常に最新の情報が検索できます。ポチッとお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
先日、ニュータイヤ ブリヂストン R202 で九州・中国・山陽道を500km走行。風も結構強く帰りのフェリーの前の便は船が埠頭に接触して欠航したぐらい。

ニュータイヤのネオクレソンは、さすがに何ともないと言えば嘘になるが、(途中のSAで、ランチョショックを6から7に変更した)相当安定している。修正舵は純正タイヤの2割程度と言ってもいいと思う。

帰りのフェリーギリギリでネオクレソンとしては最高に飛ばしたのだが不安感はなかった。

乗り心地はランチョ7でR202に600kpaでは街乗りでは硬いが、高速では純正より快適。

しかし、まさかキャンカー買って、ショックセッティングと乗り心地・操縦安定性をテスティングするとは思わなかった。

SANY0325_20090324220740.jpg

余談ですが、サスガ九州、ナッツRVのお膝元。ミラージュさんに3台お会いしました。皆、純正タイヤでした・・。皆さん運転が上手なのかな・・。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
納車来、懸案のタイヤとアルミホイールを交換。

アルミホイール 「サーチ・ポリッシュ」 15X6.5J +35 6穴139.7 耐荷重VIA990kg限定 シルバーポリッシュ。 タイヤはタイヤ故障の多いカムロード純正サイズより強度を増した「ブリヂストン R202」 215/65R15 110L。BS R202は、ショルダーが溝なしのスリックタイヤのような形状で排水性など、どうなんだろうと思うが、トラックタイヤはこんなものらしい。ヨコハマのTY285のオールシーズンタイヤと悩んだが、やはり中途半端なんじゃないかと思い、定番のR202に。アルミホイールは、オフセットを変更して、特にリアのフェンダーぴったりに納めるホイールもあるみたいだが、やはり多少なりとも無理はあるだろうと思い通常に。
SANY0318.jpg

購入先はヤフオクのカムロード用・・と出品しているショップ。オートバックスなども訪ねたが、やはりカムロードは知識がないようで、店員さんの方が何となく不安げ。田舎なのでニーズがないんでしょう。専門ショップからの購入にしました。

換えてみて・・

これは納車と同時に換えるべきだった。純正タイヤは空気圧600kpにしても、遊びが大きく風の影響を相当受ける。バス・トラックのパス時、風の強そうな橋の上は、あらかじめカウンターステアの準備をしておいて乗り切るというスゴイ運転が必要。8000kmくらい走った今では無意識にこなせるようになっていたが、やはり疲れる。本四連絡橋の上では後ろの車の友人がユラユラのキャンカーをみて(自分ではきずかないが相当揺れているらしい)心配してくれた。何よりバーストして一家全員事故死ってものシャレにならん。

R202は、明らかにタイヤ剛性がアップした感があり、遊びも少しダルイ普通車程度に。海沿いのバイパスを80kmで流しても片手運転でOK。ランチョ(ショック)の設定6だと乗り心地も十分合格だ。やっと普通の車になった感じがする。ちなみに、キャンカーの乗り心地だが、自分は十分だと思う。普段はアルファードに乗っているが、休みの日にキャンカーで出かけると言って家族からクレームがつくようなことはない。

しかし、これはドレスアップやチューンアップではなく、車の安全性に関わる選択。トヨタさんは、カムロードの純正タイヤは早急にR202クラスにするべきだと思う。無理としてもビルダーさんは、ランチョと同様にR202クラスのライトトラックタイヤとアルミをOP設定するべき。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
純正タイヤ BS 195/70R15 106/104L LT(最大耐荷重950kg/1本)というのは、ググればバーストレポートが一杯出てくる。もちろんキャンピングカーなのでナンダカンダと積み込めば際限なく荷重は増えるだろうし、空気圧のチェックが甘かったのかもしれない。しかし、どうもバーストはカムロードに多いらしく純正タイヤの安全マージンの問題があるのかもしれない。ネオクレソンもベースはカムロード。

で、遅かれ早かれアルミとセットでタイヤ交換を考えているので情報収集中。しかし、ライトトラック用タイヤは非常に選択肢が限られている。

当然ロードインデックスを上げなければいけないので215/65R15 110/108L(最大耐荷重1060kg/1本)で探すと、代表的な物はBSのR202。いろいろブログを見てみると操安性はかなり良くなるらしいが若干硬いみたい。でも、カタログ見ているとR205という新型(ただし215/65R15のサイズなし)にR202比で何%向上なんて記載もあり・・。今さら202という感じがプンプン。
camroad01.jpg

他に、YokohamaのTY285。俗に言うオールシーズンタイヤだけど、スノー性能は期待しないとしても、ドライ利用でノイズがほとんどない、R202乗り換えで良かったとかのレポートもあり。
Camroad02.jpg

DUNLOPでは、SP LT33。情報全くなし。

・・・ぐらいなのかな。迷うほど選択肢はないけどどうしようかな。

近日中に、とりあえずバースト防止で夏タイヤ新調して、余った鉄ホイールの来年はスタッドレスをつけようかと画策中。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」