介護車両のようなハイエース。

ちょいと差別化のために銀のサイドガーニッシュを入れた。完全なジコマン。子供かっ?!
DSC06293.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
収納力アップのために棚をつけた。

たかが棚、されど棚。シンプルなデザインのもので内装に違和感がないものはそんなに多くない。結局アレコレ悩んだ上でステンの突っ張り棚を注文。実は高さが長すぎるのでパイプカッターで切断して取り付けますた。
DSC06285.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
フィアマのキャリーバイクPROの取付開始。

この製品は普通、キャブコンの背面に穴を開けて・・・
images_20140424221418fe8.jpg
・・・こんな風に取り付ける製品だ。

ハイエースにも・・・
RA291_01.jpg
・・・穴さえ開けるのを厭わなければ取付可能だけど自分は先輩諸兄のようにラダーにつけるようにする。

40×20の2mm厚アルミ角材を買ってきて680mmに切って穴あけ。近くのホームセンターにはこのサイズしかなかったのだ。夜アウトドア部屋で作業したので金くずが大変。ええ・・ちゃんと掃除しました。上側のステーは自作したけど下側のステーは純正のものを流用だ。
DSC06309_20140426215715e3c.jpg
結構ジャストフィットにつきました。純正バックモニターとも干渉なしだ。(ラダーパイプは視野に入るけどね)
DSC06312.jpg
最初は強度を考えてステン角材にしようと思っていたが下部の純正ステー、そして何よりキャリアのパイプ本体がアルミなので問題なかろう。一応、ネットの強度計算サイトあたりでデーター入れてみたけどOKそう。ぶら下がってもびくともしなかったので大丈夫だろう。ボルトはステンでWナットにはしておいた。
DSC06311.jpg

次はGWのキャンプから帰ってきたらゴミトンでも細工しよう。完全なオモチャ状態だ。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターも納車1カ月。

現状では遠出も150km程度。このGWに九州の方にキャンプに行く予定なので少し走り込めるかな・・。
DSC02998.jpg

自動車評論家の国沢光宏先生のブログを見ているとこんな記述があった。

"ハイエースのマイナーモデルに乗って驚いた! 乗り心地が劇的に向上してる! これならそのまんま乗っても文句無し。アルファードやエスティマ、ノアより快適なのだ。トヨタどうしちゃったんだろ?"

・・・と結構な高評価。ミニバンより快適とはちょっと高評価過ぎると思うが確かに乗り心地はいいと思う。そりゃ車高が低い自家用車のファーストカーの方がスイスイいけそうだけど、荷物をたくさん積めてワイワイいけるので4~5時間で行ける距離ならハイエースを使ってもいいかなと思う。ザックスのショックを使っているNV350はどうなんだろう。

エラソーに書いてるけど、実はワタクシ、3型以前もNV350も乗ったことがないので比較の知識も経験もない。バンコンをお考えの方は「走行性能」こそが大きな魅力。キャンカーの試乗はナカナカできないけど、トヨタ、日産のディラーに行けばベース車の試乗はできる。一度試乗をおススメしたい。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターでは自転車を3台積んでポタリングしようと思っている。

ヒッチメンバーをつけて・・・
thule-p_060.jpg
・・・こんな風にしようと思っていたのだけど、駐車場の後ろにチャリ簡易倉庫をつけてしまい車庫入れ前にバイクキャリーをのけないと全長が若干ショートしそう。できれば常設したいのだけど・・。またナンバー位置のリアモニターも潰れてしまうことになる。

シャーないのでリアハッチ取付タイプのバイクキャリアを探してみるとMrキャリーという製品・・・
mount_img_001.jpg
・・・があるのだけど汎用性をKeepするためかストラップ固定式だ。当然ストラップの劣化はあるだろうから常設は無理だ。

フィアマからリアハッチ取付のバイクキャリアが以前は出ていた(友人のYクンがこのタイプ)のだけれど今はない。

困ったときの諸先輩頼みでブログをROMさせていただくと、リアラダーに、フィアマのキャリーバイクPRO・・・
images_20140424221418fe8.jpg
・・・を、うまくつけていらっしゃる方がいた。キャリーバイクPROはキャブコンのリア面に取り付けるバイクキャリアだ。ハイエースでもリアハッチに穴あけして(補強も必要だろうが)取付することもできるみたいだが、なるほどラダーに噛ますのが一番簡単そうだ。

で、取付ました。アイバワークスのリアラダー。サスガ日本製。しっかりしてる。ボルトオンなので車検も問題なさそう。
DSC06308.jpg

さあキャリーバイクPROの取付だ。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ランタンと言えば定番は化石燃料系。

でもガスにしてもガソリンにしても化石燃料を焚いているという後ろめたさもあるし、コストもバカにならない。で、LEDもジェントスのEX-777Pを2台持っていてLEDだけで過ごすこともあるがやっぱ暗い。Yクンが焚くコールマンのWGランタンは雰囲気もあるし、やっぱぱっと明るいわけだ。

そんな中でジェントスが新シリーズのLEDランタンを発売。この013は暖色LED×6灯+白色LED×6灯のチップが載っていて明るさ約530ルーメンと777の280ルーメンの約2倍だ。777は大きなテントでは役不足でサブのテーブルランタンの役割だが013はメインとして使えるかも・・だ。
DSC06307.jpg

ちょっと面白いのが暖色LED、白色LEDあって個別に点灯することもできるし両方点灯することもできる。そうなると昼光色(ちょっと黄味かかった白色)になって面白い。こんな感じだ。


GWでは013と777でエレクトリカルキャンプで過ごしてみようかと。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
前車のキャブコンもマックスファンはつけていたのだが・・。

今回のファイブスターは、自分の寝床になる2段ベットの数十センチ離れたトコロにマックスファンが。寒気も来るし結構環境音が聞こえて気になる。そりゃ数十センチの大穴が天井に空いてて外界とは薄いプラだけになっているワケだから仕方ない。

調べてみるとシェードの専用品もあるようだが、マジックテープで貼るだけなら自分でも作れそうだ。
roofvent2.jpg

余りのサンシェードをはさみで切ってマジックテープで貼ろうとも思ったけど網戸を外して入れた。折り目のついてないシェードを使えばもっとキレイに収まりそうだ。
DSC06288.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターの室内照明は、丸型LED、クアドラの蛍光灯、卵型のドームライト2つ。あとは、ハイエースの室内球の移植だ。

今だに白熱球が幅を利かせている。特にこの定番の卵型ライトは大喰らいなのでLED照明へ。
DSC06225.jpg
BA15Sは2個で2000円弱のちょっと強力版へ。卵型ライトのデカい方と交換。
DSC06265.jpg
あとT10 (ウェッジ球)は500円弱の8チップLEDを6個購入。2個は卵型ライトのミニ球と交換、4個は4カ所あるドア連動のルームランプへ。もっとギンギラ版もあったがドア連動のルームランプは、メインバッテリー使用なのでドア開けたまま、つきっぱでも負担のないものにした。十分の明るさだ。
DSC06226.jpg
DSC06227.jpg
DSC06229.jpg
で、ガッツリ明るくなった。ドームライトのミニの方は白熱球色でもよかったかな。まあ明るいに越したことなし。
DSC06268.jpg

中華LEDはオーバードライブしていて明るさ稼いでいるケースも多いけどまあいいだろう。安いし、そんなに長時間使わないしね。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターにトヨトミのエアコンを積んでいる。

岡モさんとレクビィさんに無理言って排気穴を開けてもらったのだけど、なんせ文字通り穴があているだけなので虫も入ってきそうだし雨もしぶきそう。

でガラリをかってきた。
DSC06235.jpg
ウスウスわかっていたけれどもぐってみると縦フレームがあってガラリが付かない。ガーン。
DSC06216.jpg
しゃーないのでゴムシートかってきて
DSC06258.jpg
プラふたの後ろに貼り付け。せめて気密性を高めることにする。コーキングが切れて床の構造合板や断熱材がみえていたところがあったのでそこは入念にコーキング。
DSC06259.jpg
しかし、このエアコン用ダクト穴。例えば12Vや100Vの電気を延長コードで外のタープに延長する時に使えそう。プラガラリを買ってきて切って付けようかと思ったが、変に障害物ないほうが便利そう。まあしばらくこれでいこう。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
前回取り上げたエンジンのバルクヘッドカバー。フロント用も届いたのでちゃんとセッティングしてみた。

どうせやるなら吸音フェルトもいれようと近くのホームセンターに行ってみたが、エーモンの静音計画という製品しかない。結構割高なので百均でそれらしき部材を買い込んで作業スタート。

銀マットにコットンを入れて即席の吸音材を作成。
DSC03010_20140418142537e5a.jpg
後部のバルクヘッドに入れ込む。コットンが思いのほか余ったので追加で入れて
DSC03009_2014041814253649a.jpg
パンパンに膨らんだ。
DSC03017_20140418142551935.jpg
センターコンソールの下も綿入れて
DSC03012_20140418142538b6b.jpg
フロントのバルクヘッドカバーも綿入れつつ装着。
DSC03016_20140418142541fec.jpg
音を測ってみると44~46db。確かに効果はあったような気がするが、全然じゃんと言われたらいやなのであくまで個人的見解です。
DSC03014_201404181425395b4.jpg
で、つっこんだのはハムスターの寝床(爆笑)10袋で1000円分。綿100%なので大丈夫と思うが耐火性とかは全くわからないので個人責任ということで。
DSC03018_20140418142552104.jpg

以前レクサスのインパネをばらしたことがあったけど、ここにも!というぐらい吸音材が入っていた。でも、1000円のコストが自動車メーカーにとっては何千マンにも何オクにもなったりするんだろうから必要最低限・・ましてや商用車なんて我慢の最低限しかコストはかかってないのだろう。

しかし、キャンカーいじりもまさにプラモデル状態だ。嫁はんは呆れている。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
一泊のキャンプで気になったハイエースのエンジン音と熱。

いや正確には、エンジン音はカムロードよりはるかに低いので我慢できるのだけどもっと気になったのがエンジンの隔壁からの熱気。肌寒い前回のキャンプでは温かいね~と足おいて湯たんぽ替わりに使ったりしたけど夏は深刻な問題になりそう。

カムロードベースのクレソンではそんなに気にならなかったのだけど、よく考えるとこの隔壁部分には構造合板で壁がつくられていたし、運転席とキャビンの間は一枚の遮光カーテンでかなりきちんと分離されていたような。今回のハイエースではカーテンしても下部はバルクヘッドむき出しになっているので特にそう感じたのだろう。
IMG_0212.jpg
DSC06297.jpg
ネットを見ているとこのような合皮のバルクヘッドカバーがあったので注文してみた。表面はPVCの合皮だけど裏にスポンジがあってマズマズの効果がありそう。
DSC06304.jpg
参考程度にエンジン音の変化があるかiPhoneのアプリで音量を測ってみた。もちろんなんちゃって精度だろうけど、装着前のアイドリング騒音が平均値46~48dbの間をウロウロ。
DSC06296.jpg
装着後は45~47db。データはねつ造してないし写真もパッと撮っただけなんだけど、実際ここまでの差があるかどうかは自分でも半信半疑。エンジン稼働直後のアイドリングアップが落ち着くまで待ったつもりだけど、まだエンジンが温まり切ってなくカバー設置後にアイドルが若干落ちたのかもしれない。近所の外壁塗り直しの工事が始まって雑音が出てきたので実験は終了。
DSC06301.jpg
音色は気持ちのせいかマイルドになった感じはする。自分的には価値ありと思い運転席のフロント隔壁用の製品も注文した。当初の目的の遮熱には効果がありそうだ。

本格的にいくには遮音シートや遮音材を突っ込む方が効果的と思いますので念のため。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターには実はサイドオーニングはつけなかった。

家の車庫が柱の関係でオーニングを伸ばすことができず雨のあとのオーニング乾燥ができないのが大きな理由なんだけど、オーニングは実はあんまり日よけにならないし、風に弱いし、冬は寒いし・・いらないかな・・と。

ただバンコンの場合、オーニングの有無が、キャンカーか介護車両かの境目になることも多く、見た目や雰囲気の点でやっぱないとね・・という意見はその通りだと思う。

まあ今回は、ほとんど使っていないスノピのペンタシールドがあるのでこれをカーサイドタープで使うことにする。ルーフレールに固定するキャプテンスタッグの金具を買ってきてポンタをひっかけてみる。これで十分なような気がするけどね。
DSC06283.jpg
ランタンひっかけたりすることもできそうで。
DSC06282.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターで初宿泊出動。

・・と言っても子供の塾があったりするので土曜日の夕方出発で日曜日の午前中帰宅という強行軍。アンマリ遠くにはいけないので高知県の中津渓谷へ。まずはゆの森で入浴。ほぼ貸切でノンビリ。
DSC02988_201404132325509a7.jpg
DSC02990_201404132325524e9.jpg
お隣の夢の森キャンプ場で一泊。残念ながらザーザー雨で室内で過ごす。ダイネットで親子三人横に並んでHuluの漫才と悪夢ちゃんっていうTVドラマを数話鑑賞。寒くなったのでFF焚いてビール飲みつつべしゃくりだ。TVもラジオもうまく受信できなかったけど、DOCOMOの電波はちゃんと来てて、Huluや動画サイトで十分楽しめた。
IMG_0212.jpg
後ろ半分のベットルーム。一応ダイニングとベットルームが分離できるので楽だ。
IMG_0214.jpg
翌日も雨だ。朝はネットラジオ聞きながらサンドイッチをほおばりつつ帰り支度。遊歩道を歩いて仁淀ブルーを堪能したかったが仕方なし。目的地をSCに変更して食事して帰宅だ。
DSC02998.jpg
DSC02996_20140413232554ef1.jpg
DSC03003.jpg
DSC03007.jpg

雨で一歩も外に出れなかった一晩だったけど嫁はん曰く「十分じゃない?」そりゃバンコンのクレソンと比べれば室内スペースは雲泥の差だけどせまいながらも楽しく過ごせましたよ。

それにトラックベースのキャブコンとは走行性能は相当差がある。楽だ。自分はアルファードに乗っていたし、仕事でもエスティマで出張に行ったりする。ハイエースが勝っているとは決して言わないが西日本ならこの車で行ってもいいと思えた。

でも一泊してみると何点か見えてきた要改造の箇所。もうちょっと楽しめそうだ。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
停車中でもオーディオが楽しめるようにサブバッテリーから電源をとることにする。

映画やTVみたりするときもBluetoothでオーディオに飛ばしてきけばチープなタブレットのスピーカーで鑑賞しなくてすむからだ。今まではBoseのSoundlinkを使っていたがひと手間省けるはずだ。オーディオのコントロールも後部席からリモコン使って自由自在だ。

アレコレ問題がおこってもイヤなので独自にサブから直接配線をとる。うまい具合にカーテンの裾を入れるスペースがあるのでうまく配線も隠れそうだ。一応スイッチとヒューズをつけた。ついでに1000Wのインバーターを動かせるようにサブバッテリーの隔壁にも穴をあけた。これでいつでも100Vも使える。
DSC06284.jpg
サイドシル経由でインパネへ。3回目のバラシなのでこの車種に関してはセミプロだよ。
DSC06279.jpg
切り替えはインパネ下に。空きスイッチのダミーパネルを穴あけてスイッチ入れようかと思ったが、最近のダミーパネルはコネクターの受けレールがあってヤスリで削るのが面倒だしプラ板買うより既成のスイッチ台の方が安かったのでこうした。OFFでメインバッテリー使用、ONでサブバッテリー使用だ。
DSC06287.jpg
電流測ってみると1.8A弱。もちろん12Vなので21W・・たぶんこのうちの5Wは空に近いタブレットの充電に使われているのだろう。まあなんにせよ日に2~3時間つかっても気にするような消費電力でもあるまい。
DSC06280.jpg
早速視聴。モンダイナッシングだ。まあ、ベース車がカムロードの時はオーディオにこだわる気が起らなかったけどハイエースベースだとちょっとやる気になったりするものです。
DSC06286.jpg

余談だけど、3Dプリンターがあれば今回のスイッチパネルとかワンオフで作ることができる。3Dソフトの勉強は必要だけど大した問題でもないだろう。3Dプリンター導入するキャンカー屋さんが出てくると面白いキャンカーができそうですね。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ようやく運転席後ろから出てきたリアスピーカーの配線。

残念ながら極性がわからない。
DSC06269.jpg
リアスピーカー外して・・(このスピーカーはパンチングメタルの部分を除けるらしい)
DSC06273.jpg
テスターでプラス確認。リアスピーカーはTS-G1030というパイオニアのチープな10cmフルレンジ。奥行きが65mm程度あるので探せばもう少し大口径でもいけそうだが・・。
DSC06274.jpg
配線は熱を持ちそうなエンジンまわりをさけてサイドシルを通す・・
DSC06278.jpg

まあ、何とか完成。ナビは当初の計画通りSONYのXPEDIAタブレットで。タブレットの電源はオーディオユニットから、音はBluetoothメインユニットから。Bluetooth接続先は3台まで可能なのでiPhoneやiPadも接続可能。前ではナビ、後ろではiPadで子供がHuluの映画を見るなんてこともできる。もちろん電話もハンズフリーでOKだ。CDだのDVDだのHDDだのないノンスピンドルなので安いし、XPEDIAタブレットはiijのSIMを入れててDOCOMO回線利用できるしTVもワンセグ・フルセグ対応なのでナビだけじゃなく情報収集やエンタメに結構万能だ。まあSONYのタブレットが5年持つかどうかまた別の話。

DSC06263.jpg

セカンドシートで映画見ながらメインユニットから音出すと結構快適なので、停車中も見ることができるように、メインユニットの電源を切り替えつけてメイン・サブバッテリーの二電源化していこう。インパネ3回目のばらしになるけどアレコレやるのが楽しいのよね。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターのオーディオ取付。ハイエース200系4型の方の参考になるかもしれないのでレポ。

これが完成図。結構難儀した。ナビはつけずにパイオニア カロッツェリア Bluetooth/USB/チューナーメインユニット MVH-590 に SONY のタブレットXPERIA SO-03E を車載専用としてナビ替わりにしようと算段。
DSC06263.jpg

実質取り付けるのは1DINの俗にいうステレオだけなのでメーカー別の取付キットを使えば30分程度の作業のはず。で、取付開始。

助手席側のデフロスターを引き抜き・・
DSC06231.jpg
インパネ引き抜けば・・
DSC06232.jpg
かんたんにDINパネルにアクセス。
DSC06237.jpg
10PINと6PINのコネクターキットにつないで、ついてにアクセサリー電源からレーダーとETC用のプラスもとって仮つなぎ。

・・でもね、電源が入らない。なんで~。テスターで電圧を確認してみるのだが常時電源に電気が来てない。助手席のヒューズを確認してみるがどのヒューズも切れてない。岡モータースに電話して担当のTさんに泣きついたら、どうやらAUDIOのヒューズはエンジンルームにあるらしい。確認するとやはり切れてた・・。しかし、キットつないだだけなのに・・どこでヘマしたのか。情けない。

あとアンテナ線がない。以前のハイエースはアンテナ線がテープでラックに止まっていたらしいが、新しいトヨタ車はアンテナ線の形状が変わっていてアンテナ変換コード(3P)が必要らしい。ハイエースの4型の方はオートバックスあたりの店員もフォローできてないようなので、アンテナ変換コードを要チェックだ。エーモン 2451 オーディオ・ナビゲーション取付キット (トヨタ・スバル車用) 2451・・ご自分でつけるかたは、これらあたりを頼みましょう。
DSC06236.jpg
ようやく翌日に組み上げたのだけど・・なんとレクビィさんのOPで取り付けたリアスピーカーから音がでない。再度ばらして6Pソケットのリアスピーカー端子をテスターで確認すると繋がってない。またまた岡モのTさんに電話すると、純正リアスピーカーではなくレクビィのOPスピーカーなので6Pコネクターじゃなくて、Aピラーか、センターインパネ部分に配線が来てるはず・・という話で、Aピラーを外してインパネ総ばらしして確認するのだが・・ない。

子供は、もうイイじゃんなどと言うが、「いいか父さんはな、おまえと違って、できるまで諦めないんだ~」などと言った手前、数日後に再トライ。

どこさがしてもないので、岡モに連絡してレクビィさんに確認してもらうと、なんと運転席後ろのカーペット下に配線が来てるらしい。うそ~ん。全然違うじゃん。
DSC06269.jpg

あるのはあったけれど、一本は赤黒コードで(たぶん赤が+なんだろうけど)、もう一本は純白のコード。どちらが+か-かわからない(爆笑)キャンカー屋さんはスピーカーの位相なんてあまり気にしないようだ。10cmの高級とは言えないフルレンジスピーカーなんでいいっちゃいいのだが、ここまで来たら完璧にやりたいのが人情。仕方なしに後部スピーカーを開けてみることにするが、スピーカーネットの外し方がわからない。

なんだか、RPGゲームをやっている気分になってきた。数々のトラップをクリアしていかないとミッションはコンプリートできないのだ。

長くなったので続く。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターは、せまいファーストカーの代わりにユーティリティーカーとして普段使いをバンバンしていこうと思っている。

なのでセカンドシートまでは靴のまま乗車。ハイエースワイド用のフロアカーペットを買ったらリア用もついていたのでそのまま流用だ。ちなみにフロントシートのバックレストについている前に倒せばイスになるマットだが、座面がちょうとオットマンになってセカンドシートは気持ちいい。
IMG_0187.jpg
それより後ろのベットスペースは土禁にしようかと。ベットスペースのマットは寒々しい(実際寒い)ビニールカーペットなのでタイルカーペットを貼ることに。
DSC06252.jpg
せまいバンコンなのでわずかカーペット6枚で完成。素人細工としては上出来の仕上がりだ。
DSC06254.jpg

プラモデルと一緒でなんだかんだやってるうちが楽しいのよね。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
前車のキャブコン ネオクレソンから荷物を下ろしてビックリ。ワンルームの学生の引っ越しくらいの荷物が出てきた。

キャブコンにバースト問題が多いのもうなずける。結局、積めてしまうので、あれもこれもあった方がいいよな・・と重複するようなキャンプ道具が増殖してしまうのだ。

現車のバンコン ファイブスターで、まず困ったのが、このキャンプ道具のパッキング。

物理的に無理・・と匙を投げかけて、ネットで検索するとGoodな商品が・・
tcb002.jpg
なんとこのボックスはアルミパネルをばらしてテーブル2個になるという自分的に大好きなギミック付だ。

ところがこれでは、自転車をどこに積むのかという話になって、知り合いに特製でアルミパネルのキャリーボックスを作ってもらって、その上にバイクキャリーを設置しようかと。開閉ハッチを後側面につければバイクを積んだままでも荷物の出し下ろしができるはずだ。見積もりを聞くと安価にお付き合い価格でやってもらえるという話だったのだけど、ここで断捨離しないと普段使いができるキャンカーというコンセプトが崩れてしまう。

ヒッチキャリアの件は心の奥にしまい込んで・・まず荷物を積んでみることにする。

後部ハッチ・・
IMG_0195.jpg
・・にテーブルとイスに調理用具にペグ類。イスはハイバックの収束は収まらないので夏用を積み込む。
DSC06248_201404071448341f4.jpg
室内では・・
IMG_0190.jpg

ベット下にタープに食器に予備テーブル。TWINバッテリー+1000Wのインバーターにエアコンのダクトでパンパン。
DSC06245.jpg
上部の棚は薄くてあまり入らない。
DSC06223.jpg
キッチン下も給水タンクと排水タンクが鎮座していて何も入らないので排水タンクを撤去して物入れに。
DSC06222.jpg
もちろん排水タンクなしでは困るので百均で一番大きなタッパー的なものをかってきてグレータンクにした。タッパーかと思いきや米びつらしく水が漏れるのでコーキングした(笑)10Lだが、顔洗うだけなので問題ない。リアシンクのグレータンクは小さいけれど車外に排出コック付であるので頼んで一緒にしてもらえばよかったな。
DSC06220.jpg
どうしても入らなかった灯火類とタープ類を折り畳みコンテナでセカンドシート後ろに。
DSC06249.jpg

結局半分位は積み残したワケだけど、それが正常だ。一年で一度しか使わないものはその都度積むべきなのだ。

Yクンがバンコンの収納の秘訣は、収納する場所を見つけるのではなく作り出すのだ・・と言っていたがけだし名言だ。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
Yクンの団地のお花見にお邪魔。

ファイブスターの初出動だ。日帰りだけど。

今年は週末の天気が悪く花見のタイミングが悪かった。
DSC02981.jpg
DSC02982.jpg
DSC02986.jpg
DSC02975.jpg
DSC02970.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ハイエースの4型に乗っているが3型後期からフォグランプはこんな形状になったらしい。
IMG_0184.jpg
DSC06240.jpg

PSX26Wソケットという新しい規格らしいが、なぜか光量は落ちたそう。まことにポジション球程度なのでLED球をポチ。
CREEで50W相当と銘打った、たどたどしい日本語の説明でも結構しっかりしていそうな2個3000円程度の球を楽天で購入。実消費電力は8.4Wらしいので本当にCREE50W相当なら配光特性が偏ったものかもしれない。
DSC06238.jpg

裏から覗けばフツーにソケット交換できる。運転席側は手が入りにくいが何とかいける。
DSC06239.jpg
ポンつけで5分で完了。
DSC06241.jpg
まことに明るい。これは買って良かった。ただし耐久性は不明。放熱考えてアルミボディにしてたりするのでちょっと大丈夫でしょう。(たぶん)
DSC06243.jpg

街のオートショップで買うと目が飛び出るほどの値段だけど、楽天やアマゾンで探すと中華LEDがお値打ち価格だ。室内球も今更ながらの白熱球なので総交換しよう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
年度末・年度初めで結構バタバタ。ようやく時間が取れたのでファイブスターのファーストインプレッションなど。

ベース車は200系ハイエースの4型。モデルチェンジ前の最後期型だ。走行性能は不満なし。(特に期待もしてないしねW)ヘッドライトがLEDになっている。面白いのが、夜間壁に映ったLED光束のエッジに色収差が出ている事。レクサスやBMWでは見たことないのでライトのレンズの性能がイマイチなのかな。下のフォグランプはポジション球程度の明るさなのでLED球を発注した。
IMG_0184.jpg
バンコンの中で特にこの車を選んだ最大の理由がココ。5人がきちんと前向きで乗れること。セカンドシートもFASPシート特有の平板なものではなくて成型されていて3人がゆっくり乗ることができる。バックレストも肩以上あってココから前はフツーの車だ。運転席、助手席は前に倒せばシートになって一応5人がテーブルを囲むことができる。
IMG_0187.jpg
後部はベットスペース。通路に予備マットをひけば下に子供と奥さん、上に自分が寝ることができる。2段ベットをセットしているが下に降ろせば横向きベンチシートになる。うまく使えばダイニングを崩さずに寝ることができるかもしれない。
IMG_0190.jpg
これは完全な私感なんだけど、カーテンのプリーツがそう感じさせるのか、内装がファミリーレストランっぽい。でも、近所のファミレスでいつも言ってることだけど変に尖がってない方がリラックスできるかもだ。ファイブスターラグゼという新モデルの方がモダンなんだけどなぜか荷室が狭くなっていて断念。
IMG_0194_201404032247308ac.jpg
これも大きなポイントのトイレルームと荷室。
IMG_0195.jpg
実用足りえるか心配だったトイレ ルーム。一応立って写真撮ったんだけどミニマムなれど何とか使えそう。
IMG_0191.jpg
で、TOYOTOMIのエアコン。今の気候だと問題ない効きだけど真夏までわからない。でも昼間は自分の場合、走行しているので車のエアコン使えばいいんで、十分実用足りえると思う。(たぶん)
IMG_0186.jpg

何といってもバンコンは、ドアを開ければランプはつくし、リモコンで全ドアロックだ。素晴らしい。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
面白い。二度見した。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
月末にいよいよ次期キャンカー、ファイブスター納車。

・・と言っても岡モータースさんに取りに行くのが習わしらしく家族3人でアンパン列車で松山から高松まで。岡さんの女性社員さんに駅までお迎えいただいた。
DSC02933.jpg
キーの贈呈式などしていただいて150kmドライブして帰宅。
DSC02939.jpg

しかし、やっぱキャブコンのカムロードとは違う乗り味。トヨタっぽい、固くもなく、されど柔らかくもなく、されどドッシリでもなく、されどピョコピョコでもない、中庸で不満が出ない味付け。でも、荷物を積んでみて様子をみた上だけど、できればダンピングの効いたショックに替えたいかも・・。ハイエースはアフターパーツもたくさん出ていてアレコレ楽しめそう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」