1インチセンサーとライカレンズのLUMIX DMC-CM10。

SIMフリーのスマホ(通話機能はなし)で撮る・見る・レタッチ・SNS共有まで、この一台で完結する・・というのが売りだ。先代は通話機能もあって、まさしくカメラ機能特化スマホだったのだが、この機種になって通話機能を省き(LINEとかでは通話可能)コストダウンしたのだ。ただ、案の定、マニアのカメラ(スマホ)で人気なく半額程度に下がってきた。バカなオヤジは安さにつられて購入。
04882E92-A959-44DC-8F8A-E9BB2E2511B8.jpg
9A4913DA-D7C4-46A7-8F76-DA135041993E.jpg


早速、iPhone7と撮り比べ。

上iPhone7、下CM10。
4C485B6A-EDD3-4D47-8C62-A78333BA1C41.jpg
P1000018.jpg
上iPhone7、下CM10。
729019F6-48F3-42DD-A367-412D6CDB2069.jpg
P1000020.jpg
上iPhone7、下CM10。
86D07C07-F314-4FC5-9361-C5BB05278352.jpg
P1000024.jpg

そして肝心のボケ味。
6A78E37A-05E0-4E8B-BB37-5300A53431DD.jpg
P1000019.jpg
・・・そうなんです。iPhoneは電子的にぼかしているのでインチキなんだが、1インチセンサーと比較してもパッと見キレイ。だた境界を見るとキレイに抜けていない。同系色は境界の判断に迷うよう。気になる人は、決定的にアカンだろう。

iPhone7は28mmと56mmのWレンズ。CM10は28mmの単焦点。画素数は7の1200万画素x2、10の2000万画素。ただ、リサイズされたSNS程度では、見てもらったように、どちらが優位ということはないのではないか。

暗所性能は。上iPhone7(以下7)、下CM10(以下10)。電球2灯の薄暗い焼き鳥屋。フンイキは10の方が出ているが7がダメなわけじゃない。もっと暗いと差は開くだろうけど。
952A9CA6-968F-493C-86BA-C14395C1AEB8.jpg
P1000026.jpg

ムムムこれは・・・コンパクトデジカメは必要ない時代になってきたのかな。少なくとも、SNS程度の用途が多い自分には、スマホとコンデジの2台持ちの時代は終わったと思う。

10mm台の広角や望遠が必要な時はレンズカメラのOLYMPUS AIRと交換レンズを鞄に放り込んでおけばそれでいい。
DSC00885.jpg

10はしばらく使って、デジカメ欲しいといっているガキンチョに払い下げになりそうな気配。テザリングを使ってWiFiルーター兼デジカメとして使いそうだ。

スマホは撮影+レタッチの機能が一つになった自己完結撮影装置。本来なら、iPhone7に搭載されているような被写界エフェクトはこのDMC-CM10にこそ搭載されるべきだったのだろう。そのためにPanasonicはわざわざAndroid搭載してエフェクトアプリで後処理することもできる高スペックデジカメを開発したんだろうと思う。でもPanasonicは、アイデアに満ちたアプリは結局開発できずフツーのデジカメ並みの機能しか実現できなかった。なのでCM10の商品力も中途半端になって討死。でも、アイデアに満ちた製品は他社からは出続け、例えば、HUAWEI P9ではダブルレンズにより、被写体までの距離を検知することで、撮影時だけでなく、撮影後でもボケの量やピントの位置をコントロールできるようになっている。素晴らしい!
st_p9buy-07.jpg


ようするにCM10は、ハードの狙いは良かったんだけどアプリがついてこなかった・・という日本の家電メーカーの必負パターンなのだ。

まあ、とにかく日本の電機メーカーは、ソフトウェアのわかる経営者とエンジニアを増強するべきだろう。自前が無理なら買収でも提携でもどんどんすべき。買収をチャンチャンやる韓国企業を見習ってほしいものだ。JBLやHarman Kardon、Mark Levinson、AKG、Lexicon、Infinity、RevelもSUMSUNGの傘下だ。なんてこと!


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
カメラのケースを探しにダイソーに行くとハリスツイードが。

Gapにもコラボ商品があったけどダイソーってのはハリスツイード的には良かったんですかね?


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ルミントップというフラッシュライト。

モニターでいただいたものだけど、単4一本で使えるCreeのLEDを使った110ルーメンライトだ。防水でアルミボディの加工もちゃんとしている。右下はマグライトの同様の製品。LEDじゃないので性能は比べるべくもない。

このルミントップが今、鞄の中に常駐している。もちろん、iPhoneとかのライトで鍵穴を探すのは十分なのだけど、写真を取るときに、人をとってもモノをとってもサイドライトがあるだけで映りが断然よくなる。ちゃんとした光源があると昼でも写真がちゃんとする。昨日もネタにしたのだけど最小一眼セットの最小照明として大活躍だ。
DSC00892_201605222320285f6.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
自分は写真を撮ることが好きだ。下手だけどwww。

カメラに対する持論は「どんな高性能のカメラも持っていないと写真は撮れない」。持論なんていうと大げさだけど、要するに、ものぐさな自分は小型軽量じゃないと持ち歩かないので性能より小型軽量を優先して機種選定してきたということだ。

でも、今、スマホのカメラが高性能(iPhoneでいえば6S)になってきて、下手なコンパクトデジカメに肉迫するようになってくると、ただ小さいだけのデジカメは存在意義がなくなってきた。360度撮れるとか、超広角とれるとか、完全防水だったりとか・・スマホで撮れない写真がとれる、かつ、小型軽量でいつも持てる・・という難しい選択になってきた。

・・・で今の鞄の中の常駐カメラがコレ。OLYMPUS AIR に(35mm換算)の18mmと28~84mmのパンケーキレンズ。
DSC00885.jpg
結局、iPhoneに連携して使うんだけど。
DSC00886_20160522232026dfe.jpg

Bluetoothで接続を保ちつつデータのやり取りが始めるとWifiにバトンタッチするのでどうしてもタイムラグがある。ここがちょっと残念なトコロ。だが当たり前ながら画質はスマホより遥かにいい。Bluetoothの仕様が進化して低電力常時接続したままで、リアルタイムプリビューや画像転送までできれば言うことないのだけど。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
流行り(?)のVR(仮想現実)360度撮影カメラ RICOH THETA S を買った。

実は前モデルも持っていたのだけど大きく撮影能力が向上した3代目。

解像度のアップは、もちろんいいのだけど、何よりうれしいのが暗所性能の向上。このカメラは機構上フラッシュが使えない。360度まんべんなく光が回るフラッシュは小さなボディに内臓することは難しいからだ。なので飲み屋あたりで撮影することができるようになったこのSはようやくカメラの仲間入りを果たした感がある。


VR画像のサンプルは下のような感じ。マウスでドラッグすれば360度全周囲の映像をみることができる。ちなみにボクがアメリカに行った訳ではない。メーカーのギャラリーから拝借したもの。
On a boat in United States - Spherical Image - RICOH THETA



ちなみに、3Dは全く普及しなかった。理由は簡単で「目が疲れる」からじゃないかな?自分ちの3Dテレビも映画1本見て3Dメガネは埃をかぶったままだ。

でもVRは近い将来近い普通になると思う。でも今のようなヘッドマウントディスプレイ・・・
project-morpheus-654x361 (1)
・・じゃなくてスマホやタブレットを振り回してみたり(よくてサムスンのようなスマホをセットする簡易HMD)、マルチディスプレイ(もしくは湾曲ディスプレイ)での利用としてVRは市民権を得るんじゃないだろうか。もちろん、ヘッドマウントディスプレイは今年一番のIT関連NEWSになるだろう。しかし、自分もスマホを内臓するヘッドマウントディスプレイの偽物ものみたいなものを買って試してみたけど「酔う」のだ。「船酔い」だ。「VR酔い」っていうらしい。はっきり言って生理的なしんどさは3Dメガネと同じかそれ以上だ。サムスンは耳の三半規管に弱電流を流してVR酔いを抑制するHMDを試作していたけど、そんなの怖いよ。もちろん、ガンガン没入感が欲しいゲーマーには必須アイテムになるだろうしバーチャル中毒みたいなものも社会的な問題になるだろう。でもリビングやオフィスに普及するとは、とても思えないのだ。

でも、人間の視野は左右で180度程度(実際はもっと狭い)なんだからグルグル1周見えなくてもいいはずだ。リビングではスリムベゼルのディスプレイやTVを三面並べるだけで十分な気がするし、個人的な写真やビデオ鑑賞にはスマホやタブレットでいいんじゃないかと。ちなみに下は今コレ書いている自分のPCだけど全く問題ない視野角だ。話がそれたけど、VRの日の出前夜的な今、VRのコンテンツをCG以外で作る(撮影する)ことができる唯一のまともな民生機がこのRICOH THETAなのだ。なので、新しもの好きの自分としてははずせない・・というわけなのだ。
IMG_2344_20160331155745be0.jpg



と、ここまではシータの話で、ここからはSONYファンの零細ブロガーの個人的な要望とか希望とか戯言を・・。

実は、VRデバイスを入口から出口まで一貫して製造できるのは本当はSONYなのだ!RICOHさんは、実は撮ることができても再生の出口はYouTubeや他社のブラウザに依存するしかない。

なのに、SONYは、VRに対して全社挙げて前向きという感じではアンマリない。3Dで大ごけしたので懲りているのかな。サムスンやLG、Facebook、Microsoft、googleなんかはノリノリなのに。

もちろん、ゲームのPS4には今秋に安価にヘッドマウントディスプレイが発売されるようになったしそれなりに成功を収めることになるだろう。でも繰り返すけど、肝心のSONYの主力のAV・・ビデオ、カメラ、テレビ、スマホなどにVRが展開されるというリリースはない。

しかしSONYにはVRで先進できる要素技術が山のようにある。

レンズやイメージセンサーを作る一流のチームがいるし、古くはブロギーなんて360度(じゃないけど)カメラも発売し、また完成度の高いヘッドマウントディスプレイも何年も前に発売している実績もある。なので、例えば、いまスマホのXperiaに360度カメラを搭載して撮影から鑑賞まで手軽にできるデバイスはSONYならばいつでもつくれるはずだ。イメージセンサーを前後左右につけてもいいし、反射鏡タイプのアタッチメントをつけてもいい。そんなVRスマホはもちろん、デジカメやビデオにもVRを展開することも、同じ手法で、すぐにでもできるはず。デジカメなんてVR用の交換レンズ一本作るだけで対応完了だ。TVやタブレットでそれを鑑賞する仕組みをつくることも単にアプリの問題だけだ。それどころか、ハードだけじゃなくコンテンツ的にも、世界で初めてVR映画が撮れるのは実はSONYじゃないのか。自費で映画館を改造してそこでプレスを招いてスパイダーマンがVRでグルグル動けばVR=SONY・・にならないだろうか。VRの入口から出口を構成する全デバイスやコンテンツを手がけているのはSONYしかないはず。

でも、優秀なエンジニアや要素技術は健在(?)なのかもしれないけど、ライフスタイルからトータルに発想するようなソフト優先の指揮者がいない。今もユニークな商品は時々出てくるけど、どーつかうの?ってのが正直なユーザーの感想だ。極短焦点のプロジェクターなんて家でVRシアター作るときには役に立つもしれないが、そんなライフスタイルの提案にはなっていない。自分は全くSONYの関係者じゃないけど、ハワード・ストリンガー氏じゃなくて、ソニー・コンピュータエンタテインメント (SCE) の久夛良木健氏がソニーグループの社長になっていればSONYのこんな凋落はなかったんじゃないのかな。ゲームは子供がどう遊ぶか発想だもんね。

SONYが走って、Panasonicがマネして、他社も追随するといった日本の電機メーカーの方程式がダメになったから、業界全体が凋落したんじゃない?そして電機業界の凋落が日本全体の地盤沈下の一因なっているんじゃない。経済学者が小難しいことをいっても、結局、ライフスタイルのブレークスルーこそが国の経済の原動力。Jobsは、決してスゴイテクノロジーを発明をしたわけでないけれど、既存の要素技術を積み上げiPhoneというライフスタイルを作り、Googleはそれを模倣し、サムスンはその波に乗って韓国の経済を引っ張った。

ぜひSONYにはVRで一発逆転を狙って頑張って欲しいものだ。
SONYの中の人に零細ブログの声が届くわけはないけれど、SONY LOVEな一人として書かざるを得ないのだ。(爆笑)

ちなみにオッサンの戯言だけど、自動車産業も、電気自動車の時代になったら一気にコモディティ化して日本のメーカーは競争力を失う。電池のブレークスルーは目前で水素自動車時代は来ないと思う。日本は国立競技場も保育園も大事だが、電池と核融合とAIとロボット(ドローン含む)に持てる予算を今以上に湯水のように突っ込むべきかと。クリーンな核融合なんて成功したら日本はドバイですよ。世界から貧困もテロもなくなりますよwwww

腹減ったので戯言は止めます。年度明けで仕事が片付いたので、長々と便所の落書きでした。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」