ソロキャンプに100均のスキレットを持って行こうと探すのにない。どうやら引っ越しのバタバタでなくなったようだ。

そういや~と漁ってみると、やっぱり出てきた柳宗理のスキレット。これまた残っていた100均の革製ライターケースを持ち手につけてみた。

いいじゃんか。

IMG_4271_20171003165256cae.jpg

自分で買ってないので誰かにもらった気がするが入手先が思い出せない。誰かわからないが、サンキュー!

・・・とか言っていたらモンベルにロッジのスキレットがあったのでフタごと購入。ポイントあったし。
IMG_4662HEIC_20171108170046334.jpg

柳宗理は結局またもや、お蔵入り。ソーリー。寒。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
知り合いがやっているリサイクルショップに寄ってみた。

嫁ハンが手鍋が1つ欲しいんだけどコレどう?と持ってきたのがコールマンの新品の手鍋で千円。手ぶらで帰るのもアレだったので買ってみたんだけど安いのかな??
IMG_4110_201708211522052fd.jpg

・・・で、一回使うと取っ手が燃えたwww。キャンプ用の小さいコンロしか対応してないのだろう。

取っ手が取れる~に買い直した。鍋は鍋屋だ。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
先日のソロキャンで大活躍したのがコレ。



白く飛んで写ってないが、マットの上にひざかけブランケットを置いて寝袋で下半身を覆えば「ポカポカ一人こたつ」だった。
IMG_4665HEIC.jpg

このブランケット、ボクが買ったときは何百円かだったので(アベノミクスってやつで高くなりましかね~)家族分用意してて、寝袋のチョイスを間違った!!なんて時に寝袋の下に敷くようにしている。

電源サイトで電気敷布やホットカーペットを使う人はたくさんいると思うけど、このUSBブランケットの類も相当有効だ。電源サイトなくても使えるし。。

で、今回買ったのが・・

バイク用の電熱ベスト。商品名はNever Give Upらしい(プププ)
61W6HhyyuvL_UL1500__2017110815310225b.jpg
表地はたぶんウエットスーツのゴム系(薄いものだが)で裏地はフリース系。カーボンヒーターが入っていて65℃、 55℃、 45℃の切り替えができる。10000mAのバッテリーが8時間と書いてあるが、45℃で十分なので倍はもつんじゃないかな。
IMG_4702HEIC.jpg

これ着て寝袋入ったら電池がある限り死ぬことは絶対ないだろう。

これからはUSB系のOUTDOOR衣料や寝袋は結構出てくるんじゃないかな。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
荷物を増やさずキャンプで暖をとれないか?

誰もが考えて、一度は購入を考えた(ウソ そんな奇特なお人は多くないはず)経験があるヒーターアタッチメントwww。

バーナーにつけて輻射熱(赤外線)に変えるアレだ。

ボクもキャンプ始めた時にコールマンのモノを買ってすぐに人にあげたことがある。

冬バイクキャンプのパッキングに困って再度購入してみた。BRS(中華)の1000円ちょいのモノだ。
IMG_4696HEIC.jpg

まあ考えてみりゃ、その辺に転がっている石だろうが、スキレットだろうが、網だろうが熱してやれば輻射熱がでるわけで、専用品を買う必要もないっちゃないが、キャンパーだがホームレスだかわからないキャンプをしていたのではイカン。

で、効果のほどは。。。まあ普通に温かい。

バーナー(自分はmax3.5kw)の能力次第だ。一度、石油ファンヒーターの消費燃料と発熱量をカタログから拾ったことがあったけどほぼ比例だった。まあそりゃそうだ。これも、他のCB缶を使う暖房器具と、燃料消費を同じにすればホボホボ同じ暖かさに違いない。

燃料費を抑えたいのでカセットガスを使いたく、また輻射熱で危ないので分離型にしたかったので昔買ってたカセットガスアダプターを引っ張り出してつけてみた。普通に使えそうで採用。OD缶が切れた時のバックアップにもなるしね。

もちろん、テント内の火器の使用は厳禁。よほどしっかり換気をしないとすぐに昇天だ。完全自己責任で、シェルター内で使う際は、絶対にCOセンサーが必要です。
IMG_4697HEIC.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
手持ちの着火ライターを整理。

一番下SOTOのいわゆるターボライター。何と言っても風に強い。100均の束で売っているフツーのライターを中に入れることができる。後述のノビール版より安いので3個持ってて蚊取り線香の缶の中とか、墓参りセットとかアチコチに置いてある。

下から2番目は同じくSOTOのノビールライター。カセットガスの詰め替えで結構便利。お家で使っている。写真には写ってないが、このノビールでターボ版も持っている。機能的にはこれが一番だろう。ソロキャン用に採用だ。

下から3番目は先日100均でみつけた、火口が長いターボ のライター。使い捨てだけどなんせ100円。恐るべし。OUTDOOR部屋でロープのほつれ止めとかアルコールストーブとかのお遊び用。

一番上の火打ち式のライターはなんかのオマケか買い合わせ商品だったと思う。中にオイルライターのオイルを入れておいて湿らせた芯に火打ち式に着火するという永久マッチ。
IMG_4315HEIC.jpg

どうやって使うんだっけ・・・とiPadで検索したら出てきたのが、なんとこれと似たような商品を実況レポしていたら家を全焼させてしまったというYoutube動画。

リンク貼ったりしないけど「本当に!」家が燃えているのだ。

ニコニコのコメントが入っているのだが、最初はいわゆるネタだと思って笑いながら見ていたのだが、火が大きくなって鬼気迫る様子に、なんとも気の毒で口アングリ。なにせ着火しにくいものだし、オイルが液体で構造上、簡単に漏れる。漏れたオイルに火花が落ちて本人の気がつかないところで着火・・危険過ぎ。

すぐにオイルマッチは捨てた。

で、引っ越して消火器用意してなかったぞ・・と思い起こし早速購入。

OUTDOOR部屋で火器を使うことがあるので他人事ではない。3mの天井高はあるけれど寝袋始めとして周りは可燃物だらけ、注意しないとね。
IMG_4310HEIC.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」