漫画にしようというジョークソフト。iPhoneアプリだ。
___20110729094229.jpg

だから・・と言われれると返す言葉はないけど、フキダシも好きな文字が入れることができるのでやろうと思えば四コマどころかホントの漫画もできそうだ。さっそく自分の顔を撮ってギョギョ・・・と書いた。なんかのメールの返信に添付してやろう。さそがしイヤがられるだろう。

iPhoneのカメラ性能はたかだか知れているけどユニークな処理系を次々インストールできる面白さがある。頭の固いデジカメメーカーではできない芸当だ。カシオあたりもネットでAPIを公開して処理ソフトをサードパーティに解放したらいいのに。

JAZZ PICはいよいよ明日。a-nationに行けないオッサンは千本高原に集合だ。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
JAZZ PICまでいよいよ2日。

YくんとJAZZ PICのライブ中継(もしくは録画中継)でもするかなんて話になってUSTREAMで実験。

Streaming live video by Ustream

千本高原は電波状況がよくないのでライブは無理かもしれないけど1日遅れくらいではストリーミングできるかも。下のリンクから実行委員長のブログで。ひょっとしたらできないかも・・でアシカラズ。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
そうでしょうね・・というのが実感だけど、大紀元によると・・

「脱線・落下した6つの車両は満員時には600人乗れる。新華社の数字に基づいて計算すると、600-211(負傷者数)-35(死亡者数)=354人。この354人はどこに消えたのか?なぜ慌てて埋めたのか?」

m92884.jpg

何より下が本当なら悲惨な思いを通り越して妙にナルホド・・などと思ってしまった。

「今回の高速鉄道は35人死亡。河南省平頂山の炭鉱事故も35人死亡。重慶市の暴雨による死者も35人。雲南省の暴雨被害も死者35人。『35』のカラクリを教えよう。実は、死者36人以上の事故が起きた場合、市の共産党委員会の書記が更迭されることになっている。そのため、事故が起きた当初から死亡人数は35人以下と決まっていた」

考えてみれば日本も、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の隠蔽や、農作物や畜産物の拡散防止をしなかった・・など保身や賠償を恐れて迅速・適切な手を打ってこなかったのは中国と同じだ。放射線被害の実態は何年も立たなければわからない・・土に埋めてしまうのと大きく変わったことではないと言えば言いすぎか。

どうも人民や市民のために・・などという思想の人は権力の座につくと独裁志向になるようだ。不思議なことだ。

しかし、こんな情報が日本でネットやTVで見えるようになってきた。社会主義国家 中国も変わるのかもしれない。

jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
自宅のクレソン車庫。

3.3mの車高のカーポートが(少)なかったので木組で作ってもらったのだけど幅ギリギリの過ぎで結構技のいる車庫入れになってしまった。オマケに子供の自転車置いたりするとずぶ濡れ。あと1mは幅が必要だったなと。

DSC01126.jpg

で、作業したり自転車スペースを確保するためにレクタタープを斜めに下げていたのだけど紫外線は恐ろしい。ロゴスやコールマンのタープは半年程度でボロボロになって破れてしまう。そんなワケでホームセンターで買ってきたフツーの日よけにしたのだけど、ポリエチレンってのは紫外線に強いのだろう3年そのままで全く劣化ない。適度に視線や日光を遮るけど風は通すので冬の風が強い日も台風の時もそのままだ。本当は木枠を作って斜めに出せるものにしようとしたのだけど雨はダダ漏れなのでタッピングで止めただけだ。会社のクルクル巻き取るオーニングが故障して修理代が20万円と言われ壊れたままにしているけど、こんなシェードで十分だ。

農業用の日よけネットから派生した商品なのだろうけど、プロが使うものが一番だという当たり前の話し。



jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
友人Yくんの主催するジャズピクニックまで1週間。日曜日は会場になる久万高原町の千本キャンプ場に草刈りのお手伝いに・・。
DSC01093.jpg
・・と言っても父親のケガなどもあり参加できたのは日曜日の半日。Sさん始め泊まり込みの皆さんお疲れ様でした。

今回程キレイな千本キャンプ場は見たことがない。秘密はこれだ・・
DSC01086_20110725110634.jpg
草刈まさお君。Sさんが会社から借りてきてくれたそうなのだがスゴすぎ。乗車式の草刈マシンでゴルフ場などを整備するプロマシンだ。

遅れて参加したので草刈りオールスターズの昼食の準備をしてチョコット草集めをしただけで解散。
DSC01077.jpg
DSC01081.jpg
子供をアグリピア下の河原で遊ばせて、
DSC01103.jpg
DSC01112.jpg
最後は居酒屋。働かざるものノムべからず・・なんだけどね。
DSC01121.jpg

さあ。本番です。晴れたらイイな。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
3連休も子供の習い事の発表会があったりとキャンプは断念。

海の日の前に海でも行こうということになって、ドリーとお遊びカヌーを準備。近くの堀江海岸までゴロゴロだ。
DSC01018.jpg
子供と一緒に出航。トビウオ君が目の前で跳ねている。海水浴場のすぐ隣の堀江港の手前まで行って引き返すがクラゲもトビウオを観察しつつパッシャンパッシャンだ。
DSC01033.jpg
ジェットも海保(?)のパトロールなのかいたって大人しい。平和だ。海もいいね。
DSC01046.jpg


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
久々のiPhoneネタ。NTTコミュニケーションズが「050 plus」という電話アプリを出している。

以下コピペ。

「050 plus」同士の24時間無料通話はもちろん、ケータイや固定電話などに対していつでも安価な通話料でかけられます。 また、無料チャットソフトと異なり電話番号が持てるサービスなので、着信もできます。

【主な通話料】
・ ケータイへ:16.8円(税込)/1分
・ 固定電話へ:8.4円(税込)/3分
・ 「050 plus」同士:0円
・ 全国で300万契約以上の「050」で始まる電話番号との通話も無料となります。

・・ということなので使ってみた。通話品質は良好。通話毎にイチイチお得になった額が出てくるのでわかりやすい。基本料金が315円いるのが難点だけど9月末までは無料のよう。9月末まで使ってみてイケルようならWホワイトは解除してもイイかもしれない。気をつけなければいけないのはホワイトプラン適用の21:00までのSoftBank携帯(かつ050PLUSをインストールしていない場合)には050PLUSを経由してかけると料金が必要になるということ。ちょっとめんどくさいがメリットは大きそうだ。

何より海外のIP電話系無料ソフトと比べてNTTコミュニケーションズがやっているサービスなのでタブンあっさりサービス変更なんてこともなさそうで、番号をビジネスで使っても問題なさそう。この番号はいざというときには解約もできるので2in1的な使い方もできそうだ。遅かれ早かれAndroidでもサービスインするだろう。050PLUS同士は無料なのでスマホの場合はキャリアの壁を越えて無料通話が実現するかも・・だ。
05002.png

ちなみに・・2011年7月13日から、電話番号で短いメールを送ることのできる「ショートメッセージサービス(SMS)」について、異なる携帯電話5社間の端末同士での利用が可能になっている。パケット定額適用外なので、受信は無料だが送信には各社1通あたり2.1円~3.15円かかるけど。

時代は流れている。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
暑い。四国電力も余剰電力は風前の灯火だ。

タマタマ、ネットを見ていたら建築家の方が仕事場で借りている民家の屋根で散水して効果を上げていると書き込みが。調べて見ると屋上散水は工場なんかでは3℃くらいの室温の低下もあるらしい。家にはあまり好ましいとは思えないが幸か不幸か我が家は瓦の雨じまいの比較的しっかりしていそうなものだし、保温もしっかりしてそうなので夕方短時間撒くだけでも効果はありそうだ。

そういえば雨水利用もいずれはやろうかなどと思っていたので丁度よくないか。早速雨水タンクを調べて見たら1マン程度で110Lの小型タンクならあるようだ。松山では3分の2の補助金も出るが手続きがややこしそう。1マンなら補助金とらなくてもいいんじゃない。ってことで早速注文してみた。
main7.jpg

ポンプで屋根に散水して雨樋からまた回収するという循環型にすれば110Lでも十分だろう(タブン)。そういや芝生に水を撒こうと買った散水ホースも使ってないままだ。ポンプも安い物があるし切り替えで庭の芝生への散水にも使えそうだ。高所恐怖症なので屋根に登れるかという問題はあるが・・。

いいじゃん「大人版科学と実験」で面白そう。いずれ続報。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
頭の体操だ。

例の太陽光発電の全量買い取り制度が通ったとして。
1kwh48円(制度が再度リセットするとして)で全量買い取り保証が20年続くとして。
田舎にあなたが適当な土地をお持ちだとして。(なかっても田舎なら安いものだ)

rauha_img1.png

上のようなログハウスキットを330万円程度で入手。建築費はだいたいキット価格と同額らしいので350万円とする。ソーラー8.8kwh(一般的家庭の2倍程度だ)を1kwhあたり補助金差し引き38万程度で入手してソーラー設備投資350万円・・計1030万円だ。

発電シュミレーションによると松山地区で8.8kwhのソーラーの年間発電量は10,174kw。年間買い取り額は488,352円。1000万円を長期固定金利タイプ(20年)2.4%で借入したら年間の支払いは平均で630,683円。買い取り額を差し引き年142,331円、月1.1万円の自己負担で別荘が建ちまっせ。買い取り単価が40円として月1.8万円だ。

提出された法案には買取価格は明示されていない。個人用は10年で事業用は15~20年ということだが会社名義だとどちらになるかわからない。(しかし別荘はほとんど電気使わないので全量でも差額買取でもそんなに変わらないだろう)もちろん建築費は造成や基礎で費用が膨らむ可能性も(友人に手伝ってもらってできるところはセルフビルドは必要だろう)、ソーラーの発電量が計画以下になることも(シュミレーションにはナカナカならないそう)、ログハウスのメンテナンス費用がかかることもあるだろう。ああそれと各種の税金も考慮してないな。

嫁はんの田舎にはお山や土地がたくさんあるので、移動式別荘のキャンカーの次は固定式別荘もいいかもしれないなどと夢が広がる。

・・ならばこの制度、復興に使えるのではないか。

被災地はプレミアをつけて1kwh50~60円で20年買い取ったらどうだ。1000万程度の建て替え住宅ならばほぼ負担なしに建て替えができるかもしれないし、何より脱原発に向かっての大きな一歩にならないか。

・・という頭の体操。それとメチャクチャ楽観試算なので責任はとれませんので。

jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
7月は友人Yクンそして自分の誕生月。ビアガーデンでも・・なんて計画だったのだけどどこも一杯。インドアで一杯ってことになって、松山の棗(なつめ)に。瀬戸内の旬な料理を食べさせてくれる。
DSC01000.jpg
手書きの心配りはうれしいな。
DSC00995.jpg
ちょうどこの時期には松山の商店街では土曜夜市をやっていたりする。子供がカブトムシの夜店があることをシッカリ覚えていて付き合わされる。・・とおや、こんなところでAirstream。なんとラーメン屋らしい。残念ながらミスマッチは結局ミスマッチらしく・・。
DSC01003.jpg
クワガタを買わされたり・・。
DSC01005.jpg
似顔絵書いたりと・・。
DSC01006.jpg
夏の町ブラも面白いものです。夜店が減ってきている今、子供達にとって夏の日の思い出はこんな形になるのかな。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
古いネタだけど埋もれてしまった九州新幹線のCM。3月12日の開通だ。
特に3・11の後に見たからだろう希望ある未来に喜ぶ人の姿に感動した。

ご覧になってない方がいらしゃたらどうぞ。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m

フジのニク。

Category : 雑感

農林水産省の旗振りで被災地応援フェアなんてのが全国で行われていたりする。流通へのお願いで、販売時における産地名の掲示等について、御配慮をお願いいたします・・なんて書いてある。

案の定、近くもあるローカルスーパーのフジでは、「がんばろう!東北」フェア(上の農水省のHPにも出ている)をやっていて、徳島県阿南市の「フジグラン阿南」と高知市の「ヴェスタ桜井店」で放射性セシウム入りの牛肉を売ってしまったようだ。ただ、ほとんどマトモにはスクリーニングできていない(福島県産牛1000頭中6頭らしい)ようなので、わかっていないだけで他の店やスーパーでも同様の事はたくさんあるだろう。武田邦彦氏のHPによると牛乳もアチコチに移動して規制値以下に混ぜて販売しているらしい。

地震、津波の「被災地」と福島原発事故の「被曝地」を一緒にするから訳の分からないことになる。被曝地の救済は皆が野菜や肉を買うことじゃなくて東電や国(要するに国民全員)が制度としてすべきだ。風評被害という言葉で一把一絡げにすることは全くおかしい。暫定基準値以下だからと市場に出回っている食材は肉だけじゃない。1度や2度食べても問題ないのは当たり前だが応援のためと1年間食べ続けたらどうなるかは誰も言わない。ガンバレ東北というマトモな気持ちを逆手に被爆させられるのは何ともやりきれない。

オマケにニュースを見ていると低線量の被曝は問題ないという論調が最近かなり強くなってきている。学者やキャスターも、その立ち位置で言うことがバラバラだ。

しかし、例えば、劣化ウラン弾で健康被害を受けたかもしれない民間人や米兵含む軍人にも補償などはない。広島・長崎でさえ爆心地よりわずか約3.5km以内とかの厳しい基準をクリアしなければ原爆症とは認定されない。癌や白血病で死んでしまってもそれらが原因とは見なされないわけだ。要するに政治的な立場や経済的な事情で被曝被害の統計はどうにでも変わる。広く被害を捉えればとんでもない被害になるし、そうでなければ100mSVでも問題なしと言えるだろう。昔は核実験で地球はもっと汚染されていたなどと良く言われるが同時に発ガン率が高くなっていったことは言わないワケだ。気になる方は「低線量被ばく」でググって自分で情報の取捨をし判断されたらイイだろう。学者じゃない我々は家族を守るのはそれ位しか方法はないだろう。

だた一つ確実に言えることは大丈夫だと繰り返し報道している大手マスコミの社員は原発の半径20キロ圏内には取材にイカナイし(フリーの記者のみだ)、半径20キロにある化学工場を訪れた民主党の岡田克也幹事長は防護服に身を包み手袋をしたまま普段着の工場関係者と握手した(宇宙人か!)・・低線量被曝が問題ないのならマスコミは取材すればいいし、政府の中枢にいる高官は背広で現地に行けばいい。放射線が体にイイとまで言う学者は福島原発で復旧作業をすればイイ。酷い話しだ。
mca1105082258008-p1.jpg


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
プラズマクラスターってのは説明を何回読んでも理解できない。カビ菌や浮遊菌のタンパク質を分解するプラズマクラスターは人体のタンパク質には無害なのか?タンパク質を選択的に攻撃するなんて考えられない。浮遊菌は殺すけど人体に影響がある程度ではない・・ということか?ならば長期に大量に接していると粘膜とかに何かの問題が、おきないだろうか?活性酸素の問題は大丈夫なのか?

しかし、気がつくと会社も車も家も(リビングも寝室も)プラズマクラスターだ。プラズマクラスターも家くらいは別のモノに置き換えた方がいいかもしれないな

・・と思った次第でリビングと寝室の空清機というお守りを変えてみた。
DSC01013.jpg

ダイキンのMC75Lという大風量タイプの光速ストリーマだ。推定される、「ストリーマ」放電技術によるウイルス分解メカニズムは・・・
・ストリーマ放電で電子を放出。
・ストリーマが大量にウイルスに当たります。
・ストリーマがウイルスに当たり表面のタンパク質を酸化分解します。
・酸化分解したタンパク質は バラバラになり、ストリーマは安全な窒素、酸素、水分子に戻ります。
・・・というのが「推定」(メーカーのHPに推定と書いてある)らしいけど、確かにウィルスは分解するらしいし、何よりプラズマクラスターと比べて外に飛び出さないので安全そうだ。また、加湿タイプは加湿フィルターがどうしてもカビるので空気清浄機かどうかわからなくなってしまうのでヤメだ。

しかし、話は変わるが、今でも腹立たしいのが花王の健康エコナという油。健康っていうので親にも贈ったし自分たちも几帳面に何年か使ったが、エコナは発がんのリスクはあるかもしれないが、問題があるほどではないのだけど発売は自粛・・なんてまるで今の放射性物質の説明みたいで全く理解できないまま商品はス~と店頭から消えて、花王もそんなに非難を受けることがなく終わった。花王という企業姿勢は全く理解できない。一生花王は買わんと心に誓ったぞ。

シャープのプラズマクラスターってのもアチコチに導入されているが何年か経って実は・・なんてことがないようにして欲しいものだ。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m

原発再開問題

Category : 雑感

今もニュースでやっている原発の再開問題。

地元の四国電力でも伊方原発の3号機について、10日に予定していた再稼働を見送るらしい。需要に対する供給余力は1・2%となり、節電がなければ安定的な供給が難しい。遅かれ早かれ四国でも節電命令が出されるのかもしれない。

果たして四国電力の伊方3号機は本当に再開してはいけないのか改めてHPを見て数字を拾ってみると恐ろしくなった。・・これは大変なことだ。

今回の震災を受けて新たに安全基準を設定するとしたら福島並のM9の耐震と15mの津波対応という事になるだろう。

ところが四電の対策を読んでみると耐震性は基準地震動が570ガル(耐震性裕度は原子炉格納容器887ガル、原子炉容器961ガル、H27までに2倍まで耐えうるように対策予定・・しかし原子炉容器などどうやって対策するんだろう)だ。ちなみに阪神淡路(神戸)は818ガル、中越(長岡)は2515ガル・・らしいので今回のM9級の地震が来たらアウトだ。津波の想定は2.2mで海抜10mの位置にあるので建屋のシーリングしか対策がとられず防潮堤などは建設も予定されていない・・もちろん15mもの津波が来たらアウトだ。これは以前の基準ではない。今回の震災を受けて再開するために練り直した対策なのだ。四電も困ったのだろう。中央防災会議によると伊方には、そんな地震は来ないと書いてある。

恐ろしいことに、要するに今回はM9の揺れと15mの津波というそれこそ千年に一度の超弩級地震は「想定外」。たぶん他も状況は同じなのだろう。福島バージョンの安全基準など作られても全国どこの原発も対応しようがない・・というのがホントのところじゃないのだろうか。

・・なので、曖昧、穏便に数字を出さずに安全宣言を出してジワジワ再開していこうとしていたのだが、菅氏が唐突に(市民運動家として義憤に駆られたのだろう)ストレステストなどと言い出し原発は危険だということを白日の下にさらそうとしている。

菅氏は、脱原発解散を本気でやる気なんだろう。市民運動家の本領発揮だ。

しかし日本の経済はガタガタだ。電力会社には本当は余裕があるという説もあるが関係ない。景気は「気」だ。

原発再開問題・・これはトンでもない袋小路だ。

ただ今は地震が来ないことを願うしかない。

※私感ですので悪しからず。

jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
四国電力は節電を徹底しているわけではないが、無駄に電気を使うことも気が引けるわけだ。

我が家では電球をLED電球に替えて「できることからエコ」を推進中。トイレや廊下の60Wが8Wになった~なんて自己満足に浸っているわけだ。しかし、問題はリビング&キッチン。日本住宅のどこにでもある丸型蛍光灯のシーリングライトが2つついているのだけど、40型+32型の68W×2=136W+αだ。肝心のリビングがこれではどうにも。

丸型蛍光灯のLED化もできないことはなさそうだけど費用がマンを超える。それならいっそのことシーリングライトごと替えた方がいいのじゃないかと探してみると・・
savoy3_1.jpg
200-018.jpg
こんなのがある。普通のE26口金なのでLED電球を入れて12畳のリビングで2個くらいぶらさげれば十分だろう。iできればリビング側はシーリングファン付きにすればなおイイ。

でそういうネタになるはずだったのだが思わぬ事態に。

今あるシーリングライトをのけてみるとライト焼けとでもいうのか天井クロスに跡がクッキリ。ライトを交換すると汚れというか変色ってやつでクロスを張り替えないと見苦しい。15年の年輪だ。なんてこった。

しゃーないのでせっかく外したついで家に転がっているメッキ風スプレーをシーリングライトの反射板にシュー。
DSC00993.jpg

iPhoneの照度アプリで測ってみると白のノーマル反射板比で照度20%アップだ。シーリングライトの明暗切り替えで暗で十分な明るさになった。

スプレーがあったので今回は塗装したけどよくあるアルミテープを貼るだけでもいいかもしれない。

費用0円の手軽なエコとしては効果十分だ。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
崖の上のホテルで絶景を堪能したオヤジは高知市経由で帰ることにする。

DSC00911_stitch.jpg

jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲続きの前に応援ポチッとお願いします。m(__)m

→続きを読む



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
週末は小旅行。

愛媛県の南部にある愛南町はかつおの水揚げが四国一だ。ここは新鮮さを保つために午前・午後の2回市場が開かれ冷凍じゃない獲れて3~5時間内の新鮮なかつおを食べることができる。「びやびやかつお」という。今年は特に豊漁で港の目の前で大型のかつおが上がってなお新鮮らしい。ならば・・ということで愛南町経由の四国最南端の足摺岬に小旅行だ。いや実は親戚のお見舞いも兼ねて・・なんだけど目的の主従はわからない。

足摺岬灯台に・・
IMG_0546.jpg

坂本龍馬、うそ・・ジョン万次郎。ここの出身らしい。難破しているところをアメリカ船に助けれ初の留学生になったお人。子孫だという人と一緒に仕事をしたことがあるがあれは本当だったのだろうか。
IMG_0544.jpg

jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲続きの前に応援ポチッとお願いします。m(__)m

→続きを読む



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
暑い。暑いぞ。

マイカーは黒なので尚更暑い。ソーラーで回るミニ扇風機があったので何かの注文の際についでに頼んでみた。実は帽子のツバにつけて顔面を冷やすもんだけどドコにでも取り付けできるので車の換気用に。
win02.jpg
win01.jpg

雨が降ったらマズイしイタズラされてもマズイのだけど、結構ブーンと回ってるので熱のこもりは緩和される。しかし、言わばどーでもいいような商品をどーでもいいような価格で形にしてくる中華パワーはスゴイ。ちょっと冗談で買ってしまう。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m

孫氏の兵法

Category : 雑感

脱原発に並々ならぬ情熱を燃やす孫正義氏。
義憤に駆られてという見方もあるが彼がビジネスを考えないワケはない。

思うに・・

死に体の総理を使い自然エネルギー全量買取法案を置き土産で成立させる。各県知事には遊休地を無料または安価に提供してもらいメガソーラー発電所を建設する。そして高価に電力会社に買い取らせる。その費用は国民が世界一と言われる電気代にまだ上乗せして負担する。通信を制御するのがお手の物のSoftBankはスマートグリッドなどの分野でも活躍の場は多いだろう。しかし、国のインフラである電力事業に食い込むことは利益優先の企業姿勢に見えるSoftBankは相当の参入抵抗が予想される。私心がないことを見せるためには100億の寄付と役員報酬の返上というわかりやすい行動が必要だった。

・・と凡人でもそんなことはわかるが、BLOGOSで藤沢数希氏の金融日記をみて大いに驚いた。

なんとSoftBankは、日本で電気を大量に使うデータセンターを韓国に移しているらしい。韓国の電気代は日本の3分の1だ。

藤沢氏曰く・・・
”世の中のあらゆる商売は安く買って、高く売ることで成り立つ。電力会社は中東などから化石燃料を買い、それを燃やして電気を作り、少しばかりの利益を乗せて、顧客に売る。現在の韓国の電気代は日本の3分の1。そして脱原発や自然エネルギー全量買取法案で今後の日本の電気代はうなぎ登りに上昇していく。仮に、韓国で電気を買って、それを日本で売ることができるならば、莫大な利益が転がり込んでくるだろう。しかし、このアービトラージは実現不可能だ。なぜならば電気は送電ロスがあり、韓国から日本に現実的なコストで電気を運ぶことができないからだ。だからこそ東電や関電は、日本で高い電気を売りさばき、殿様商売ができるというわけだ。

しかしその不可能なクロスボーダー・アービトラージを可能にするのが、今回の孫正義のスキームである。まずソフトバンク傘下の電力を大量に消費するデータセンターなどを韓国に移し、そこで大量の電気を韓国で買う。一方で、日本ではメガソーラー発電施設を建造し、極めて高い電気を地域独占の半官半民の電力会社に好きなだけ売る。これによって、日本海の国境を渡って韓国から日本に電気を運ぶことなく、実質的に韓国で買った電気を、極めて高い値段で日本国民に売りさばくことが可能になる。この時の電力価格差が大きければ大きいほど、孫正義の利益も大きくなる。日本の電気代を釣り上げられるだけ釣り上げることが目的なら、孫正義の今までの行動も全て説明できる。放射能の恐怖を煽ったこと、橋下徹の心にあのアイデアを植えつけたこと、そして菅直人の心に侵入したこと・・・”

んんんなるほど。

YahooBBやSoftBankモバイルの時もなりふり構わぬ営業でシェアをむしり取った。過程では批判も噴出したしコロコロ変わる規定や販売戦略にも危うさを感じることがあったけど結果として日本のブロードバンド接続料や携帯料金は劇的に下がった。

既得権益の権化のような電力業界にも競争原理を持ち込むことは参入のきっかけや動機はどうあれ長期的には国民にとっていいことだろう。 

しかし、あのハゲ、どこまで頭がいいんだ。まさにビジネスの兵法は現代の孫氏から学ばなければいけない。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
産経ニュースで”記者も感激!さいたま市の80歳男性が発明した「夢のエネルギー製造装置」に迫る”をいう記事が。

まあ何より動画をみてもらった方が・・


詳しくは記事をみてもらったらいいが、(1)ボールが水の浮力で筒の上までいく(2)ボールが登り切ったら片方の水が入ってない筒を落下する(3)落ちる途中にボールが水車?を回して発電する・・というもの。装置を大型化すればいくらでも大きな電力が作れそうだ。

位置エネルギー>運動エネルギー>電気エネルギーというのは水力発電と一緒だけど位置エネルギーの元が浮力であるのがミソだ。中学生でもわかる知識でこんな物を作るのは素晴らしい~と感激したのだけど・・。
untitled.jpg


ちょっと待て。浮力の源泉は大気圧。そういやこの上昇管の水の柱はボールが通る穴があるのに水がなぜ下に抜けない?水が落下管の方に流れ込まない?図を見るとどうやら逆止弁らしきものがついているようだ。しかしボールが通る瞬間には水が落ちるはずなので減った水は上部の注水タンクから補充され下部の排水口が出て行くようだ。

んんん。ちょっと待て。ならば上部の注水タンクから落下した水で直接、水車を回した方が発電効率がいいのじゃないか??落下するボールの重さ以上の水は下に落ちていそうな感じなのだけどね。

特許官が認めたのだから意味があるものなのだろうけど、少ない情報ではどうかわかならないな。どこかが取り上げてくれれば面白いのだけど。


jazzpicb.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」