まあキャンプネタではありませんけど、

橋本知事がワッハ上方の移転で吉本興業と揉めているらしい。テレビや新聞を見ていると吉本の顔色をうかがったような意見もあったりとおもしろい。

しかし、ビジネスをしている人ならみんなわかると思うが、建物賃貸借契約には、必ず契約期間や解約に関する条項がある。契約内容は知らないし、交渉の詳細は部外者にはわからないので、知事が契約を無視したゴリ押しをしているなら勿論ダメだが。橋本知事も弁護士なので契約書を無視した解約を申し出ているわけではないだろう・・ということを前提に考えると・・・。

テレビを見ていたら吉本側が、あれはオーダーメイドの建物だ、一方的解約で事前に協議がない、恒久的に入居する予定だった・・などと抗議をしていたが全く訳がわからない。

もし、個人が賃貸マンションに住んでいて、引っ越ししようと大家に申し出たら、永久に住まなければならないなんて言われたらどう。事前に相談してくれなかったなどと文句いわれたらどう。

オーダーメイドにしたって、建て借りの場合はオーダーメイドは当たり前だし、そのために建築費が十分ペイできて儲けが出る賃料と契約期間で契約するわけだ。契約期間内の中途解約だったとしたら、相応の解約費用を支払わなければならないし、解体費用などの規定も当然あるはずだ。

吉本の言い分だと、解約は吉本の同意がなければならない、とか、契約期間は永久、とかの条項が契約書に盛り込まれていないとならない。・・そんなあり得ない契約書では契約できないからそうなっていないのだと思う。

しかし、根本的な問題として、お笑い文化の保護のために税金投入自体どうなの。馬鹿にしたり、殴ったり、痛がったり、苦しんだり、そんな姿で笑いをとって、それを文化というならば、子供のイジメも文化なのか。税金で保護すべき文化活動はもっと他にもあるでしょうに。

それともこの騒動自体がお笑いなのか・・流石吉本。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
先日書いたがスノーピークのランドステーションの収納袋に穴が空いていたので交換の希望をナチュラムに出したら、

「交換品のサドルにつきましては現在、メーカーへ手配中でございます。弊社に届き次第、お客様の元へお送りさせていただきます。」

・・・という驚愕のメールが届いた。
イヤイヤ、サドルじゃないよ・・と訂正のメールを送ったら、

「交換品の収納袋に関しましては
Lサイズの物はすぐに用意させていただくことが可能ですが
Mサイズの物につきましては2週間程度お時間をいただくこととなってしまいます。
お手数をおかけしますが本メールの返信にて
どちらのサイズの物をご希望されるかご指示いただけますでしょうか。」

・・・という驚愕のメール2が届いた。

恐るべしナチュ。結局、返品することに。あ~メンド。



ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
先日届いたスノーピーク ランドステーション。

時間がとれたので開封してみると・・
SANY1276.jpg
なんとも微妙なケースのホツレ。だけど嫁はんに修正とか頼むと万一オークションとかで売る時にマイナスになりそう。

交換するしかないか。ただナチュラムから来るのに1週間以上かかったが、また1週間以上かかりそう。なんとまあ・・。



ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
写真はYくんのスノーピークのヘキサL。柔軟に日差しや雨に対応できる。

R0010450T.jpg

実はなんで今さらタープ話題かというと昨年末に購入していた・・
PC021890.jpg
・・をありがたい値段で引き取ってくれる方がいたので結局売却。

最近はサボって家族だけならサイドオーニングで済ますことが多くなってきている。冬場は手製のサファリテントか内飯で・・。

外でタープを使うのは複数家族グループでのお出かけ時。グループで使うにはリビングメッシュエッグは狭い。ネオクレソンには、モンベルのタープとロゴスのワンタッチタープが住みついているが、これまたグループでは狭い。

グループ対応できる大きさで、しかも4シーズン対応の軽量タープといえばランドステーションだろう。オープンの開放感と冬場のクローズも二役こなせ今の2タープ体制より重量も軽減できる。設営に若干、手間がかかるかもしれませんけど。
SANY1273.jpg

しかし、ナチュラムさん、以前過剰包装だとこのブログにも書いたことがあったけど、今回は商品箱にそのまま発送票貼って送ってきた。大雨のおかげで箱が濡れてる上にスレスレだ。おまけに一度開封して中に領収などを入れてある。せめてナイロンとかで包んだらどうなのだろう。物事には中庸ってのがあるでしょうに。



ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
友人がトレーラーを買って3ヶ月。

彼のトレーラーはドイツ製のホビーHOBBYという車。一緒にウロウロして、勝手に、感じたことを書きます。



トレーラーのイイトコロ。

○何せ車部分がないのでリーズナブル。(といっても高価だけどね)
ホビーの内装とか装備は彼のブログに譲るけど相当広い。そしてセンスがいい(これはホビーだからだけどね)たぶん同じ装備を自走式キャンピングカーで実現すると1000万クラスになる。

○当然、ヘッド車の装備はそのまま使える。
自走式のキャンピングカーの場合は、ETCやカーナビ、タイヤホイール、スタッドレスなどファーストカーと重複する装備を新たに買いそろえる必要がある。それだけじゃなくて、メンテ費用や税金、車検など全部二重に必要だ。メンドくさいし費用も馬鹿にならない。ホントそう思う。

○カヌーが積める。
ヘッド車は当然そのままなのでリジットカヌーがルーフトップできる。その気になれば複数でもOKだ。これは意外と大きい。自分も小さなヨットを持っているがキャンピングカーでウロウロする以上は持って行けない。ウーーーン。カヌーイストにトレーラーひきが多いのはそんな理由だろう。

○使わなくなってもセカンドハウスや別荘で使用できる。(・・かも)
子供の成長は早い。キャンプとかに行かなくなっても、家の駐車場で趣味のセカンドハウスとして使える。それどころか、どっかの田舎に駐車場スペースを借りて別荘としても利用できる。建築確認も何もいらない。流行のレンタル菜園とかには持ってこいだ。海の家、山の家なんて季節で移動させることもやろうと思えばできる。

○走行距離メーターがない
エンジン部分がないので走行メカは壊れない(にくい)なので走行距離メーターがない。ってことはリセールするときもキレイに使えばマズマズの値段で売れそう。逆にうまく時間が経てば味が。



トレーラーのワルイトコロ。

○狭い道や駐車スペースの選択が狭まる。
友人は器用にパッパッとこなすのだが、やはり全長10mオーバーの物理的な制約はある。特にバック。離合できない山道は厳しい。大きいゆとりとの引換だから仕方ないけどトレーラーの唯一の弱点はこれにつきるだろう。ただ、トレーラーをどっかにおいてヘッド車だけでウロウロすれば市内観光なども問題ない・・というよりむしろキャンピングカーより身軽。

○高速1000円が適用じゃない。フェリー代も高い。
現在は高速は中型料金で割高。民主党が勝てば中型も無料だそうだ。ホントカ。



自走式のキャンピングカーは上のメリットデメリットが裏返し。
ネオクレソンは2×5mなので高さ3mさえ注意すれば道に困ることはないし町中のコインパーキングでも駐車できる。でも、高いし狭い。

じゃどちらが・・と問われれば悩みます。自分は、トレーラーも・・あると思います。


R0010347.jpg

SANY1002.jpg



ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
土曜日はかわらっこ(四万十の下流)周辺でカヌー予定だったが、1mm程度の雨。強行できなくもないが、川の突発的な増水は恐ろしい。中止してとんぼ公園の学習館へ。四万十周辺の昆虫(メインはトンボ)・魚などの詳細な展示。

SANY1257.jpg

途中買い物を済まして早目に、本日のキャンプ場「とまろっと」にチェックイン。今日のサイトはこんな感じ。※クリックで全景
R0010449_stitch.jpg

とまろっとは円形のサイトがいくつか集まってできています。ココは手入れが行き届いてホントに気持ちのイイ、キャンプ場でした。近くにサーフィンポイントもあり、四万十+太平洋とカヌーイストやサーファーにも人気のキャンプ場らしい。受付のお姉さんがまさしくサーファーっぽい感じ。

R0010462_stitch.jpg

炭をおこして早目の夕食。今日のメインは天然うなぎ。なかなか入手困難の天然ものですがYくんの友人のご紹介であっさり入手。それも一尾900円と破格。最初は嘘でしょうと疑いましたが・・
R0010455.jpg

腹が黄色いのは天然の証。二度焼きだったのでちょっと味は落ちましたが、やわらかいウナギをウナギと思っている人も多いのですが天然はコリコリ歯ごたえがあり小ぶり。違います。
R0010456.jpg

雨が降ったり止んだりで湿度が最高に。あまりに蒸し暑くエアコンを回しながらホビーで子供はお絵かき。エアコンの音は数m先では全く聞こえずで遠慮なく回します。
R0010458.jpg

オヤジはDVDでワイン。ママさんはクレソンでおしゃべり。3ペアが思い思いに過ごします。
テーブルの上のトマトは久万高原トマト。地元では購入できない(なぜ?)地元的幻のトマト。果物のような味です。
エアコンを除湿で爆睡。ああエアコンありがとう。
R0010459.jpg

日曜日は須崎、高知から高速経由で松山へ。

途中路肩のおばあちゃんから名物アイスクリンを。あっさりしたシャーベットアイス。
R0010470.jpg

最後に須崎でマグロの寿司を。船をたくさんもっている会社がやっているいちばん船。
R0010478.jpg

赤身、中トロ、大トロ、せせり、あぶりのマグロ尽くし。
R0010476.jpg

雨でアクティビティはダメだったけど、四国半周の食の旅。たまにはこんなキャンプもおもしろい。







ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
HOBBYのYくんと休みが合って四万十か仁淀方面でカヌーをしようとお出かけ。ホントは暑いので鳥取の大山あたりで・・なんて話しだったが生憎雨がひどそう。高知の方は週末前では大丈夫そうなので四万十方面に舵をとったんだけど・・


金曜夕方出発。一泊目はP泊。愛南町の須ノ川。ゆらり内海で夕食と入浴。観光地のロードサイドレストランなので正直期待してなかったけど名物というか売りだし中の「びやびやかつお」をいただき大満足。お子様ランチなどもちゃんとした食事。いい料理人の方がいらっしゃいます。風呂も潮風呂でいいお湯。湯上りのビールまでもサービス。思わず大成功。レストランじゃなく公園の駐車場の片隅でP泊。暑かった・・。
R0010437.jpg

Goodなレストラン&温泉はココです。



須ノ川は私が中学2年生の時に友人と3人で、三角屋根の重いコットンテントを担いで、JR(いや国鉄)とバスを乗り継いで5~6時間かけてやってきた初テントキャンプの地。友人の1人が未来少年コナンを見逃したくないと当時最新式のデッカイTV付きラジカセを持ってきてキャンプ場で見たことを覚えている。ビデオなんてなかったから見逃すとアウトだったから。なんと30数年前・・チュウボウにとっては大冒険だったなあ。今オヤジになってキャンピングカーで息子とそして友人と来るとは・・感慨無量・・つーか年をとってもやってることは変わらない。馬鹿なんだかどうなんだか。

ウチのガキも子供連れてきて「あーそういやここオヤジと・・」なんて時期が来るのかな?それとも、オヤジの道楽につき合わされて散々な年少期だった・・なんて思うかも。へへ。

SANY1254.jpg

続く>



ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
アルファードハイブリッドに5年乗った。特に最近は、新機種や補助金の追い風もあってハイブリッドカーが売れているらしい。
CIMG1056.jpg

最近のハイブリッド車はどうなんだろうと思い調べたら面白いことが。プリウスやレクサスのハイブリッドにはヒルスタートアシストコントロールなる装置がついたらしい。やっぱりな~と思うことしきり。

そこで誰も書かないようなハイブリッド車の欠点についてまじめに書いてみようと思う。

これまでディーラーにクレーム入れたことが3回ある。

一つめは坂道で発進しようとしてずり落ちること。運転がヘタクソなのじゃない。ハイブリッドは、止まるとアイドリングストップする。しかしブレーキを踏みながらアクセルを踏むとエンジンはスタートしない。モーターの力だけで前進できない坂の場合ずり落ちる。アクセルを踏んでいるのに後ろに下がるのは相当怖い。ディーラーにクレーム入れたが再現不能、原因不明・・運転技術を疑われて終わり。不思議と帰ってきた車では再発せず。きっと前述のヒルスタートアシストコントロールはこの改善機能だろう。ググって見るとこんな口コミも。私が下手くそなわけじゃないと今日わかり何かスッキリ。例のプリウスのブレーキ問題もそうだろうが、回生ブレーキ、油圧ブレーキ、ABSそしてこの場合は、エンジンクリープとモータークリープのバランス=プログラムの問題で違和感をもたらせてしまうのだろう。特に低ミュー路での回生ブレーキ、油圧ブレーキ、ABSは何を優先するかで悩ましい。改善型プリウスは低速での回生は切って燃費は多少悪くなっているはずだ。(テキトウな予想)
p05.jpg

二つめはエンジン始動ができないこと。再現性がなくイブカシイ感じで見られていたがディーラーに何年か目に点検出した時にサービスマンもエンジン始動ができず困ったみたいでイモビライザーユニット交換。しかし、その後も忘れた頃に再発。コンビニで30分ほど足止めをくったことも。原因不明。ここ1年くらいはそんな現象はないので、メーカーでは対策したのかも。

三つめは周辺機器のケアがないこと。購入時に、G-BOOKという通信モジュールを取り付けた。ハンズフリー通話は当たり前だが、旅行先で音声コールでオペレーターに電話し「近くのラーメン屋を」とオーダーするとデータを送ってきてナビ誘導が始まる・・人間が検索してくれるので、超あいまい検索でもOKですごい便利だった。が、携帯をdocomoからauの変えた途端にコネクターが合わずに使えなくなった。(営業マンに携帯の機種を確認をとったにも関わらず・・だ)もちろんクレームをつけたのだが、結局対応なし。月々の使用料は必要なので解約。通信モジュールは、たった半年で高額な車のオモリになってしまった。

また、不具合ではないが、この世代のハイブリッドのサブバッテリーは6.5Ah(3時間率・・エスハイがそうらしいのでたぶんアルハイも同じ、キャンカー乗りは少なさに驚くはずです)しかないらしい。それも、このニッケル水素電池は10年ノーメンテでいくように電池容量の数割しか使わないらしい。メーカーがプラグインハイブリッドや純粋な電気自動車に慎重なのも、バージョンアップや交換は避けたい、10年10万キロはノーメンテという呪縛があるからだ。

main.jpg

で・・・5年間エレクトロニクスの固まりのような車に乗って感じたことは、トヨタは自動車メーカー=ハードメーカーでエレクトロニクスメーカー=ソフトメーカーではないということだ。ご存じのように電子機器やソフトは、ムーアの法則的にすごいスピードで進化する。あまりに進歩が速いから旧機種のユーザーにもバージョンアップが無料・有料で提供されるし、その改善点やメリットが公開される。また、それに合うようにメーカー純正・サードパーティーの周辺機器もどんどん進歩していく。いうまでもなく携帯電話コネクターも・・。

アルハイの修理後に満足な説明を受けたことは一度もない。たぶん制御ソフトなどはバージョンアップしているのだろうがリコールやサービスキャンペーン以外は詳細は公開しない。たぶん・・だけど車はバージョンアップしたりその情報を公開なんてするとリコール騒ぎでおおごとになるのだろう。形式認定とかの法律的な問題もあるのかもしれない。

しかし、坂道発進で怖い思いをするプログラムが5年後のモデルチェンジでしか解決しない会社は、尻尾を踏まれて数秒後に感じる恐竜会社だ。100年以上大きく進化していない内燃機関時代はそれで良かったと思う。車が電気仕掛けになる以上、進歩はドッグイヤーだ。

車の制御ソフトもPCのソフト並みにバージョンアップすべきじゃないのか。Windowsなど勘弁してほしいほどのバージョンアップだ。また、誰もノートパソコンや携帯の電池に永遠を期待していない・・交換前提でOKだ。(どころかiPhoneなんて電池交換さえできない製品だ)電気自動車EVも各社共通規格の電池で、充電済み電池に電池スタンドで交換するのでイイじゃない。充電ステーションで何時間もストップできるわけないし、単なる電池スタンドならコインロッカー程度のスペースでコンビニにでも設置したらいいし、長距離行くなら予備セルを持てばいい。レガシーデバイスである重いガソリンエンジンを積んでおく必要なんて全くない。新幹線はモーターで走っているんだから。

中国のBYDが既に電気自動車EVを発売しているらしいが、このままではソニーがサムスンにやられたように日本のメーカーは絶対に負けると思う。

ハイブリッドの欠点は、製品がエレクトロニクスいわばIT系に変わったことに気がついていないトヨタというメーカー自身にあると思う。

早く商品やサービスをリリースし頻繁にバージョンアップし他社の優位点を喰って業界標準をとってしまう・・それがIT企業の必勝パターン。

トヨタもIT企業にバージョンアップすべきだ。

ひさびさの長文。戯言です。



ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
たまには町に行きますか・・ってことで大阪巡り。

例によって得意のNo Plan。奥様からのオーダーは「暑いので一泊はホテル泊を」
前日に、バタバタとホテルとキャンプ場予約。ネットで満杯になっていても、奥様は構わず電話して押さえてしまいます。前日になると「逆に」ドコでもキャンセルが出て空いているものです。

淡路経由の神戸上陸。途中なので用もないんだけど・・とりあえず2カ所行っときます。特に収穫なし。
R0010317.jpgR0010316.jpg

初日は、しあわせの村キャンプ場。垂水からわずかな時間で到着。神戸とは思えない自然です。しあわせの村ランプから直行でキャンプ場にイン。※クリックで全景
R0010362_stitch.jpg

しばしブラブラ散歩してサイト全体の観察をして設営。10分程度で完了。ACつないでエアコンつけて室内を冷やします。エアコンの音は5m離れれば全く聞こえず。テントキャンパーにも迷惑かけることなく涼めます。しばらくノンビリしてコストコで仕入れたサラダとビーフをヤキヤキ。しかしコストコのデカパックは夫婦と5歳児では無理。
R0010347.jpg

息子も5歳。キャンプ中は言われなくて手伝い。感心。
R0010342.jpg

いいキャンプ場でした。なんせ近畿圏至近というロケが売り。しかし、シャワーは排水つまりと虫だらけ。公営(なのか?)のキャンプ場にありがちなスタッフは多いが掃除はできてないパターン・・最近慣れてきて多くを望まなくなってきているけど。

日曜は、ココ。
R0010409.jpg
交通科学博物館。JR西日本がやっている鉄道中心の交通機関の博物館。子供のときに自分も訪ねたことがあり、子供も連れてきた。
R0010395.jpgR0010378.jpgR0010383.jpg
ブルートレインの中で食事がとれたり、朝日新聞の東風(大正時代にヨーロッパに飛んだものじゃない)、Me162のロケットエンジンとか、自分は「鉄」じゃないので肝心の鉄道系はわからないが結構マニアックな展示・・マニアにはたまらない(かな)。星型、水平対向、V型、直列ガソリンエンジンを5歳児に説明してやった。チンプンカンプンだろうけどね。

2泊目はUSJ横のホテル。USJに行かないのになんで・・だけどキャンカー用のパーキングがあり、温泉があり、意外とリーズナブルなのです。梅田とかより部屋も広いし。
R0010421.jpg

ちょっと前までユニバーサルウォークはアジア系外国人ばっかりで腰が引けるようなこともあったけど、今はJapaneseが多いように思う。世界恐慌の波ですな。
R0010419_stitch.jpg

写真撮ってないけど梅田や神戸、堪能。走行800kmあああしんど。




ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。







にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
先日、ワイパーのゴムを買いにイエローハットに行ったらエーモンの電装品パーツコーナーがあった。当然パーツ屋さんで買うより高いのだけど、いろんな半完成品パーツがあって面白い。

興味を持ったのがマグネットスイッチ。
ネオクレソンは、夜間に乗り降りする際に、真っ暗でメインスイッチの位置がわからなかったり、足元が見えなくて怖い思いをすることがある。マグネットスイッチを使ってドアランプを作ろう・・。合わせてフラットLEDも購入。2つで1400円くらいかな。
R0010302.jpg

サイドシートにサブバッテリィーがあるので直電源確保。壁面にドリルで穴開けてコードを出そうかと思ったがメンドクサイのでクッション下に這わせるだけに。このシートには人が座れないのでまあいいでしょう。
R0010303.jpg

電装品スイッチとエントランス足元両方を照らすことができるようにLED設置。
R0010307.jpg

結構イイ感じ。難を言えばマグネットスイッチをひっかけてどっかに落としそうな感じ。
R0010305.jpg

しかし、キャンピングカーってのは車としては全く不完全な物です。時計がなかったり、ドアランプがなかったり、タイヤがアレだったり。ウン百万の車でそれって・・。

それだけにイジリがいがあるわけだけど・・。

どっかの大手メーカーがしゃんとしたキャンカー(車中泊カー)作れば売れそう。前例としては、マツダのフレンディーがあったけど、日常的過ぎてお洒落じゃなかったもんね。(私感です)




ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ネオクレソンの純正バンクベットラダーは、約5kgもあるしバンクでゴロゴロ邪魔になって仕方ない。セットするとTVは見えないしとにかく邪魔になってイカン。
R0010294.jpg

何とかならないかな・・といろいろ物色してみた。FIAMMAのラダーもあるがそれじゃ木製ラダーとそんなに変わらない。小さく軽そうなものは・・ボートのガンネルに引っ掛けて上り下りするためのマリンステップラダーってのがある。ボチっとしてみた。
R0010298.jpg
がっ・・こんな感じ。とてもバンクに引っ掛けて上り下りは無理。

嫁はんの怒る顔が目に浮かびあれやこれやセットしてみたが、現状こんな利用形態に。セカンドシートのヘッドレストのキッチリ入るので十分足かけに利用できている。
R0010299.jpg

しかし、こんな使い方ならプラパイプとジョイント買って作っても良かったと思ったが、そんなことは決して口に出してはならない。




ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
LEDシリーズ第4弾。

ダイネットの窓上に間接照明を作ってみた。

問題になるのが電源確保。たぶん上部棚の奥を開ければ配線がきているんだろうが、棚をバラバラにしないと到達できそうもないのでバンクベッドのベットランプから分岐。ここにはカーテンもあり配線はほとんど見えなくなる。
SANY1226.jpg

LEDとはいえ寿命がないわけではない。メンテナンスを考えてフツーのスイッチを取り付け。どうせ見えないところなので・・。
SANY1231.jpg

例のLEDチューブ120cmを貼り付け。5mA×120灯で600mA=7.2W メイン照明は126灯で7.56Wなのでメイン+間接照明でも15W以下。元の半分以下の消費電力。注意しなくちゃいけないのが、このLEDチューブには両面テープがついていないので手持ちの100均両面を使うと熱でハゲルという事態に。LED自体は熱をあまり持たないが推定40度くらいにはなっている。3Mの耐熱90度くらいのテープ使う必要あり。
SANY1232.jpg

昼間の撮影なのでイマイチに見えるが、結構ムーディー。子供が寝た後の一杯やDVD鑑賞はここの照明だけでOKだ。
SANY1236.jpg

こうなってくるとイマイチセンスの純正カーテンを換えたくなるのだけど嫁はんが嫌がってやってくれない。誕生日プレゼントでPUSHしてみようか。まあ、誰一人としてネオクレソンのカーテンのセンスなど気にしていないなのだけどね。

嫁はんがこのLED間接照明みて一言。「好きやね~何目指しているの?」
40も半ばを過ぎ人生の根源に関わる質問に窮する暑い夏の一日だった。




ブログランキングに参加しました。よかったらワンクリックお願いします。


久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
我が家は愛媛松山の堀江海岸へ徒歩5分の位置。カヌーやヨットはドリーに載せてゴロゴロ。今日は1~2時間しかないので後始末ががメンドクサクないコールマンのお遊びカヌー。
horie09071.jpg

到着。奥様用にビーチパラソル置いて早速GO~。
SANY1176.jpg

実はWパドルのカヤックはなんと海で初めて!!意外におもしろい。川下りも湖もそれはそれで面白いが、シーカヤックは波に揺られ風に煽られ海面すれすれを、まさに海上ジョギング。ヨットとは一味違う。リアラダー付けてダッキー買おうかな・・。
SANY1188.jpg

しかし、問題が・・。堀江海岸は数年前に護岸工事が完了してきれいになったのだが、砂浜まで車の乗り入れが可能に。車乗り入れ禁止のコーンはあるのだけど関係ない。トレーラ―にジェットスキーを載せて四駆が。中には車をそのままビーチに止めたままのヤツも。

右見てもジェット。
horie0907.jpg
左見てもジェット。
horie09072.jpg

総勢5台以上は出ている。ビーチで見ているお姉ちゃんの前でスピンターン。水がかかってキャー。ちょいと手前では子供が海水浴。おまけに2ストのバリバリ騒音でオイル出しまくるジェットもいる。ウルサイ。ギャラリーに見せたいのかビーチスレスレで平行に全力で走る大馬鹿も。シュノーケルリングもやろうかと持って行っていたがこんなところで潜水でもしたらトンでもないことになりそうだ。

知り合いのジェットやっているヤツは海水浴客がいない海岸で楽しんでいるゾ。

国交省様・・事故が起こる前に、マリーナ側の西側に動力系のマリンスポーツはまとめたらどうですか。どっかに投稿したら動いてくれるのかな。




久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
今回のメインボーカリストはすごい!
今日は天候不良のためキャンプは急遽中止。出動態勢のまま勢い余ってYくんの家にお伺い。・・で飲んでてJAZZピクニックのメインボーカルについて聞いた。
まるでJAZZ界の伝説のボーカリストというのは大袈裟じゃないみたい・・・詳細は以下リンクを。



久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ご質問があったりしてフィアマのサイドオーニングにピッタリ(?)のサファリテントをご紹介。

サファリテントと言っても、ヤフオクでカンタンタープ用のサイドタープを3枚購入してタープクランプと吸盤で止めただけ・・のニセモノ。上が空いているのはご愛敬。換気用ということで。・・で効果はというと、風よけ・日よけには十分です。何よりパパッと瞬間でセット・撤収できるので、お手軽という点ではお勧め。また、オーニングはサイズが小さいので有効スペースの延長でポールで跳ね上げたり、西日避けに一面だけの設置もできる。
SANY0425.jpg

自分が購入したのは、ここのショップ。窓付きの3m幅1600円を正面用×1、2.5m幅1300円をサイド用×2。自分は直射日光遮断で濃い色にしたが明るい色もあるようです。下手な生地を買って自作するよりリーズナブル。前述したようにタープクランプのゴムをサイドオーニングにひっかけで付いているマジックテープをポールに巻くだけ。サイドはオーニングの引き出し具合で長さが変わるので吸盤で固定。
既製品みたいです。(既製品ですから・・)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) タープクランプ2個組
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) タープクランプ2個組









久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ちょっとマイブームの車内LED化。

いよいよ大物のダイネット上のメイン蛍光灯をLED化できないか画策。
ぼちぼちLED蛍光灯も商品化されているようだけど相当高価。おまけに15Wサイズは見あたらない。これまでLED化してきた白熱球じゃないし、蛍光灯は元来、消費電力が少ないのでどうしようかなあ~というところだ。

しかし15W×2本=30Wだけで済まないのが蛍光灯。電源部の消費電力があるので40W以上(推定)消費している。長時間つけるものなので馬鹿にできん・・と思い直して物色。

いよいよ基盤から自作か・・と思っていたところ目についたのがコレ。
580x580-2008110400010-2.jpg
1本790円で比較的リーズナブル。48cmで48灯。ネオクレソンの蛍光灯幅は42cmなので6cmほど切る必要があるが蛍光灯の隙間に3本は設置できそうだ。

早速購入してやってみた。蛍光灯をばらしてみると単純な作り。早速、LEDチューブを切る。注意しなければいけないのは抵抗とLEDがセットになっていて適当に切るとマズイ。この商品の場合は3LEDで1ユニット。端から6LED切り落として両面テープで3本貼り付ける。
SANY1159.jpg
ベストフィット!

3本のLEDチューブを並列に接続する。蛍光灯とは独立してONOFFするために赤いプッシュスイッチを取り付け。相当久しぶりの半田ゴテに緊張しつつも違和感なく取り付け完了。あと注意しなければいけないのはLEDには極性があるということ。LED=発光ダイオードなので当たり前なのだけど、通常の照明器具とはちょっと違うところ。
SANY1165.jpg

早速点灯。
SANY1163.jpg
おおお~素晴らしい。蛍光灯に比べて若干暗いが、本は十分読める照度。だいたいアウトドアでは照明抑え気味の方が雰囲気も出るので十分だ。

暗ければ元の蛍光灯を点ければいい。もちろん両方つけることもできる。
SANY1162.jpg

気になるLEDのツブツブだがカバーを付けるとわからなくなる。
SANY1167.jpg

消費電力は7.56W。もとの30W+αの4分の1以上だ。630mAなのでかなりふふふふの余裕。長期のキャラバンには持ってこい。しかし、長くても二泊三日の自分では2400円の投資に見合う経済合理性はない。自己満足ではあるが、LEDの価格は急激に下がってくるだろうから家でもこんなLED照明時代にすぐになるんでしょう。

これで、ネオクレソンは100%LED化達成だ。財布には優しくないが地球に優しいエコキャンカーだ。

調子にのってLEDチューブで間接照明もやってみよう・・・どこがエコ??

興味がある方はココで買いました。ヤフオクなのですぐに無くなると思います・・リンク切れになっていても悪しからず・・。



久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZPICNICチケットはココから。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
Yくんに半ば強制で就任させられた久万高原JAZZピクニックの広報スタッフ。
当ブログをご覧頂いた方も、できますれば、ブログに久万高原JAZZピクニックバナーを貼っていただければ幸いです!

こんなバナーです・・
久万高原JAZZPICNIC
久万高原JAZZピクニックチケットはココから。

あなたのサイトやブログにタグを貼付けるだけでバナーを作成できます。
「久万高原JAZZピクニック」のPRにご協力を宜しくお願い致します。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
今はやりの野外フェス。

俗にいうおっさんになると、暑いさなかにコンパクトテント背負ってガチャガチャした音楽を聞きに行くパワーはない。ステージの近所まで車で入れ、涼しい高原で、ワインとかウィスキー飲みながら、ゆっくりJAZZでも聞きたい・・・そんな思いで(推測)友人のYくんが始めた野外フェス 「久万高原JAZZピクニック」

久万高原 JAZZピクニック。  ・・・(ホントはこんな思いらしい)

最初は、町内会の演奏会レベルかと思いきや(失礼!)・・日本各地からインターナショナルなプレイヤーを呼んでJAZZを聞かせてくれて、かつ、会場周りでは久万高原の名店がケーキやカクテルを売るような本格的な野外フェス「久万高原JAZZピクニック」。こんなイベントをやるってすごいね~とまわりを驚かせた彼だけど、早いもので今年で久万高原JAZZピクニックも3年目。

自然が好きで、音楽が好きで、大人な方は(お酒が好きな方も)ぜひお越し下さい。ネオクレソン(&ホビー)をお見かけになったら久万高原JAZZピクニックでお声かけを。

※クリックで全画面
OUT_JAZZ_LAST2009.jpg

2008_report17.jpg

2008_report16.jpg2008_report10.jpg

2008_report06.jpg2008_report03.jpg

SANY0030_20081018091600.jpg
SANY0052_20081018091613.jpg

kumajazz.gif
久万高原JAZZピクニックの詳細はここからご覧下さい!!



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
アウトドアバーナーは、ホワイトガソリンのツーバーナーに使ったし、OD缶のツーバーナーも持っている。でも、ネオクレソンに載せているのは、イワタニのカセットフーボーとSOTOのシングルバーナー。凝ったバーナーは、嫁はんが使わない。見た目は、カセットコンロで、火力が安定していて、多少寒くても、風が吹いてもOK。そんな意味でフーボーは最強だったのだけど、何やらイワタニから新バーナーが出た様子。

ea06-0005-f.jpg

■トップカバーを風上に向けた状態で風速3m/sまで使用可能
■カセットフー マーベラスのトップカバーは簡単に着脱可能で、もちろん屋内でも使用可能です
■屋内、屋外、ガーデン、アウトドアと場所を選ばない取っ手付で持ち運び楽々
■カセットフー マーベラスの新開発バーナーは2次圧力を倍増させ3.5kwの高火力。282個の炎口が作り出す炎は風に強く、安定し、音も静か
■ボンベをバーナーの後部に配する事でスッキリとしたシルエットを実現した新デザインのカセットこんろ マーベラス

イワタニ産業(Iwatani) カセットフー マーベラス
イワタニ産業(Iwatani) カセットフー マーベラス

ちょいと高いな。もう少し様子見。これからツール揃える方にはお勧めですね。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
天気がはっきりせずにお出かけ断念。

新居浜のイオンに買い物に出かけたのだけど、DIETZ オイルランタンがなんと700円。ふと、中に蛍光灯電球を仕込んで電気ランタンにしているお方のブログを思い出した。購入しようかどうか迷ったのだが、色・・がね。中途半端なブルーメタ。
Images.jpg

結局、ロゴスの落ち着いたブロンズ色のオイルランタンにしたのだが、どうもかのブログの方はXLサイズで作製しているみたいで、Lサイズでは電球を取り付けたらホヤがどうにも取り付け不能。で、こんな感じ・・
SANY1156.jpg

ソケットも固定が苦しいので、水道管の化粧パーツ買ってきて蛍光球の下にはさみ込む。いつでもオイルランタンに戻せる簡易取り付けだ。まあ、13W(白熱60W相当)ならオーニング吊り下げで常用できそう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ちょっとLEDが、マイブーム。キャンカーの先輩諸兄は、電子部品店からLED球を購入して基盤を作っている方も多い。できないことはなさそうだが、ヤフオクなどで売っているポン付け球も安くなっていて部品代+手間代を考えると、どうも既製品を買った方がよくなりつつあるように思う。LEDについて7時間くらい調べていてわかったことが何点か・・。

一点は、既製品の問題は白熱球色がないということ・・だ。

ランタンのLEDは、白熱球色があるのに(まあLED保護カバーに色がついているだけだろうが)不思議だ~と思っていたが、考えてみれば当たり前だ。これらのLEDは、車のドレスアップパーツとして出回っているので、交換した後もルームランプの色が変わらないのならドレスアップした意味がないのだ。この辺は、キャンパー感覚とはどうもずれがある。

もう一点は、明るさが買ってみるまでわからないことだ。

LEDにはSMDという表面実装型もあるらしく1チップに3LEDとか載っているものもある。なんでLED球の数に換算して30連・・とかいう数字が明るさの目安になっているみたいだが、日亜のHPみてもLEDチップ自体の性能はマチマチなので、それが何連といっても意味がない。また、同じLEDでも流す電流で明るさも変わるらしい。ヤフオクのポン付け球は、不思議と消費電力がほとんど書いてない。そんな訳で、買ってみるまで明るさは不明だ。

といことで、ネオクレソンのエントランスライトは・・
600x450-2009030900008.jpg
これに換えてみよう。明るいかどうかわからんが。

蛇足ながら・・・
調べれば調べるほど感じたことは、照明機器のコモディティ化。電球も蛍光灯も東芝やパナみたいな大企業が設備投資をして作るものだったけど、例え個人でもパーツさえ買えばLED蛍光灯やLED電球が作れる・・てことは中国の広東省とかで作れば激安だ。しかも一度作れば、寿命は50000時間だ。車も、電池とモーターを秋葉原で買えば作れる時代が来そうだし・・大丈夫か・・日本の基幹産業。

追記:
このSMDタイプは全然だめだった。下の方が明るい位だ。BA15Sタイプは車のテールランプなどに使われるものなのでそんなに明るすぎてもダメだし暗過ぎてもダメということか。どれ買っても明るさはそんなに変わらないのかも。エントランスライトでランタン代わりに使いたいなら基盤タイプを買って結線した方がいいかもしれん。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」