GoPro

Category : カメラ

夏のキャンプのお楽しみ。カヌー。

幸いなことに四国はいいロケーションの川がいくつもあって楽しめる。川下りの楽しさはやはり瀬だ。子連れなので安全第一で吉野川とかはチャレンジしないけど雄大な流れの中で時々訪れる1級程度の瀬はダウンリバーの愉しみだ。

その瀬の様子を子供に防水デジカメを構えさせて時々撮ったりするのだけど「ほぼ」ちゃんと撮れない。


そんなワケで買ってみたのがGoPro。超広角でHD画質のビデオがとれる完全防水カメラ。リアクション芸人がバンジージャンプする時に顔の前につけているアレだ。
DSC03412.jpg
トイカメラと思いきや画質もいい。結構アチコチにつけることができるアダプターが付属していて、実際はカヌーのスターンにくくり付けて撮影するのがよさそう。バイクでも使えそうだ。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
大きな交差点ど真ん中で、車の一番まえで信号待ちをして、迫り来る対向車の間を抜けて無理やり右折するチャリ。
___20120528193039_20120529142427.jpg

通してくれなきゃ死んでやる!的な「自転車自爆テロ」だ。実は、周りの車が気を使いつつ、後ろは渋滞をひきつつ、対向車は徐行しつつ「皆に通してもらって」いるワケなのだが、自分は支配者でいるように思い込んでいる滑稽。

30km/h制限の原付バイクでさえ自賠責保険、ヘッドランプ、ウィンカー、ストップランプ、ナンバープレート、ヘルメット等々装備して左隅を大人しく通っているのだからロードレーサーのお兄ちゃんもそのぐらいの装備はやって欲しいぞ。

そう・・車道用自転車はこんな感じでどうだろう。
imagesCA6E447T.jpg

自転車という素敵な乗り物が一部の輩のせいで残念なことになっていく予感。自転車愛好家の人たちにとってこそこんなテロリストは大敵だろう。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
子供がゴロゴロ遊んだミニカー。そろそろ卒業みたいなのでケースを買ってキズがなさそうなものだけピックアップして仕舞った。トミカとかジクのフツーのミニカーだけど10~20年経てばこんなものでも価値が出るのかな。

まあ全く価値がなかったとしても、思い出はPriceless。懐かしいなあ・・などどガキが思えば面白い。

しかし、10~20年なんてオヤジは何歳なんだ。恐ろしい。
DSCF1138.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
山屋のarataさんのブログを見ているとiPhoneのハンディGPSでDIY GPSを使っているみたい。

川下りをするときにあれば良いのが川マップ。マップといえばiPhoneにもあるのだけどオンラインマップなので圏外ではNG。圏外対策でGoogleMapをキャッシュして使うか、MortionXを使っていたのだけど地図がイマイチ。自分には、もちろんガーミンなどのハンディGPSなんて宝の持ち腐れなので、何かいいアプリでもないかと丁度探していたところ。早速ダウンロード。
___20120523114307.jpg
地図は必要な所だけカシミールから切り取って入れることができるし、地図に自由に書き込みもできる。いざとなれば紙地図をスキャンしたマップデータも使えるそうだ。軟弱野外活動家の自分にはまったくもってこれ以上の機能は必要ない。

右のような簡易ケースや左のようなLIFEPROOFに入れれば防水GPSの完成だ。
DSC01808.jpg

もう一つ関心したのがこれ。
DSC03187.jpg
なんと友人同士でBluetoothを使って地図を送受信できる。またトレッキングログも色んな形式でDropBoxやメールでPCにスコンと送信できる。

もちろんカーナビのようにルート検索ができたりするわけではないけど野外活動には、こりゃ便利。これが\450ってのは作者さんに感謝だ。

問題はiPhoneの電池持ちだけどこればかりは仕方ない。予備電源を持つしかないだろう。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
翌日はチャッチャと朝食を済まして、教えてもらった人気ラーメン店の「くにおか」。元プロ野球選手らしい。
DSC03301_20120524143502.jpg
徳島ラーメンとはまた違ったパンチの効いた味です。
DSC03300.jpg
DSC03330.jpg
うだつは、日本家屋の屋根に取り付けられる小柱、防火壁、装飾のことで、うだつを上げるためにはそれなりの出費が必要だったことから、これが上がっている家は比較的裕福な家に限られていた。これが「生活や地位が向上しない」「状態が今ひとつ良くない」「見栄えがしない」という意味の慣用句「うだつが上がらない」の語源のひとつと考えられている。とウィキ。ここの防火壁のことで全国的な慣用句ができたのか不思議だったけど、ここ徳島県美馬市の脇町南町だけじゃなくて実は全国にあるらしい。
DSC03304.jpg
DSC03309.jpg
DSC03310.jpg
DSC03313.jpg
どこの観光地に来ても思うのだけど、愛媛は海も川も、こういった民家も観光地として生かし切れてない。人工的な大きな箱物作るより今あるイイものをPRすれば良いのにとつくづく思う。

途中道を間違えつつも香川高松経由で帰宅。夕食はもちろんうどん。源内だ。
DSC03331.jpg

Yクンの奥さんに「なんで太るのかな」なんてつぶやくと「相当食べてるよ」と即答。大盛りのこの量・・その通り。

キレイな川に、イイ人との出会いの旅でした。おわり。


AIRE トムキャットタンデム
AIRE トムキャットタンデム

川下りをするならAIREがオススメ。セルフベイラー(水抜き)がないと動く露天風呂になります。(愛艇のセビラーSK200DSはなぜか今シーズンはナチュラムで取扱いしていないようだ。コールマンのカタログには載ってるのにな。)



セビラー ユーコン
セビラー ユーコン

セビラーの売れ筋はコレなのでしょう。時々上陸して水抜けばホワイトウォーターでもいけると。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
一漕ぎした後はお風呂で体を解凍。
DSC03236.jpg
DSC03234.jpg
で、夕食。豆を焼いておとおし作って乾杯。
DSC03255.jpg
今日は目先を変えて串揚げだ。串はないけど。
DSC03253.jpg
レンコン、アスパラ、なすあたりでお腹一杯だ。
DSC03254.jpg
BBQ棟で「新しいピザ釜」の除幕式(?)をやっていたブルーヴィラの社長さん、オランダから来た交流生の方にも声をおかけして日本酒をクイクイ。
DSC03267.jpg
これがオランダ仕込みのピザ釜。地元の造園業者の方のアドバイスもあり、ここの川原の石で基礎を作ってピザ釜に燻製機を。力作です。
DSC03290_20120523120031.jpg
いただいたイノシシの燻製に・・
DSC03259.jpg
ピザ。このお焦げが香ばしくてまた美味しい。さすが本場(なのか?)仕込み。
DSC03266.jpg

このオランダ人の方は日本語がうまくて酒飲み話もインターナショナルに盛り上がりました。
しかし、徳島の清流で思わずお知り合いになれた明るくフレンドリーな人々。ありがとうございました!

またぜひ訪れたい場所の一つになりました。キャンカー乗りの方も一度訪ねて見られると良かろうかと。繁忙期は道路まで車で一杯になるそうなのでそんな時期はサスガに無理でしょうが、空いている時期はキャンカー乗りに優しいお宿です。
title.jpg

続く。


AIRE トムキャットタンデム
AIRE トムキャットタンデム

川下りをするならAIREがオススメ。セルフベイラー(水抜き)がないと動く露天風呂になります。(愛艇のセビラーSK200DSはなぜか今シーズンはナチュラムで取扱いしていないようだ。コールマンのカタログには載ってるのにな。)



セビラー ユーコン
セビラー ユーコン

セビラーの売れ筋はコレなのでしょう。時々上陸して水抜けばホワイトウォーターでもいけると。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
今回はYクンが探してきた四国一の清流でダウンリバー。四国の中に、四国一や日本一や日本最後の清流と呼ばれる川が何本もあるのは不思議だが確かにこの穴吹川はキレイだった。

穴吹川は吉野川の支流だがキャンプができるポイントがいくつもある。まずは便利が良さそうな「ブルーヴィラあなぶき」に行って情報収集。

お風呂やロッジのある本館・・
DSC03188.jpg
・・の下にはバーベキュー棟・・
DSC03194.jpg
・・の下には駐車場と河原。
DSC03295_stitch.jpg

バーベキュー棟にいらっしゃた店員さんに確認すると「今日は空いてるので下の駐車場でP泊してもイイですよ~。オーニング出してテーブルイスもOK。」とのこと。カヌーをすると言うと、ここから上流の方が逆に水量が多く「白人の瀬」あたりから流れるといいとのこと。随分理解のある店員さんだな~とYクンと感心していたけど、実はこの方が「ブルーヴィラあなぶき」の社長さん。何とご自身もトレーラー引きで、自宅からここに通うのが大変なので、大きなトレーラーを買って近所の景色がイイトコロで設置して住んでいるらしい。そりゃキャンカーに理解があるワケだ。

というワケで今日のお宿も決まったのでYクンのハイエースで上流に移動。進水。

曇天なのでそんなに見えないが川底までクッキリスッキリ。
DSC03203.jpg
DSC03207.jpg
残念ながら水量はイマイチでザラ瀬がボチボチ。
DSC03222.jpg
ただ、この川は瀬を楽しむ川じゃなくてノンビリ泳ぎながら川遊びをするのが一番イイ。瀬を楽しむなら、本格派の吉野川に行けば良い。
DSC03213_20120522200346.jpg
今回流れたのはたった2.4km。最高速度4.2km/h。でも1時間もかかった。
___20120523114307.jpg


続く。


AIRE トムキャットタンデム
AIRE トムキャットタンデム

川下りをするならAIREがオススメ。セルフベイラー(水抜き)がないと動く露天風呂になります。(愛艇のセビラーSK200DSはなぜか今シーズンはナチュラムで取扱いしていないようだ。コールマンのカタログには載ってるのにな。)



セビラー ユーコン
セビラー ユーコン

セビラーの売れ筋はコレなのでしょう。時々上陸して水抜けばホワイトウォーターでもいけると。





にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
もともと部分日食の地域だったけど、さらに最大日食は雲で見えなかった。ただ人生最後ってのは何事も感動だ。
DSCF1135.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
最後の清流 四万十川、日本一の清流 仁淀川、四国一の清流 穴吹川・・清流はイロイロあるけれど本当にキレイだった穴吹川。イイ人との出会いも旅の愉しみ。詳細は後日。

DSC03213.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
サブバッテリーから12V取り出し用のシガーソケットを付けた。外部収納の中に納めようかと思ったけどドアの下がゴムになっていてコードに無理がかからないようなのでバッテリーケースにスイッチをつけてそこからコードを直出し。
DSC03172.jpg
DSC03173.jpg

今更・・ではあるのだけど単一10本も使うラジカセを使い始めたし、最近は外部電源を取れないキャンプ場も多いのでちょっと12Vが外で使えると何かと便利だ。

早速大飯食らいのラジカセの12Vコードも作成。外部ソケットを作ろうと思い立ったのはほとんどこれのおかげだ。
DSC02921.jpg
ところが・・このラジカセは3電源対応と謳っているのだけど、なんとビクターでは純正12Vシガーソケットは販売してないらしい。問い合わせたら、「極性統一プラグ #4」なので自分で作れ・・と。中国メーカーみたいですねと嫌味を言ってやったけどまあいい。アキバにネットで頼めばパーツは数十円(当然送料の方が高いけど)なのでハンダさえ億劫じゃなければ問題はない。
DSC03175.jpg

あと100均でも売っている下のようなシガーソケットの携帯充電系やUSB出力系のDC-DCステップダウンコンバータ使えば・・
___20120517154910.jpg

だいたい5V出力なので下のような電気ランタンも動かすことができそう。USB系の扇風機やその他イロイロも動かすことができる。もちろん100均のコンバータなんかでは変換ロスはあるだろうけど12V>100V>5Vよりロスは少ないはずだ。(しかし、ステップダウンコンバータを100円で売って元がとれるのだろうか)
DSC00843.jpg

調子に乗って使いすぎるとサブが持たないけど、インバーターで100Vを作るほどでもない(ロスもあるしね)、ましてEU16i回すほどでもない時にちょっと役立ちそうだ。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
3月の頭から懸案のDMM8万円ソーラーの件の続報。

これまでの経緯を書いておくと・・。

DMMsun.jpg

発電した電気を、DMMに8割、自分に2割・・で分ける代わりにDMMが8万円でソーラーを付けてくれるという仕組み。自分で使う電気が2割で収まらない場合(普通はそうだが)は足りない電気は20数円(その時の価格)で電力会社から買うことになる。まあ簡単に言うと8万円でソーラーがついて電気代が2割分安くなるということだ。

詳しくは問い合わせてみなければわからないってことでフリーダイヤルしてみた。

アレコレ話して早速送ってきたシュミレーションメールがコレ。


DMM.com エナジー事業でございます。
この度は、シミュレーションのお申し込みをいただきありがとうございます。

お客様からお預かりいたしました情報から仮シミュレーションを実施させていただきました結果、
当社の発電量規定に達しましたことをお知らせ致します。

【お客様のシミュレーション結果】
・年間発電見込み(お客様分・20%)              1,487kWh 
・太陽光発電時間帯の年間自家消費量(kWh)        1,499kWh 
・年間余剰電力数(kWh)                    -12kWh 

・太陽光発電でまかなえた電気代
                     1,499kwh × 24円 = 35,976円①

・ DMMに支払う電力代金(-)     
                   -12kwh × 24円 =-288円② 

・1年間でお得になった金額              ①+②= 35,688円③


・10年間の収支合計            
       35,688円③ × 10年 - 80000円(初期費用)= 276,880円


つきましては、現地調査(無料)にお伺いさせていただきたく存じますので、頂戴しております希望返信時間帯に現地調査の日程調整につきまして改めてご連絡させていただきます。
※可能であれば現地調査当日に過去1年分の「電気料金明細書」とご自宅の建築図ををご用意いただけますようお願い致します。
※現地調査の結果によりサービスの提供が困難な場合がございます。



京セラのシュミレーションで結構詳細にデータ入力して計算すると年間発電見込みは5,048kwhだったので20%のウチの取り分は1,009kwh。上のシュミレーションは1,487kWhなので何と50%過大な計算になっている。お得感を大きくしたいのだろうけど、まあそこまでコチラも期待していない。

・・とココマデは3月中の出来事だったのだけど、4月に入って混み合っているので詳細は後日電話しますという連絡が入って1カ月。ウンともスンとも言ってこなかったのだけど数日前に現地調査をしますと連絡があって16日にようやく現地調査が。

地元、松山の提携工務店さんが2人でやってきて屋根の方角・寸法やネット環境、パワコンの位置や屋根裏の写真を撮って帰った。

工務店さんの話しでは松山では現地調査は結構やっているが本工事はわずかですとのこと。ココからもまだまだ時間がかかるらしい。

ネットの記事を読んでみると、なんでも実地調査をしても、合格率が30%程度らしい。DMMとしてもソーラーが発電しないと損になるので慎重なのは当然だろう。言い換えればDMMの件関係ないにしても70%はソーラーをつけても厳しい家もあるということか。ふーん。

自前で付けることも考えたけど新築ならまだしもローンUPした家だ。DMMでも全体の節電には貢献できるので、審査が通れば前向きに考えてみようかと。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
クレソンのドア、ハッチ周りは白いコーキングが打ってある。

白いボディなので、まあそりゃ当たり前なのだけど、白なのでどうしても汚れる。洗車の時に拭いてもシリコン皮膜はそんなにキレイにならないし4年近く経つと薄いコーキング部分でブヨブヨになるところも出てきた。窓まわりは黒のコーキングなので汚れも目立たないので黒で自分がコーキングし直そうと思ったが、 お世話になっている業者の社長さんに相談すると「自分で良ければ行きますよ~」と。昔は現場でコーキングもやってたらしい。

■Before
IMG_0193.jpg
IMG_0196.jpg
まるっきりの素人考えで「1~2時間でできるので~」なんてお願いしたわけだけどトンデモナイ。前のコーキングを剥ぐだけでも大変な手間。5時間もかかってしまった。本当スミマセン。ありがとうございました。
IMG_0199_20120515191451.jpg

■After
コーキングが黒でスッキリ。しかし、自分でやるなんてトンデモナイ話しだった。 
IMG_0201.jpg
IMG_0202.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
母の日なので老父母と一緒に高島屋の四川飯店で夕食。

ここは陳建一の赤坂四川飯店の直営店。オープン当初、正直イマイチだったのだけど最近おいしくなってきていると思うのは私だけ?シェフが変わったんだと思う。この時期はビアホール的に3500円で10皿のオーダーバイキングをやっていて2時間飲み放題だ。とても10皿は食べられないし、どの料理も本格四川で美味しい。冷凍食品を温めたようなビアガーデンなんかより絶対にオススメ。
DSCF1122.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
子供が学校からもらってきた「目指せ国体選手、ジュニアセーリング教室」なんてチラシ。

歩いて5分の堀江海岸で愛媛県セーリング連盟が主催するらしい。子供もやる気なので午前中送って行って買い物でも行くかな・・などと行ってみると親の付き添いが必要らしい。10:00~15:00だ。親の弁当は用意してなかったので嫁はんに買ってきてもらって指導法を見させてもらうことに。
DSC03125.jpg
まずはロープワーク。
DSC03136.jpg
パドリングと舵取りを練習して・・
DSC03138.jpg
スクール生に乗せてもらって感覚をつかみ・・
DSC03141.jpg
シングルでセーリング。おお、タッキング出来てます。
DSC03153.jpg
DSC03159.jpg
DSC03160.jpg
なるほどセールはアビームで固定してラダー操作を指示すれば初心者でも行って帰るわけ。次のステップはセール操作とラダー操作の連携か。やっぱプロですね。

おべんとしてピクニック気分が味わえました。スクールの入会を誘われたのだけど毎日曜日のスクールは時間的に厳しいかな。またアクアミューズ持って行って遊びます。皆様ご指導ありがとうございました。
DSC03144.jpg
残念ながら今日は薄曇りだったけど、この時期になると堀江海岸の近くに住んでいるのもイイなと思うのです。
DSC03150.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m 


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
姫鶴平でYクンと合流。いつものYクンのコールマンスクリーンタープをチャチャと設営。景色がサイコーのフェンス沿いに陣取って、万一の強風に備えてタイダウンベルトをコンクリートの手すりに。もちろんペグはスノピのソリステ30を全てポイントに。
DSCF1037.jpg
IMG_0160.jpg
確かに絶景。山のテン場なら普通だろうけど車で登れる標高1500mの、こんなオートキャンプ場、そんなにないハズだ。無料だし。(笑)
DSCF1044_stitch.jpg
iPhoneのAR山。ここで標高1437m。天狗高原で1485mらしい。
karusuto.jpg

設営後は自転車で散策。
DSCF1041_20120507235207.jpg
県境をヒトマタギ。
DSCF1051.jpg
手を伸ばせばそこに牛。赤いTシャツでウロウロしていたら突進してきそうだ。(ウソ)
DSCF1055.jpg
DSCF1056.jpg
展望台から双眼鏡で。
DSCF1060.jpg
DSCF1070.jpg
日暮れはこれまた絶景だ。ご飯しながら眼下にこの景色なので言うことない。
IMG_0172_0_1_tonemapped.jpg
IMG_0144_2_3_tonemapped.jpg
日が暮れたらエライもんで牛も家路につくのです。仔牛を真ん中にして。
DSCF1093.jpg
ちょうどスーパームーン。地球までの距離40万キロが35万キロになっているらしい。
DSCF1083.jpg

・・・とここまでは順調だったのだけど、Yクンの風は夜には収まるでしょうという予報は大外れで、マスマスビュービューになってきた。風上のウォールがしなってオヤジコンビは互いの顔が見えない位だ。景色を優先して風の通り道に駐車してってものあるけどまあ結構な暴風。朝起きたら、歴戦のコールマン・スクリーンタープⅡが風力発電の風車に引っ掛かって回っていたら笑えないぞ・・なんて話しになってタープを撤収することに。
DSCF1107.jpg
遊牧民の我々は手慣れたもので強風の中、10分程度で撤収して二次会はYクンのハイエースで。Yクンのハイエースはクルージングキャビンというトヨタ純正のキャンカーでバンクベットをセットしても4人の大人が一杯やれるしバンクをのければ立てる。リアにはトイレ、キッチンなどの水まわりも。オーニングなんてビルトインだ。トヨタさん200系でも作ればイイのに。
DSCF1114.jpg

子供もオネムタイムになってくるので長時間お邪魔するワケにもいかず早めに切り上げて爆睡。ただ、草木も眠る丑三つ時にトレイに起きたらキャンカーがグラグラ揺れるほどの大風。ウトウトしてたらYクンから電話あって「ちょっと車動かそうか」。と言ってもここは高原。どこもそう変わったものじゃなく特小で連絡撮り合って「もう少しもう少し行ってみよ」と結局は西谷の道の駅(的な)駐車場まで降りてきた。(もちろん飲んでない奥さまの運転で。)
IMG_0188.jpg

子供は目を覚まして「ありゃ~これは~牧場は~牛は~」と悔しがったそうだけど親は安堵だ。山岳テントの方はどうもないだろうけど、ファミリーキャンパーも方も多かったしユックリ寝ることができなかっただろう。

小雨がちらついていたので許可をいただいてテーブルとイスを使わせていただいて朝食。売店の焼き餅も美味しかった!
IMG_0182.jpg

教訓。1000mを超えるようなお山では稜線近くでキャンプしない。(当たり前過ぎで苦笑)

Coleman(コールマン) スクリーンキャノピータープII
Coleman(コールマン) スクリーンキャノピータープII

歴戦のYクンのタープ。2mの積雪も10mを超える風も柳に風と受け流す柔構造。(グラスポールを四隅の鉄ポールで持ち上げているだけなのでしなる)ポールも6本なので設営もあっという間だ。下手な上級タープよりオススメ。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
GWの第2弾キャンプは四国カルストだ。

四国カルスト(しこくカルスト)は、愛媛県と高知県との県境にある標高が約1,400m、東西に約25kmに広がるカルスト台地である。日本三大カルスト(四国カルスト、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台)のひとつで、その中でも最も高い標高からは石鎚山などの周辺の山々が一望できる。乳牛の放牧地帯としても有名で、多くの牛が放牧され、カルスト特有の風景をさらに牧歌的にし、多くの人々が訪れる観光地となっており、愛媛県では1964年(昭和39年)3月21日に四国カルスト県立自然公園として指定された。・・とウィキ。

嫁はんの実家から近いので帰省帰りに一泊して帰ろうと思っていたのだけどYクンも付き合ってくれることになっていつものコンビで。

檮原の「雲の上のホテル」で昼食を済まして津野からカルストへ。「雲の上のホテル」は高名な建築家、隈研吾氏の作品で、温泉や温水プールも併設されている。実家に帰省したらここのプールで貸し切り状態で泳ぐのを楽しみにしていたりする。一度泊まったら、雲ならぬ朝霧がホテルの下の谷に広がりまさに「雲の上のホテル」だった。道の駅でもあるのでキャンカーのP泊地としてもオススメ。
DSCF1001.jpg
坂本龍馬脱藩の道なるものもあってGW中は水車小屋で抹茶がいただけたり。
DSCF0997.jpg
DSCF0993.jpg
津野からクネクネ登るとそこは別世界の四国カルスト。
※クリックで全景
DSCF1012.jpg
※クリックで全景
DSCF1021.jpg
DSCF1017.jpg
DSCF1019.jpg
DSCF1022.jpg
DSCF1028.jpg
姫鶴平でYクンと合流してキャンプ設営したのだけどココからが大変だったのです。つづく。

Coleman(コールマン) スクリーンキャノピータープII
Coleman(コールマン) スクリーンキャノピータープII

歴戦のYクンのタープ。今回もこれで命を救われたぞ。(大げさ)




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
加田キャンプ場は嬉しいことに無料の町営キャンプ場。タダの川原だけど木陰も多くあって何せ仁淀川を見ながら酒が飲めるというサイコーのロケーションだ。キレイなトイレと水場もある。ただキャンカーはスタックの問題はあるので2駆の方は入り口近くで・・。食事中2台のスタックを救助した。
※クリックで全景
IMG_0073_stitch.jpg
※クリックで全景
IMG_0066_stitch.jpg
水場にトイレ。
IMG_0106.jpg
本日のサイトはこんな感じ。
IMG_0058.jpg
ウェーバーでお肉ヤキヤキ。
DSC03074.jpg
星に川にほろ酔い。気持ちいい。
IMG_0063.jpg
気持ちのイイ朝。
IMG_0110.jpg
朝、グルリと散歩してみるとナカナカ猛者の方もいらっしゃるもんで五右衛門風呂を持ち込んで風呂を沸かしている。スゴイ。ホントに風呂入ったのかな。すぐそこに温泉もあるのに。
IMG_0100.jpg
翌日は朝食をチャッチャと済ませて、このキャンプ場の前で水遊び。
DSC03090.jpg
DSC03096.jpg
5月だし川の水は冷たいけどそんな事は子供には関係ない。
DSC03108.jpg
加田キャンプ場の前の緑のトンネル。通称釧路川というらしい。なんで釧路なんだろう。水質もすばらしく水遊びには最適。
DSC03114.jpg
DSC03116.jpg
遊び疲れてスイカ食って。
DSC03119.jpg
お昼は須崎で鍋焼きラーメン。熱々、ちくわ、卵、漬け物ってのが須崎流らしい。
DSC03123.jpg

後でGoogleMapで見たら仁淀ツーリングは11km程度のパドリングだったようだ。2~3日は体が痛かった。トレーニングしなくちゃね。

AIRE トムキャットタンデム
AIRE トムキャットタンデム

川下りをするならAIREがオススメ。セルフベイラー(水抜き)がないと動く露天風呂になります。(愛艇のセビラーSK200DSはなぜか今シーズンはナチュラムで取扱いしていないようだ。コールマンのカタログには載ってるのにな。)



セビラー ユーコン
セビラー ユーコン

セビラーの売れ筋はコレなのでしょう。時々上陸して水抜けばホワイトウォーターでもいけると。






にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
先日、NHKでも紹介されていた日本一の清流「仁淀川」。もちろん高知県には有名な四万十川もあるが近年透明度では仁淀川に譲るらしい。仁淀カヌーと言えば、いつもは、宮ノ前から鎌井田までなのだが、コマ(いやカヌー)を先に進めようと。

初日は夕方初の夜間着なので慣れた宮ノ前キャンプ場で一泊。いい気候だったのでテーブル一つ出して外で一杯やったのだけど川の音を聞きながら貸切(無料だけど)でゆったり。何があるわけではないけど松山・高知間を33号で移動するキャンカーには持って来いのキャンプ場です。
IMG_0046.jpg

翌日は早朝から買い出しとキャンプ設営のためにスタート。まずは「ひろき食堂」でおでんと聞込み。愛想のいいおばちゃんに川の状況を聞きつつ昨日の売れ残りの「たこ焼き」をごちそうになる。ありがと~おばちゃん。
DSC03025.jpg
DSC03027.jpg

本日の宿は、加田キャンプ場。チャッチャとタープの設営をしてYくんのハイエース1台にまとまって伊野町で買い出し&昼食。なんでも高知のスーパー、サニーマート発祥の地らしい。昼食はスーパー横の物産市場的なところで赤牛カレーだ。
DSC03046.jpg

ダッシュで「ひろき食堂」の上流に戻りカヌーをインフレートしてスタート。
DSC03050.jpg
DSC03052.jpg
雨の影響でサイコーの透明度まではいかないが川底が見える。
DSC03053.jpg
スタートしてすぐに出来地の瀬。仁淀一という瀬だが位置を間違えてて下見なしに突入。抜けた後にこれが出来地じゃんと気づくアフォオヤジコンビ。途中までは、フフン大したことないぜ・・と余裕だったが瀬の中程でガクンを落ち込みがあって危うく放り出されそうに。おまけに慌ててインフレートして冷たい川水に入ったものだからエア圧が少なくなって船のコントロールが大変。大失敗。この時期はポンプを積んどかないとね。残念ながら抜き打ちでやってきた、出来地の瀬は写真もビデオもなしだ。子供も大興奮で、その日は出来地クンの話題で持ちきり。

後は原則ゆったりの仁淀川。景色を楽しみつつ時々の瀬も問題なくクリアして2時間ちょいパドリングして到着した本日のゴール、道の駅・土佐和紙工芸村。嫁はんは時間つぶしのために手漉き和紙でウチワを作ってた。
DSC03034.jpg
奥に棟が続く結構オサレな建物で車中泊のバンコンも数台。
DSC03037.jpg
風呂に入って冷えた体と痙った上半身を解凍。
DSC03068.jpg

さあ加田キャンプ場に帰って宴会だ。つづく。

AIRE トムキャットタンデム
AIRE トムキャットタンデム

川下りをするならAIREがオススメ。セルフベイラー(水抜き)がないと動く露天風呂になります。(愛艇のセビラーSK200DSはなぜか今シーズンはナチュラムで取扱いしていないようだ。コールマンのカタログには載ってるのにな。)



セビラー ユーコン
セビラー ユーコン

セビラーの売れ筋はコレなのでしょう。時々上陸して水抜けばホワイトウォーターでもいけると。




にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
長いようであっという間のGW。帰宅して片付けしてマッサージチェアに座っていたら寝てしまった。詳細は後日に。
IMG_0046.jpg

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
連休後半は四国カルスト。雲の上のホテルでランチ。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ひさびさのデュエットです。松山の名店(なのか)。GWのせいなの待ち30分。美味いというか懐かしい。


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」