せっかくもう少しでモノになりそうなのでもう一度、スキーに連れていけと嫁はん。
IMG_0040.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲続きの前に応援ポチッとお願いします。

→続きを読む



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
だいぶん前に買っていたもので時期遅れですが・・。

男の山スカ。スクータ用膝掛け2(笑)
DSC01333.jpg
一応耐水圧2000mmのPUコーティングされた表生地とフリースの裏生地で暖かい。ブランケットや簡易雨具にもなるそうだ。

冬キャンにはイイかも・・・でっ。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
CASIOのQV10の25万画素から始まったデジカメ歴もついに今回1800万画素。OLYMPUSのE-300の800万画素あたりで、もう画素数競争はイイぞと思っていたが勝手に画素数が上がるのだから仕方ない。

デジカメになってフィルムや現像代が要らなくなったと思ったら大間違いだった。デジカメ本体の陳腐化が激しくFujiFilmのラボに払っていた金がデジカメ代に代わっただけだ。今のデジカメは使い捨て。そんなこんなで、コンパクトデジカメはユニークな機能を優先、デジタル一眼は同じコストなら高級機を後生大事に使うのではなく普及機を頻繁に買い換えたほうがイイという考えを持っている。余談だけどPCも同じだ。今やwindows機は完全にビジネスマシン。コアが何個あっても知ったこっちゃ無い。Macも一台買ってみようかしら。


・・話しがそれたけどCanonのKissを使っていたのだが今回、経費削減で自前で撮った写真を会社の印刷物に使わなければイケナイ事があり、ちょっとだけグレード上げてEOS 60Dを購入。友人がマグネシウム合金のガッチリしたボディの50Dを持っていて後継機なので期待していたが7Dという上位機種が出ていて60Dはプラボディだった。重いと持ち歩かないからなーと負け惜しみ。
DSC01331.jpg

買うたびに画素数も感度も、もうイイわと思うのだけど1年も経てば隣の芝生はナントやら。
下に恐ろしきデジタルワールド。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
キャンピングカーは車としてはかなり不完全なものだと思う。

時計もない。リアドアを開けても室内ランプもつかない。リアはオートドアロックでもない。インバータを積んでも(容量次第ではあるが)サブバッテリーでは電子レンジやリアエアコンも満足に動かせない。発電機を積んでも騒音が大きく公共の場では日常的に使用できるものではない。劣化してくるとコーキングが切れて雨漏りがするかもしれない。車高が高いために横風が吹くと直進安定性は著しく低下する。調子に乗ってドンドンキャンプ道具を満載すると純正タイヤではバーストして横転するかもしれない。

キャンカー乗りの皆さんなら、少々の不具合は「常識だ」と思うかもしれない。だから購入したらネットなどで情報交換しつつ金と手間をかけ「快適化」を楽しむ。わたしを含めキャンカー乗りの方がブログをやるのもそんな目的の方も多いと思う。

だけど、キャンピングカーもブームになり裾野が広がりキャンカー乗りの「常識」は「非常識」になっているのかもしれない。確かにエコノミーカーでも、ドアを開ければランプは点くし、時計もある。暖房も冷房もある。少々の風ではまっすぐ走るし、少々荷物積んでもひっくり返ったりしない。もし、そんなキャンカートラブルで裁判沙汰になったりしたら、100円ライターにロックが付く時代なのでビルダーの責任が問われるのかもしれない。

例えばベンツの初代Aクラスがエルクテスト(エルクが道路に飛び出しそれを避けるという設定の高速レーンチェンジテスト)で転倒して大問題となったり、新しいトコロではレクサスGX(プラド)が有名な「コンシューマーレポート」で転倒の危険性があると「買ってはいけません」と書かれた。このような一般の車が販売延期や回収に追い込まれるようなテストをキャンカーにするとノーマルルーフのバンコン以外のほとんどのキャンカーは転倒するだろう。

でもそんな車を売っているビルダーが悪いとばかりは言えない。忘れてはイケナイのは、あくまでキャンカーは車の上にFRPやアルミで作った「家」を載せた8ナンバーの「特種用途自動車」だということだ。法律的に特別な免許がいるわけではないけれどユーザー側の知識、装備、運転もそれなりの準備と配慮が必要なのはやむを得ないのではないだろうか。もちろん、ビルダー側もタイヤのグレードアップ、積載制限の明示、完成保証、車部分の提携整備工場のネットワーク化・・・などユーザーの拡大に応じた責任範囲の拡大を場合によっては業界全体としてやるべきだと思うが・・。

決して大きくない規模のメーカーさんが多いキャンカー業界。メーカーに過大な責任を押し付けると倒産するトコロも多いだろう。キャンカーユーザーとメーカーの責任分担の案配は難しい。ただ子供の時代にも夢のある車があって欲しいと思う。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
突如、日曜日は雪遊びしようということになり石鎚山へ。

石鎚山は登山ロープウェイがあって1400mくらいまでは楽勝で行ける。昼前からピューと出発。

ロープウェイで登ったら・・
DSC01274.jpg
そこは白銀の世界だ。
PICT0234_stitch.jpg
スキー場もあるんだけど結構急で(いや初心者には)嫁はんとガキンチョはパスして歩いて20分の成就社までハイキング。
DSC01290.jpg
一応、スノピの軽アイゼン装着。嫁はんとガキンチョは雪道滑り止めのゴムスパイク。
DSC01283.jpg
結構ガッツリ雪で、メタボオヤジはヒザ上まで埋まりながら・・
DSC01305.jpg
ゼイゼイで到着。たった20分なのに・・(苦笑)
DSC01319.jpg
短い時間だったけど楽しいヒトトキ。スキーも行きたいトコロです。
DSC01276.jpg

山頂帰りと思われるベテランクライマーのパーティーもいたけど全く頭が下がる。冬は片道5~6時間らしい。スゴ過ぎだ。ニセOutdoorマンいや野外宴会同好者の私は寛平ちゃんと同じくらい尊敬します。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
初(に近い)の電気自動車EVリーフのユーザーレポートが徐々に出てきた。

短時間の評論家のレポートではわからなかった(いやわかりきっていたことなのであえて触れられていない)航続距離の問題、充電時間の問題はやはり一般ユーザーにとって致命的のように思う。ユーザーさんのブログを読むと案の定ご苦労されている。やはり160kmでは常に走行可能距離との戦いだし、電気を消費する暖房を我慢するといったことも21世紀なのか19世紀なのかわからない事になってしまう。余談だがLEXUS RXのハイブリッドもECOモードだと暖房の利きがスコブル悪い。アイドルストップが多いのでエンジンがなかなか暖まらず、暖まっても余程のことがない限りファンは最弱だ。ECO優先なら寒くていいというならカブでも買った方がマシだと思うが。

index_img_05.png

もっと深刻な事は急速充電スタンドだ。30分以上かかることもあるらしいので待ちなしでも30分。待ち1台なら1時間。家族旅行で充電1時間しながら160kmずつ走っていくなんて、リーフを選んだお父さんを凹ます家族総攻撃が始まること間違いなし。EVの販売台数が増えればもっと悲惨なことになる。

ただ、技術の進歩は早い。内燃機関並の500kmの走行距離を持つEVも早晩出てくるだろう。そうなったらどうだろう。日帰りは問題ないが、1泊、2泊では1度は充電が必要。そこで1時間待つことが「アリ」なのだろうか?ショッピングセンターでのついで充電はアリだけど旅行のついでに必ずショッピングセンターというのもどうか。年間何回旅行に行くの?と言われそうだけど、その時だけレンタカーという訳にはイカナイ。嫁はんのセカンドカーならともかくファーストカーには使えない。EVは厳しいとなればハイブリッドがまだ生き残ることになる。

ちなみにホンダのHPから取ってきたハイブリッドの各方式説明。1がIMAと呼んでるホンダ式。2がスプリット式とも呼ばれるトヨタ式で3は三菱が発売表明している方式だ。
honda.jpg

走行距離1000kmぐらいの充電の心配が全くないEVが登場しない限り、電池容量を増やしたスプリット方式のプラグインハイブリッド、もしくはシリーズ方式の発電用エンジンを積んだレンジエクステンダーEVあたりがEVファーストカーの現実的な解なのかもしれない。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
スキートリップの3日目。

ブリザード(雪慣れしてない自分にとっては・・)の中を南部町の本日の宿、緑水湖虹の村へ。
DSC01180.jpg
お宿のロッジ。本当はロッジの前には車を入れてはいけないそうなのだけどお隣さんが10台以上入れていたので駐車場なのかと思い進入・・すみません。
DSC01206.jpg
前泊も急遽、休暇村泊だったし、ロッジに泊まるならば全く何のためのキャンカーなのかわからんが、嫁には勝てない。心なしか寂しそうな2台のキャンカー。(サブ)バッテリーもビンビンだぜと言っているようだ。
DSC01199.jpg
合流したYくん達と日本海(?)の海の幸を堪能してアルコール燃料をグビグビ補給。
DSC01190.jpgDSC01192.jpgDSC01193.jpg
DSC01194.jpg
翌朝は雪合戦に雪だるま。頭に何発かお見舞いしてやったが子供のコントロールも良くなってきててコチラも何発も被弾。1:2だと勝てない。年々・・だな。
DSC01226.jpg
朝、スキーに向かうYくん達とお別れし、米子市内へ。米子IC降りてすぐの寿司屋さんで昼食。(星0個です)
DSC01235.jpgDSC01234.jpg
お城のような菓子工場&直販店。どこにも家や会社を洋風、和風の城にする人がいる。一国一城の・・ってのあるんですかね。趣味が良いのか悪いのかはわからないが、目立つのは間違いない。「ほら、米子のお城のお菓子屋さんよ」・・で通じるのはとてつもなく大きな宣伝効果だ。中には米子土産の名店モールみたいになっている。コリャ立ち寄って損なし。(星3つ)
DSC01236.jpg
DSC01237.jpgDSC01238.jpgDSC01239.jpg

やはり、プロインストラクターの腕は凄い。最初に好きか嫌いか決まるスキーだけど滑れてうれしい小1の冬になってヨカッタな、ボウズ。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
スキートリップの2日目。土曜日は絵に書いたような雪。
DSC01139.jpg
結構な積雪かつトラックFR2WDという雪には最弱スペックのマイカムロードだがガッツりした車重のためかスタッドレスのみで不安気無しに走る。念の為にチェーンも持参したがスノーバージンドライバーでも大丈夫だった。エッジ効果を狙い195/70R15にスペックダウンしたスタッドレスタイヤサイズなので雪より風にヒヤリの局面の方が多かった。余談だけどカムロードベースのキャブコンの方でノーマルタイヤでお乗りの方は一刻も早く215/65R15に交換することをオススメします。

ゲレンデ到着。初心者の嫁はんと子供は1日スクールに入って自分はフリーで滑ります。誰もいないゲレンデ・・ウーン気持ちいい。
DSC01146.jpg
ガキンチョは数時間でフツーに滑っています。子供はマスター早い。
DSC01150.jpg
嫁はんは、立ち上がれ立ち上がれ立ち上がれガンダム~状態。
DSC01154.jpg
昼食後、吹雪いてキマスた。
DSC01163.jpg
ゴーグルがないと前が見えない状態で14:00前にオヤジはリタイヤ。嫁はん、子供は根性でスクールの午後の部にも参加したが、数回上がったところでリフト停止したらしく、オヤジがウトウト暖かいコーヒーをクレソンで飲んでいると楽しかった~と帰ってきました。写真は下手だがヨコナグリの雪がビュービュー。全くFFヒーターには感謝だ。
DSC01169.jpg
今日はロッジ泊。冬の日本海と言えば「カニ」。仕入れに米子に走ります。
DSC01181.jpg
DSC01182.jpg
蟹を二杯仕入れてロッジにGo!

続く。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
3連休はスキーを。

愛媛から日本海を拝み行くには米子道が手っ取り早い。途中にある蒜山高原は何度もP泊、キャンプ泊した好印象の高原。スキー&カニというと絶好のロケだ。大山スキー場より初心者に優しい上蒜山スキーに今年も出かけた。

大きな被害の出た厳寒の時期は過ぎたと思ったが甘かった。3連休も大きな寒波が。おまけに雪に弱い四国の高速はほとんど通行止めだ。少し遠回りになるが、しまなみ海道から本州上陸。米子道に入る辺りから雪道へ。
DSC01254.jpg

金曜日は本来ならば相棒のYくんとスキー場近辺でP泊予定だったのだが、突然のアクシデントで遅れてYくんとはロッジ泊予定の2泊目からの合流に。そうなると嫁はんがナンダカンダと理由をつけてP泊やめて宿に泊まんない~?などと押してくる。しかし、3連休なので飛び込みなんて無理、当然ドコも一杯。観念したかと思いきや、到着直前にキャンセル空きを見つけやがった。蒜山高原の国民休暇村だ。雪中P泊をしたかったのだが、休暇村ならスキー場の目の前なので時間のロスはない。まあイイでしょう。
IMG_3568.jpg
もう少し早ければソリ遊びもできたのだけれど。
IMG_3563.jpg
部屋は「休暇村~」という感じのものだ。残念ながら部屋トイレがないのはマイッタ。
DSC01134.jpg
食事はバイキングだけど期待してなかった割に良かった。海外の団体客さんが来ているらしくユックリ食べたいなら◯時までになんて案内。なんだか複雑な。嫁はんも暖房で空気が乾燥して寝心地はスコブル悪かったらしい。次回からキャンカー泊でイイよとのこと。2年も経つとキャンカー泊も熟睡できるようになる。立ち寄り湯さえすれば全く問題ない。
DSC01132.jpg
朝起きると一段と積雪~。さあ今日は滑るぞ~。
IMG_3580.jpg

続く。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m

ホワイトアウト。嫁はんと子供はまだスキー教室内中。大丈夫なんだろうか?(・・?)


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
愛媛は温暖な瀬戸内式気候(だっけ)のおかげでほとんど雪が降らない。1年中ノーマルタイヤでほとんどOKだ。おまけに昨年まで乗っていたアルファードにはスタッドレスを履かせていたので雪のある場所にはそちらでお出かけ・・結局、キャンカーはノーマルタイヤのままだった。だが子供と動けるのも2~3年だろうしこの機会にスタッドレス化実行!

チョイスしたのは純正のテッチンホイールを使うために195/70R15 ダンロップSP LT01だ。ネットで頼んでいつもお世話になっている近所の修理屋さんに持って行ったが・・
yokohama.jpg
バランサーがないのでいつも使っているタイヤ屋さん紹介するね・・と言われて行ったのがYOKOHAMAの松山営業所。ライバルメーカーDUNLOPの持ち込みタイヤの取り付けという勘違いなオーダーに無表情なオジサンが出てきて対応してくれた。腕は良さそうだったけどホイールキャップの爪を折ってくれた。食堂に弁当を持ち込んだようなマネをした仕返しなのか。困ったもんだ。
sutaddo.jpg
カムロード純正サイズのスタッドレスなので確かにフニャ~とするが、カムロード純正のBRIDGESTONEと比べたら全然OKだ。

ご存知のように夏タイヤでも荷重の大きいキャンピングカーは3~4年でタイヤ交換が推奨されている。週末しか乗らず(それも毎週ではない)距離の伸びないキャンカーなら、3~4年でノーマルもスタッドレスもきちんと交換していくのはあまりに不経済なので、スタッドレスをオールシーズン履いて履きつぶすのがいいかもしれない。215サイズで程度のいいスタッドレスを選べば夏のデメリット(フラつき・燃費悪化・雨の排水)も最小限に押さえられるはずだ。それより3~4年でキッカリ交換していってバーストの危険性を押さえたり、スタッドレスのゴムの硬化を防いだりした方が気持ちがいいんじゃないかな。現に友人のYくんはそうしている。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ネオクレソンのバッテリーも早くも2.5年。持ちが少し怪しくなってきた。当初はクレソンのウィンディ仕様なのでEu16iも搭載しているしバッテリーはシングルで十分と思っていたが、普通の神経では16をココソコでブン回すこともできず早々と16は下ろしてしまった。

そうなるとやはり頼りになるのはサブ。ココイラで懸案のツイン化をするためにバッテリーを物色。G&Yuディープサイクルバッテリー105A がプラスダイレクトというところで送料込んで1本1.4万弱だったので発注。今まではボイジャーの115Aがだったのだがプラスダイレクトさんの説明を信じてG&Yuにしてみた。(ウソ・・安かったので)

DSC01131.jpg

意外にバッテリーを連結する22スケアのコードが入手困難だったのだが何軒目かのホームセンターで溶接用を入手。接続の丸型端子も大きいギボシペンチがないので銅製のバッテリー端子にしてみた。

ネオクレソンのサブバッテリーは底部1cm程度を木枠で囲んでいるだけなのでイマイチ不安があるが、とりあえず木枠を新しいバッテリーの大きさに直しただけだ。しかし、こりゃ万一転倒とかするとバッテリーが転がり出そうなので、時間を見つけてバンドで固定するようにしておかないとな。

しかし、サスガに鉛の塊1本22kgで2本44kgというのは大変な重さだ。時が経つにつれ重くなるばかりのキャンカーは、中年親父の体重に似ている。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
一太郎で有名なJUST SYSTEMからスピンオフした浮川夫妻がリリースしたiPad用のアプリ「7notes(セブンノーツ)」。

販売記念で900円になっていたので試しにインストールしてみた。
7notesのコピー
手書き入力なんぞ珍しくもないが、この認識エンジンはスゴイ。指先で自分でも読めない位に汚く書いても正確に認識する。誤認識しても一文字単位で訂正できる。正真正銘手書きのスピードで入力可能だ。キーボード入力並に入力できる初の手書き入力デバイスだ。(たぶん)

しかし、このアプリを実際使うかというと?だ。iPadで長文の日本語入力をするだろうか?かといってタッチスクリーンのないPCでは手書き入力はできない。スマートフォンの狭いスクリーンではとても快適な手書き入力とはイカナイ。

あえてどんな局面で便利かと考えるとiPadなので例えば医療介護の現場とかでは活躍しそう。ただ問題なのはiOSは日本語入力IMEは純正のモノしか認めていないのでアプリとしてはリリースできてもどのアプリでも使うことができるIMEとしては販売できないことだ。技術供与として日本語入力部分だけを各アプリ販売会社に売ればいいけど自前主義の浮川さんはそんなことはしないのかも。アンドロイド版に期待すべきなのか。

結局、残念・・なのかもしれない。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
風邪をひいて寝こんでいました。

トヨタ純正ナビを開発しているアイシンAWが作ったiPhone用のナビNAVIeliteの続報。

人の車(データの古いナビしかついていない)に同乗して出張に行く予定があり気になっていたNAVIeliteをインストールしてみた。
DSC01086.jpg

2~3日使ってみたが「当たり前」だけどLEXUS RX純正ナビと情報量は(少なくとも松山では)同じだ。気になるナビの精度だが、マップマッチングをしているせいか、本ナビと変わらないと言ってもイイ。高速の下やトンネルではダメなんだろうけど田舎では問題ない。渋滞情報や迂回検索も可能。何よりマップデータは最新だしオフラインでも使えるメリットは大きい。ドックに繋ぐなどして電池の持ちさえ気をつけておけば十分ナビとして活用できそう。

少なくとも嫁はんのMINIにはこれでOKだ。
嫁よ、喜べGoogleナビから大出世だ。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲ブログの励みになります。応援ポチッとお願いします。また、他のアウトドア・キャンプ・キャンピングカーの人気ブログも見ることができます。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」