ボクはカメラ好きだ。写真も好きなんだけどカメラが好きなんだと思う。

今、手元にある一眼は3機種。コンデジはかなり。でも今常用しているのは・・

iPhone7plus と OLYMPUS AIR。

ここ最近、コンデジは持ち歩かなくなった。このブログの写真も、ほぼiPhoneだ。ちょっとマシな写真を残したい時だけOLYMPUS AIRを、もっていく。iPhoneの説明は必要ないだろうけど、OLYMPUS AIRはこんなカメラだ。
IMG_3994.jpg

いわゆるレンズスタイルカメラというやつ。マイクロフォサーズの撮影素子を持っていて俗にいう高級コンパクトデジカメの1インチ撮影素子より大型で、レンズ交換式。ボケ味なんかを考えるとマイクロフォーサーズが一眼画質と呼べる最低ラインと考えている。なのでAIR以上小型の一眼は物理的にできないだろうと思っている。だって、径はマイクロフォサーズ規格のレンズの大きさしかなく長さは5cmちょっと。

画質は普通にイイ。今日の通勤中にも3枚。
IMG_4018.jpg
IMG_4029.jpg
IMG_4030.jpg

話しを戻すと。

iPhoneがメインカメラになったのは単純。画質が許容範囲を超えたから。それに、なんといっても撮影と同時にクラウドに上がってシェアが簡単だから。OLYMPUS AIRも、同じ理由。ファインダーがないのでiPhoneとの接続が前提。当然、撮影と同時にクラウドへ。ただ、AIRの場合は、Bluetoothでリンク情報をやり取りした上で、WiFiに接続を受け渡す。データ転送速度の問題なんだと思うが、これが欠点。家や会社のWiFiを使っている場合は、手動でAIRにWiFi接続を切り替えなくちゃいけない一手間があるのだ。Apple Watchの純正カメラアプリのようにファインダーをビューするところまではBluetoothのみでリンクしてもらったら最高に便利なのだが。

だから、接続せずに、ほとんどノールック、ノーファインダー撮影。よほど確認したい時だけiPhoneと接続するか、Apple Watchを使い始めたので・・・
IMG_3993.jpg
こんな感じで使ったりする。ただ残念ながらApple Watchファインダーは母艦のiPhoneがWiFi接続されていないとイカンので一手間かかるのは同じ。(ちなみにAndroid Watchは母艦なしに直接AIRと接続できるようなので便利そうだ)

でも、デジカメがスマホに呑み込まれて元気がないのは、写真好き・・いやカメラ好きには残念な現状。ここ何年も、カメラのみならず革新的な製品が日本からは生まれなくなってしまった。バブルが崩壊して研究開発費と設備投資が絞られたことが大きいのはわかるが、頑張ることが恰好悪いなんて風潮がしばらく続いたもんね。ロケット飛ばしたホリエモンなんてつぶされたし。

若い人がどんどんテーブルをひっくり返してほしいものです。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
1インチセンサーとライカレンズのLUMIX DMC-CM10。

SIMフリーのスマホ(通話機能はなし)で撮る・見る・レタッチ・SNS共有まで、この一台で完結する・・というのが売りだ。先代は通話機能もあって、まさしくカメラ機能特化スマホだったのだが、この機種になって通話機能を省き(LINEとかでは通話可能)コストダウンしたのだ。ただ、案の定、マニアのカメラ(スマホ)で人気なく半額程度に下がってきた。バカなオヤジは安さにつられて購入。
04882E92-A959-44DC-8F8A-E9BB2E2511B8.jpg
9A4913DA-D7C4-46A7-8F76-DA135041993E.jpg


早速、iPhone7と撮り比べ。

上iPhone7、下CM10。
4C485B6A-EDD3-4D47-8C62-A78333BA1C41.jpg
P1000018.jpg
上iPhone7、下CM10。
729019F6-48F3-42DD-A367-412D6CDB2069.jpg
P1000020.jpg
上iPhone7、下CM10。
86D07C07-F314-4FC5-9361-C5BB05278352.jpg
P1000024.jpg

そして肝心のボケ味。
6A78E37A-05E0-4E8B-BB37-5300A53431DD.jpg
P1000019.jpg
・・・そうなんです。iPhoneは電子的にぼかしているのでインチキなんだが、1インチセンサーと比較してもパッと見キレイ。だた境界を見るとキレイに抜けていない。同系色は境界の判断に迷うよう。気になる人は、決定的にアカンだろう。

iPhone7は28mmと56mmのWレンズ。CM10は28mmの単焦点。画素数は7の1200万画素x2、10の2000万画素。ただ、リサイズされたSNS程度では、見てもらったように、どちらが優位ということはないのではないか。

暗所性能は。上iPhone7(以下7)、下CM10(以下10)。電球2灯の薄暗い焼き鳥屋。フンイキは10の方が出ているが7がダメなわけじゃない。もっと暗いと差は開くだろうけど。
952A9CA6-968F-493C-86BA-C14395C1AEB8.jpg
P1000026.jpg

ムムムこれは・・・コンパクトデジカメは必要ない時代になってきたのかな。少なくとも、SNS程度の用途が多い自分には、スマホとコンデジの2台持ちの時代は終わったと思う。

10mm台の広角や望遠が必要な時はレンズカメラのOLYMPUS AIRと交換レンズを鞄に放り込んでおけばそれでいい。
DSC00885.jpg

10はしばらく使って、デジカメ欲しいといっているガキンチョに払い下げになりそうな気配。テザリングを使ってWiFiルーター兼デジカメとして使いそうだ。

スマホは撮影+レタッチの機能が一つになった自己完結撮影装置。本来なら、iPhone7に搭載されているような被写界エフェクトはこのDMC-CM10にこそ搭載されるべきだったのだろう。そのためにPanasonicはわざわざAndroid搭載してエフェクトアプリで後処理することもできる高スペックデジカメを開発したんだろうと思う。でもPanasonicは、アイデアに満ちたアプリは結局開発できずフツーのデジカメ並みの機能しか実現できなかった。なのでCM10の商品力も中途半端になって討死。でも、アイデアに満ちた製品は他社からは出続け、例えば、HUAWEI P9ではダブルレンズにより、被写体までの距離を検知することで、撮影時だけでなく、撮影後でもボケの量やピントの位置をコントロールできるようになっている。素晴らしい!
st_p9buy-07.jpg


ようするにCM10は、ハードの狙いは良かったんだけどアプリがついてこなかった・・という日本の家電メーカーの必負パターンなのだ。

まあ、とにかく日本の電機メーカーは、ソフトウェアのわかる経営者とエンジニアを増強するべきだろう。自前が無理なら買収でも提携でもどんどんすべき。買収をチャンチャンやる韓国企業を見習ってほしいものだ。JBLやHarman Kardon、Mark Levinson、AKG、Lexicon、Infinity、RevelもSUMSUNGの傘下だ。なんてこと!


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
カメラのケースを探しにダイソーに行くとハリスツイードが。

Gapにもコラボ商品があったけどダイソーってのはハリスツイード的には良かったんですかね?


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ルミントップというフラッシュライト。

モニターでいただいたものだけど、単4一本で使えるCreeのLEDを使った110ルーメンライトだ。防水でアルミボディの加工もちゃんとしている。右下はマグライトの同様の製品。LEDじゃないので性能は比べるべくもない。

このルミントップが今、鞄の中に常駐している。もちろん、iPhoneとかのライトで鍵穴を探すのは十分なのだけど、写真を取るときに、人をとってもモノをとってもサイドライトがあるだけで映りが断然よくなる。ちゃんとした光源があると昼でも写真がちゃんとする。昨日もネタにしたのだけど最小一眼セットの最小照明として大活躍だ。
DSC00892_201605222320285f6.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
自分は写真を撮ることが好きだ。下手だけどwww。

カメラに対する持論は「どんな高性能のカメラも持っていないと写真は撮れない」。持論なんていうと大げさだけど、要するに、ものぐさな自分は小型軽量じゃないと持ち歩かないので性能より小型軽量を優先して機種選定してきたということだ。

でも、今、スマホのカメラが高性能(iPhoneでいえば6S)になってきて、下手なコンパクトデジカメに肉迫するようになってくると、ただ小さいだけのデジカメは存在意義がなくなってきた。360度撮れるとか、超広角とれるとか、完全防水だったりとか・・スマホで撮れない写真がとれる、かつ、小型軽量でいつも持てる・・という難しい選択になってきた。

・・・で今の鞄の中の常駐カメラがコレ。OLYMPUS AIR に(35mm換算)の18mmと28~84mmのパンケーキレンズ。
DSC00885.jpg
結局、iPhoneに連携して使うんだけど。
DSC00886_20160522232026dfe.jpg

Bluetoothで接続を保ちつつデータのやり取りが始めるとWifiにバトンタッチするのでどうしてもタイムラグがある。ここがちょっと残念なトコロ。だが当たり前ながら画質はスマホより遥かにいい。Bluetoothの仕様が進化して低電力常時接続したままで、リアルタイムプリビューや画像転送までできれば言うことないのだけど。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」