山屋さんは、テント場で登山靴を脱いでリラックスするためにサンダルを持っていくことが多いそう。

もちろん担いでいくわけなので1gでも軽い方が疲労が少ない。なので、サンダル以外でもチタンのクッキングウエアを使ったりしてグラム単位で重量を削る。そんな人たちが、よく使ってるというサンダルがあるというので買ってみた。

まずは手元の定番クロックスを引っ張り出して重さ測定。224g
IMG_4250.jpg

次はキーンのヨギ。289g。結構重い。
IMG_4252.jpg

同じくキーンのシャンティ。177g。
IMG_4251.jpg

じゃーん。次が噂のお品。


それは


なんと


100均スリッパ。


なんと53g。何種類かあったけど一番軽そうなものを買ってきた。重いヨギ比較なら、なんと両足で約500gの削減だ。100円で販売しなくてはいけないという厳しいコスト制限が結果このウルトラライトサンダルを作ったようだwww しかし、モロモロのツールにチタンを使ってg単位の削減にエラクお金を使うけど、サンダルは100円にすればどどんと削減なんだから面白い。
IMG_4253.jpg
IMG_4254.jpg

・・って山登りしないけどね(爆笑)ボクの場合は装備重量軽減より腹の肉をkg単位で落とすべきだし~。

自分がやりたいのはバイクツーリングでのソロキャンプ。実は重さはそんなにシビアじゃないけど半分に簡単に折れるのでパッキングがよさそう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
我が家の台風被害。

ベランダのOUTDOOR倉庫が半壊ww ベランダの修正工事があるのでいつでもずらすことができるように中の荷物を室内に移動させておいたのがいけなかった。突風が、カンヌキをネジ曲げ扉の片方が吹き飛ばされた。倉庫の下はスノコなので中に吹き込んだのだろう。風雨の中、ひっくり返して伏せたので事なきを得たけど油断大敵。工作のお題ができたと思おう。
IMG_4277.jpg

話しは飛ぶが、ABCのネットストアで安売りになっていた、メレル モアブ。
ゴアテックスのミドルシューズ(カメレオン)が子供に雨通学用シューズとして取られたので購入することに。
IMG_4280.jpg

US Navy SEALsとかの隊員が使っていて有名なモデルだ。カメレオン同様、雨降りのタイルとかで滑りやすいという弱点はあるがメレルは自分の足に合うので疲れない。ライトトレッキングかバイク用なので問題なかろう。
8458_promotion_3.jpg

蛇足

台風一過。子供がまたもやサイクリングにいきたいと言い出す。双海方面にいくというのだが台風の影響を考え今治方面にさせた。しまなみ海道の下まで行ったらしい。105km走行。スゲ。ロードを買えとか言い出しそうで困る。
IMG_4275.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
夏はエアリズム、冬はヒートテックの下着を着始めて数年。

特にOUTDOORでは汗冷えすることが命とりになったりすることもある。(自分はないけど・・)
外で遊ぶときは、化繊かウールの下着をつけることが多くなって日常もそのまま・・という生活を送ってきたわけだが・・。
161228-bnr-htuw-01.jpg

今シーズンの初めに、なんだか背中がかゆい。嫁ハンに見てもらうと白く乾燥肌になっているとのこと。もしやと思いコットンの下着に変えてみるとすぐにかゆみは収まった。

で、数日前。嫁ハンがじんましん。医者にいくと「原因はヒートテックでしょう」とのこと。そういや前日、極暖のシャツをおろしたばかり。ユニクロも、スキンケアのオイルを含んだ製品を出しているくらいなので、乾燥肌対策も意識しているのかもしれない。

カサカサ肌の、オッサン・オバハン特有の現象かもしれないけど、速乾も冬場は良し悪しということか。

で、コットン下着なんてなくなっていたので、ユニクロのスピーマコットンとか、ヘインズとかいろいろ買ってみたけれど、一番良かったのは、グンゼ・・(爆笑) 中でもGTホーキンス Tシャツが自分には一番あってそう。

まさに温故知新。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
去年購入したバブアービデイルBarbour Bedale。

絶大な人気を誇る「BEDALE」は、ロングセラーの乗馬用ジャケットです。英国上流階級のアウトドア・ライフスタイルを体現するブランドであるバブアーは、1894年、ジョン・バブアーによりイングランド北東部のサウスシールズで創業。北海の不順な天候の元で働く水夫や漁師、港湾労働者のために、オイルドクロスを提供したのが始まりでした。その革新的なオイルドクロス製の防水ジャケットは耐久性が高く、瞬く間にバブアーの名声を広めていきました。第一次、第二次世界大戦中には、防水服を英国軍に供給しており、その高い機能性は、第二次世界大戦時ジョージ・フィリップ大尉により、潜水艦ウルスラの公式搭乗員服として採用されたという逸話が証明しています。

・・なんてことがウンチクなのだが、簡単にいうとオイルを塗って防水性を持たせた乗馬用コート。自分はバイク用に買ったのだが。なにせオイルコートだけにオイル臭い。新品は車のシートにもつく。1年落ち着かせて着ようかとクローゼットを開けたら・・・げげげげのカビが。もちろん他の服にはカビなんてないし風通しのいいところで不織布のカバーをつけて保存していたのだが・・・。
F7D565CA-82E3-4AF7-B5D7-824D43FE7959.jpg
早速アルコールでふきふきして、良くないのは承知でサンルームで日光浴。今のところ再発なし。
D9E62264-F80E-4589-A4ED-AEB0B5EAC859.jpg

バブアーのオイルドは年一度のリプルーフ(オイルの塗り直し)が必要と聞いてはいたけど、新品なので油断した。なるほどゴアなどの化学繊維がない時代、防水加工といえばオイル引きがよかったのだろうけど、たぶん(正確には知らない)オイルは有機物系の油脂なのだろう。条件がそろえばそれ自体がカビの発生原因になるのかもしれない。

ならば、シリコンなどの鉱物油がメインの防水スプレーを使った方がいいんじゃないかと思って調べてみた。そうするとクリーニング屋さんで鉱物油でリプルーフしますっていうところもあるみたいなのでズボラな人間にはそちらの方がいいのかもしれない。ただ、まあまあな費用と何より結構な時間が必要みたい。

なんせ、手間を楽しむことができない人間は着ちゃいけないのだ。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
友人に薦められて履き始めたダナー。

先日ローカットのダナーライトもどきを買ったら具合よかったので、ハイカットも買ってみた。

今はテカテカで恰好悪い。エージングが必要。

見た目だけでなく、最近の履いた瞬間に足になじんでくる靴と違って慣らしが必須。ローカットの方なんて一日ガシガシ歩いたら豆ができた。新しい靴で足に豆なんて超久しぶりだ。

と、いうことで足に慣らすためにランニングマシンでダナー履いて歩いているのです・・爆笑。

B0565FA0-FBCE-44DE-A8DF-5B0731F6F3B4.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」