定番のLED化。

ヤフオクで、
★42mm6LED(SuperFlex)激光ホワイト2個
★BA15S白発光拡散18角型LEDバック灯、ウインカー
・・なんてのを見つけて購入。それぞれ750円と1260円。2個組なのでまずまずかな。

手前が42mm、後ろがBA15S。
R0010279.jpg

よく消し忘れるトイレには42mm球。仕様が公開されていないのだけど、たぶん1W程度。ニクロム球だと5W。光量的には若干落ちた印象だけど、ホワイト光なので実感的には明るく感じる。本も読める・・このトイレでは読まないけどね。
R0010280.jpg

ベットライトは上部がBA15S、下部が42mm。あと外部のエントランスライト(ポーチライト)もBA15Sで18角型LED・・こちらの方はポーチライトとしては若干力不足かな。BA15Sは推定3W。純正白熱球は21W。
R0010281.jpg

LEDは確かに明るく低電力だけど、願わくば白熱球色だったらな。
ポーチライトだけはジェントスのLEDランタンのような白熱球色+もう少しハイパワーの製品が出てきたら交換しよう。最近はガスランタン焚くのもメンドーくさくなってきたので。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
前回のデイキャンで作ろうと思っていた、「ぎょうざの皮」ピザ。

もったいないのでつくった・・トマトソースにチーズ、ウィンナー。うまい。
R0010274.jpg

タルタルソースに海苔にチーズ。うまい。わさびに醤油でもOK。
R0010276.jpg

好みだろうけど、1枚じゃさすがに薄皮過ぎるので、水で2枚をくっつけると丁度いいかも。パリパリで我が家では大好評。ぜひ・・

COGHLAN S(コフラン) キャストアイアン キャンプクッカー
COGHLAN S(コフラン) キャストアイアン キャンプクッカー

俗にいうホットサンドメーカーは、何でもツマミ製造機。ミニダッチオーブンです。焚き火でも使えるこんなの1本あれば重宝です。ダッチより軽いし。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
幼稚園の行事などなどで時間がとれずここ2週間はキャンプはお預け。土曜の午後は何とか時間が合ったのでいつものYくんと重信川でデイキャンプ。
※クリックで全景
R0010254_stitch.jpg

今日はハンバーガー。
R0010253.jpg

天気は残念だったけど、上流に民家もほとんどなく川の水はキレイ。カヌーができるような水量はないが、水遊びには持ってこいだ。スノーチューブを持って行って浮輪代わり。
R0010263.jpg

タニシやオタマジャクシを採ったり・・
SANY1111.jpg

水鉄砲持って探検。Dちゃんズッコケ。
SANY1113.jpg

カヌーもいいけど、子供はこんな探検や失敗が思い出になるんでしょうね。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
マイネオクレソンは、グレータンクをアップグレードしていたので、清水タンクは、もともと40リットルだったのだけど、飲料水用に大容量ブリタ7リットルを買ったので、20リットルのポリタン1個にしていた。貴重な余ったスペースにキッチン用品を詰め込んでキッカリの収まりになっていたのだが・・。

前回のキャンプで痛感した清水タンクの不足。キャンプ仲間のYくんが、トレーラー買ってから必ずしも高規格キャンプ場である必要もなくなり、水場がない・・あっても遠いといった状況がまずまずあるようになってきた。そうなると一家3人で二泊三日となると20リトッルでは、とてもとても。とりあえず40リトッル体制に戻したのだが、シンク下のスペースからあふれ出るキッチン用品。

R0010252.jpg

どうしようか・・。我が家の使用形態だったら就寝人数は最高で4人。普段は3人。バンクベットには、大人2人か大人1人+子供2人までOK。リア上段に1名、ゲストがあるときにはリビングを崩して1名寝ることができるので、リアベットの下段は必要ない。

・・ということでリア下段ベットをクローゼット化するようにメタルラックを組んでみた。

うまいことに、外部ハッチから物が取り出せるので、オーニング下で外飯の時は、嫁はんとバケツリレーで荷物を出す必要もなくなった。

R0010249.jpg

カーテンをつければ室内からは見えない。レードルとかも、つり下げて、結構収まりよく収納できた。逆にキッチン周りの収納がガラガラだ。

R0010251.jpg

オーニングとイスとテーブル出すだけなので、外飯準備はわずか5分で完了。なかなかイーかも。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
高速1000円なので、お好み焼き食べに広島へ。

R0010237.jpg

八昌が一杯でちいちゃんへ。

R0010246.jpg

まあフツー。千数百円の価値はなし。まあ、いわゆる「お好み焼き」なので画期的なうまさ・・ということはないのだけど、最近不振。香川のうどんもそういう店が増えてきているけど、観光客中心の店になると、どうもイカンですね。

R0010243.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
現在の主力カヌーは・・・

STEARNS(スターンズ) スピリー ツー
STEARNS(スターンズ) スピリー ツー

スピリー2。非常に安定している良いカヌーだ。これを沈させるのは至難の業で普通は無理だと思う。四万十の上流でもNO沈だ。速度も自分には十分だ。ペイロードは150kgで子供と大人では何の問題もない。セルフベイラー(排水穴)がないので水しぶきは、スポンジやあかくみで手動排水が必要だけど。


・・・問題なのは、遊んだ後。完全に乾燥させて保管しないとカビが生える(らしい)・・そりゃテントなども同じなのだが、インナーのエアチューブをアウターのターポリンから完全には引き出せない※ので、バウとスターンを吊り下げて角度をいろいろ変えながら、乾燥に3日はかかる。まあ、これ自体も、淡水で使う限りは、そう問題でないのだけど、これを海水で使う(またそんな用途でもないが)勇気はない。どうやっても完全な塩抜きは無理だろう。

※ジッパータブを目いっぱい終点部分までもっていって、ジッパーの左右(スピリーからしてみれば上下か?)を互い違いの方向に引っ張ればOKです。・・とコメントをいただいた。恥ずかしながら2年間ジッパーを完全に分離せずにインナーを引き出し乾燥させていた。^_^;  
黒色星期天 さん感謝です!<(_ _)> 
どちらにせよインナーチューブ式なのでリジットやSKなどと比べると乾燥に手間なのは違いないけどアウターに洗剤つけてゴシゴシやれば塩抜きはできそう。



実はこんな艇も持っている。
「セーリングカヌー」アクアミューズ141

HPによると
アクアミューズ141の設計は、世界一周などを遂げた数々のヨットマンから絶大な信頼を得ている横山晃氏、そして、アメリカズカップ日本艇デザインの中心メンバー、横山一郎の両氏。小さなマルチパーパスカヌーであっても、セーリングを基本とした本格的な設計ノウハウは贅沢なほどビッグです。重さは25キログラムと軽量。わずかな風でもダイナミックな帆走が楽しめます。
photo_20090618093555.jpg

ドーリーに乗せて歩いて5分の海岸で遊ぶのだけど、ネオクレソンにはルーフトップできない。下手したら3.8mを超えてしまう。カナディアンのように使えるのだけどな。



そんなこんなで気になっているのが・・・
セビラー SK200DSスポーツカヤック
セビラー SK200DSスポーツカヤック

セビラー 愛称ダッキー ホワイトウォーターからツーリングまで可能とのこと。フロアに7psiもエアを詰め込んでカチカチの高剛性を誇るらしい。インナーチューブ式じゃないので乾燥=塩抜きも簡単。


フォールディングという選択もあるが、ホワイトウォーター&レクレーション&シーとマルチパーパスカヤックというとダッキーが良さそう。



ネオクレソンになったのでいらないキャンプ用品を始末すれば資金は何とかなるかもしれん。
レッツ ヤフオク!!




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
無料で、カヌーができて、スマートインターに隣接、温泉やロッジや遊園地、おまけにホタル付き、春は桜がキレイそう・・と高得点のキャンプ場だが、無料だけに問題が。

キャンプ場入り口(正確には入り口までは河川敷公園らしいが)には3段ほどキャンカーに持ってこいのスペースがありキャンカーが続々集合。特にお隣さんは、オフ会らしく5~6台の一団。オスソワケをいただいたりとフレンドリーでお人柄も良さそうな熟年の集団でした・・・が、問題は・・
R0010194.jpg





発電機!
R0010182.jpg
HONDA Eu16i発電機を、我々が朝食をとっているテーブルの横5mに、ご丁寧にマフラーこちら向きでセッティング!!いうまでもなくかなりウルサイ。互いにキャンカー乗りだしイイ人そうだったし、電子レンジ中なんだろね~などと気にせずにカヌーに行ったが、嫁はんの話によると、どうやら午前中ズットだったらしい。他車の2.8kw系の車載ジェネもフツーに回っている。こちらはボボボの低音攻撃。宴会の音などはお互い様でとやかくいうつもりはないなのだが・・。

キャンカーのオフ会とかには未だ参加したことがないのだが、ジェネのマナーはこれがフツーなのだろうか??防音BOXが完成するまではジェネを封印している私は単なるお人好し??しかし、これがフツーだったらキャンカー集団は、テントキャンパーから見ると間違いなく大迷惑集団だ。ブルンブルンのバイクお兄ちゃん集団と何も変わらない。いやバイクはすぐにどっかいなくなるのでまだマシ。

他にも、若い集団が、BMX自転車に乗ったまま岩場から川へダイビング。そんなエクストリームスポーツあるの?ケガするのは勝手だけどバイクのチェーン油は川を汚さないのか?果てはなんとゴルフボールを川に打ち込みしていたらしい。

夜は、赤灯を回したパトカーの巡回などがあったところを見ると、付近住民からは苦情が出ているのかもしれない。無料ゆえに結構問題もある場所なのかも。友人とは、これじゃ金とった方がいいんじゃない?などと話した次第。

Good Locationだけに、付近住民やキャンパーそして自然と仲良く遊ばせてもらいたいものです。
まあ、いつも同じ人々がいるわけでないのでご安心を。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
金曜日の仕事終わりからの出発なので、初日は飲んで飲んで。。(まあ2日目も飲んで飲んでだけど)サイトの横ではホタルが乱舞。ホタルの光、テーブルのキャンドル。いい雰囲気です。
R0010131.jpg
R0010177.jpg

カヌーのロケーションは・・・Goodです! ※クリックで全景
R0010147_stitch.jpg
吉野川と言っても、ホワイトウォーターのメッカ、大歩危小歩危とは違いゆったり雄大な流れ。ルーフトップして数キロ先の上流に行き流れてみましたが、キャンプ場の前から上流にむかっても全く普通に溯上できます。美濃田の淵の所以の岩がいろんな表情・水路を作って子供と遊ぶには面白い場所です。他のカヌーがいないのが不思議。


景色を楽しみながらプッカリ。
SANY1059.jpg
SANY1060_20090615002222.jpg
SANY1063_20090615002240.jpg


YくんJr.のDちゃんも5歳とは思えない力強いパドリング。シングルパドルはナカナカ難しいのにな。
SANY1074.jpg

ところどころ岩島に上陸して遊びます。
SANY1039.jpg

親父はこれ・・
SANY1070.jpgSANY1065.jpgSANY1067.jpg
今回のキャンプで一番うまかったビールはこの一杯だったよな~!子供の水筒を忘れても自分達のビールは忘れなかったバカオヤジコンビ。

嫁はんも、今回は参戦。嫁も初カヌーとは思えないパドリング。Dちゃんも結構エンジン(推定50cc)になってる!
SANY1083.jpg

前回、四万十川の上流で2級の瀬の連続に5歳児連れで挑むという暴挙に出たバカオヤジコンビ。例によって十分な下調べもせずに来た吉野川だが、今回は大成功だ。間違って大歩危小歩危周辺に行かなくて良かった。

次は本当の最後の清流・・高知県仁淀川なのかっ!?

STEARNS(スターンズ) スピリー ツー
STEARNS(スターンズ) スピリー ツー

まだ半額だ。乾かすのがメンドくさいけど定番。2級程度の瀬でもビルジスポンジで排水しながらいけば大丈夫。とにかく安定している。隠れ岩にひっかかり180度回転したまま瀬を越えても沈しない。四万十で実証済み。



PlusGain(プラスゲイン) JL インフレータブルカヤック
PlusGain(プラスゲイン) JL インフレータブルカヤック

値段も安くて排水口もあるのでちょっとしたダウンリバーもこなしそう。乾燥も簡単そうで少し気になっている艇。




セビラー SK200DSスポーツカヤック
セビラー SK200DSスポーツカヤック

そりゃコレがいいのだけれど。値段が。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
いよいよ夏到来。愛媛の松山地方では断水の危機が・・・。隣町の西条や大洲からも分水を断られいよいよ海水の淡水化しか方法がないのでは・・・困ったもんです。

で、夏のキャンプはカヌーがらみということで、今週は徳島県の吉野川制覇に参りました。

今回のサイトはこんな感じ ※クリックで全景
R0010185_stitch.jpg

振り返るとこんな感じ ※クリックで全景
R0010137_stitch.jpg

これだけ整備されていて、タダ!もちろんロッジは有料ですが、キャンプは水場と水洗トイレが整備されていてカヌーを降ろせて、タダ!吉野川ハイウェイオアシス(スマートインターあり・・降りて3分の距離)に隣接していて温泉もありタダ!ビバ!東みよし町。
R0010192.jpg

ちょいと散策してみると、展望台あり、橋あり、遊園地あり、モノレールあり・・でタダ!(くどい)
R0010139.jpgR0010141.jpgR0010150.jpgR0010154.jpgR0010157.jpgR0010152.jpg

遊び疲れ・・・眠たし。以降、続編に。
 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m

エコって・・

Category : 雑感

ナチュラムのポイントが中途半端に残ってて、WET and DRY BAGを注文。水バッグにも、逆に水に濡れたら困るものをいれることができる優れもの。夏は簡易シャワーにも使える。4,515円が980円だった。

SANY1017.jpg


本題はそれじゃなくて、問題は梱包・・・


SANY1015.jpg

大きいゴミ袋くらいの商品が入ってきたのはバカでかい段ボール。大量の梱包材とともに。箱に書いてある「みんなで止めよう温暖化」・・って・・笑える。

エコでいつも思うことがある。キャンプの食事の買い出しにスーパー行くとする。そうすると大量の発泡スチロールのトレイやラップ、ペットボトルでゴミトンがすぐに一杯にならない?過剰包装の商品だらけだ。それがイヤで水は車載用のブリタを買って持参、なくなれば現地補給・・にした。茶とかコーヒーもいれるように。

しかし、段ボールもトレイもペットボトルも、リサイクルすることがエコだエコだ言われるが本当にそうか?ペットボトルを洗って回収して破砕して様々な化学処理して再利用・・ってそんなことするより、それ以前に、ペットを売るのを止めるか減らすかしたらどうなんだ。段ボールなども利用を極力減らして商品箱にそのまま発送票貼ってもいいんじゃないか。イヤな人だけ段ボール代払って梱包オーダーすればいい。過剰包装の結果、リサイクルというツケをユーザーに押しつけるんじゃなくて過剰包装を禁じるべきなんじゃないか。

昔は、ペットボトルなんてなかった。陶器と間違うようなプラ容器なんてのもなかった。なかっても何も困らなかった。なんでキャベツやとうもろこしをラッピングする必要があるんだ。なんで通販の商品を取りだすために何重もの梱包を開けなければいけないのか。

製造業者や販売業者が川上でエコすればエンドユーザーレベルができるエコの何万倍もエコになるんじゃないのか?


・・まあこんなWET and DRY BAG買わないのが一番エコなんだが!


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
高速1000円を有効利用しようと、おうどんを食しに香川へ行ってまいりました。

・・・・高松市香西の源内。
R0010116.jpg

香川の知人から情報を仕入れた裏メニューの「かしわざる」・・ピンボケすません。
R0010115.jpg

かしわうどん。
R0010114.jpg

ここはこの「かしわ系(鳥天ぷら)」とカレーうどんが絶品。ところが、よくあるアレンジうどん屋などと舐めてはイカン。うどんは、完全に受注釜揚げ。だしは、最高の風味。出てくるまで30分かかるけど絶品でした。ご主人と客は顔見知りが多いようで観光客はほとんどいない様子。ガイドには載っていないのだろう。客が「これ以上忙しなったらおっちゃん店止めるかも・・」なんてことを言ってました。一度食して!


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
写真の整理をしているとおもしろいものが・・・。

DSC00055.jpg


これは・・


DSC00071.jpg

08年の3月にネオクレソンの契約に福岡県遠賀町に行った時のネオクレソンビルダーのナッツRVの本社。もちろん本社にわざわざ出向く必要はなく最寄りの販売店か、なければ営業の方が自宅まで来てくれるのだが、「工場見学もできますよ・・」と言われ小旅行を兼ねて行ってみた。

これが素のカムロード。こうしてみると確かにリアの方がトレッドが広い。
DSC00051.jpg

シェルは、これ。中国で作製して輸入しているそう。もちろんナッツからスタッフが行って入念にチェックしていると・・。
DSC00053.jpg

シェルの中を覗いてみると・・。
DSC00079.jpgDSC00080.jpg
・・おおお、できてる、できてる。要するに家具部分は全部できているみたい。納車の数カ月前にオプションの最終確定があるのだけど、シェルを作ってしまうと変更できないものも多く納得。

で、合体。
DSC00052.jpg

取り付け工事。シェル部分は、まさに家の工事。
DSC00077.jpg

1年前のことだし、全て車がこんな手順なのか、特別な仕様の車だけなのかはわかりません。しかし、ナッツさんはオープンに工場を案内してくれて写真もどうぞどうぞ・・と。隠すようなことはありません・・・という姿勢は、ユーザーからすると安心です。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
いつもの友人から、「カメラを探している。PanaのLX3とかRICOHのGX200あたりはどう?」なんてメールが。PanaはともかくRICOHなどとマニアックなチョイスだな・・と、なんだかんだ調べているうちに、RICOHのGXは、GR Digitalのズーム版でクッキリスッキリの絵。

一昔、俗にいう高級コンパクト銀塩カメラが流行った時、CONTAX TVSを無理して買って、TVS Digitalが出た時もこれまた無理して買った思い出が・・。TVS Digitalは世間の評価は芳しくなかったと思うが、しっとりした写りに満足。乾燥庫に殿堂入りしている。

他の殿堂入りは、OLYMPUSのE-300・・コダックCCDで空が馬鹿みたいに青く写る。今はなきKONICAのKD-510Z・・これもカリカリに精彩な絵。今一番使っているのはXactiの防水カメラ。どれも、変なカメラだ。

しかし、GR Dもかなり変な臭い・・銀塩GRの系譜で広角単焦点。モデル末期で半額だが、同じような仕様では、3は出ない可能性もある。

変なカメラコレクターとしては買うべきではないのか?いや、冷静になるとフツーにPanaの防水28mmも買えるぞ。



・・・・・きた。GR D。

SANY1013.jpg

ミイラ取りがミイラになった・・じゃなくてカメラを買ったという話。

いらないものは売ります。誓います。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」