誰もが一つは使っていないキャンプ道具を持っている(か??)

キャンプ道具部屋を整理していて出てきたのがユニフレームのファイヤグリル。一度も使ってない。何で使ってないかというと理由は簡単。デカくて重いのだ。未使用のまま売ればいくらか回収できるのだろうけど・・
DSC06531.jpg
そういや同じくユニフレームから・・こんなステンレスメッシュを使ったファイヤスタンドってのも出ている。で、ステンメッシュ買ってきて作ってみた。
toppin_uniflame-683064.jpg
はさみで切ってハトメ打っただけ。まあ上出来。
DSC06534.jpg
本家と違って上部に焼き網を置くこともできる。
DSC06533.jpg

ただ問題は、ステンメッシュが25cm四方しかないということ。焚火ゴッコには使えるかもしれない(笑)

しかし、よく考えると焼き網の上に薪置いてもいいんじゃないだろうか(爆笑)
地面に灰受けでアルミホイールでも敷いてね。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
先日ホームセンターに別件で行ったのだけど、たまたま目についたメタルラック売り場。

セットモノしか買ったことがなかったけれど、いろんなパーツが別売で売っている。ふと思いついたのがアイアングリルテーブルモドキができないかということ。スノーピークのアイアングリルテーブルは250×360を1ユニットとして様々なパーツを組み合わせフィールドテーブルを作るというもの。2ユニットのロースタイルショートタイプでも\16000とかのオマイガなお値段だ。(下はメーカーのお写真拝借)
fda821df5d9e4cf2b00d99ed751e6724.jpg

当たり前だけどメタルラックならメタルラック並のお値段でいける。ルミナスの19mm径の補助バー39.5cmと54.5cm×各2本と30cmの足を買って組み合わせたもの。それに天板ひっかけ用のフック(これは100均)をつけて・・・
DSC06553.jpg
アイアングリルテーブル(IGT)用の竹テーブルと100均のステンパレットをおいてみた。ピッタリ。IGT2ユニットのローテーブルモドキの出来上がりだ。若干隙間ができるので補助バーを1本は逆向きに取り付けた。フックの代わりに化粧ナットとかLアングルでもつければなおいいだろう。
100均で買ったメタルラック取付用のカップフォルダー(鉛筆立て?)にガス缶突っ込めばランタンスタンドにもなる。(笑)
DSC06555.jpg
もちろん天板をチョイスすれば竹のみでもステンのみでもOKだ。持っていたスノピの竹天板使っているけど、ホムセンでシナベニアだろうがパンチングメタルだろうがチューンと切ってもらえば好きな天板にすることもできる。
DSC06557.jpg
バラシも1~2分。たぶんモノホンのIGTの脚組む時間でいけるだろう。問題は重量で2kgある。軽量ソロテントくらいの重さだ。・・が、調べてみるとホンモノは4.3kgあるので、ソロキャンプにIGTを持っていこうなどというお方にとっては、50%の軽量化が達成されるワケだ。(笑)拡張性もバツグンでホムセンでパーツさえ買ってくれば無限に広がる。
DSC06558.jpg
パッキングもマズマズかな・・。
DSC06559.jpg

しかし最大の問題はOutdoor雰囲気が薄いこと。(爆笑)

整理棚にしか見えない。だって整理棚だから…。

何か最近キャンプに行けないので、工作キャンパーになってきた。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
マイブームの中華キャンプGoods特集。

今回は中華バーナー Fire-maple FMS-116T 。これもオプティマス似のデザインだけど、なんとチタン製で48gしかない。ギガパワー ストーブ地で88g、ギガパワーマイクロマックスウルトラライトで56gだ。これでスノピのHPには世界最軽量と書いているので48gなら世界最最軽量なのかもしれない。

チタンなのでいい色に焼ける。
DSC06516.jpg
DSC06517.jpg

繰り返すが48gでも56gでも本当は関係ない。腹についた贅肉を絞れば何キロも軽量化できるからだ。じゃなぜ買うのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・男のロマンってやつだ。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
先日紹介の中華キャンプGoods。

中でもジェットボイルのような集熱フィンがついたケトルの実力確認だ。
DSC06512.jpg
この集熱フィン見れば見るほど・・
DSC06470.jpg
散歩カフェ用でバックパックに入れているDUG(ダグ) HEAT-1と同じだ。これはコピーといったレベルじゃなくて同じ工場で作っているものだろう。Fire-Mapleという中華メーカーがオリジナルなのか、DUGがオリジナルなのかはわからない。
DSC06471.jpg
400mlのお湯の沸騰テスト。我が家の誇るカセットガス液出しBULINバーナーでこの通り。
DSC06463.jpg
SOTOのST-310でこの通り。・・って液出しより早いじゃん。というのも液出しは、カセットガスの気化冷却によるドロップダウンには有効だけどプレヒート管が十分温まって気化がうまくいくまでは不安定。なので短距離走には向かないのだと思う。
DSC06467.jpg
ちなみにフツーのお鍋でこの位。結構な実力の差。
DSC06469.jpg
バーナーは好きなものを組み合わせることができるのでジェットボイルより実力は上かもしれない。

・・ってファミリーキャンパーがコーヒー飲む時間が数十秒違ったからといって何が変わるのか。命のかかった冬山登山じゃあるまいし。

・・・・・・・・・・・男のロマンってやつだ。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
アマゾン見てると結構中華キャンプGoodsが出ていたりする。

当然お安い。イルカ??と自問しつつもポイントがあったりしてポチポチしてしまった。
DSC06512.jpg

流石に中華の製品らしく、しゃもじまでついてくる。ケトルはジェットボイルみたいにヒートエクスチェンジャー付だ。今度性能を試してみよう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
中華特集でSoloランタンを買ってみた。

中華バーナーと同じBULINのBL300-F1だ。カセットガスアダプターもついて送料込みの2380円。
DSC06520.jpg
マズマズな質感だ。スノーピークのギガパワー2WAYランタンも韓国のOEM。3分の1の値段ならコレもアリかな。
DSC06519.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
中華バーナー BULIN BL100-T4-A の液出しカセットコンロ化。

・・といっても100均パレットに穴あけてアングルをつけただけ。
DSC06510.jpg
下から見た図。マヨネーズ置きに逆さにガス置くよりちょっとはスマートかな?アイアングリルテーブル(ニセ)に置いているけど足付ければ普通に使えるはず。
DSC06460.jpg

ちょっと激安中華キャンプGoodsに目覚めてしまいそう。安いので冗談で買うこともできそう。Soloキャンプ用品でもそろえようか。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
トヨトミ エアコン TAD-22CW ダクトをアルミに変えてみた。

意外にプラ素材の方がグニグニ曲がらないのでデッドスペースが増えていたのだけどアルミに変えて再設置してみた。
まあ成功。
DSC06522.jpg

ついでに1000Wの正弦波インバーターで動くか確認。
DSC03745.jpg
・・残念ながら動作せず。690Wの定格だけど突入電流は定格電流の約2倍といわれるので残念ながら・・だ。インバーターにサージパワー2000Wとは書いているけどそうは問屋が卸さない。ホンモノの2000Wのインバーターが3万弱で出ているので、これをお嫁に出して買いなおそうかとも思ったが、使用頻度を考えるとそこまでは必要なさそう。自分は子供を遊ばせてやりたいのでキャンプ場を取ることがほとんどで、数百円で電源とれば問題ないからだ。

元の形に戻した。これで夏もOKだ。
DSC06523.jpg

しかし、冷蔵庫の排気などで車の側面に穴を開けることは多く、車の側面に100mmの穴を開けてガラリをつけても強度云々には問題なかろう。側面ならば内貼りはがせば鉄板一枚、車屋さんか鉄工所あたりで穴開けて全幅の変わらないところに・・
ダウンロード
・・こんなガラリでもつければいいんじゃないだろうか。もちろんおススメしているわけじゃないです。法的に云々もわかりませんし、可能性の話し。

このエアコン、バンコンには持って来いだと思うのだが。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
父の日なので道後のビアホールに行こうという話に。道後山の手ホテルだ。

祖父が逝ってから元気のない祖母も一緒だ。
DSC06496.jpg
山の手ホテルのビアホールは初めてだったけど、道後では珍しい一手間かかったフレンチの料理。屋上ビアガーデンとは一線を画する料理だ。なにせムシムシ暑くないのがいい。完全予約制なので予約をとって込み合わない開店時間17:30に行くのがポイントだ。
DSC06491.jpg
嬉しいことに、道後のホテルの食事には温泉がついてくる。費用は大人4000円だけど入浴料1200円が無料になるので結構お得。公営駐車場にP泊して(無料期間も結構ある)食事し温泉なんてのもアリだと思います。ワインパーティーとかボジョレパーティーとかもあるので。
DSC06494.jpg
ちなみに女湯はバラ風呂。(写真はHPから・・盗撮ではありませんw)
onsen_img_2.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
我が家の3rd iPadは2012年4月購入なので2年ちょっと。DOCOMOのSIMを入れてキャンプや出張で大活躍してくれてるのだけど、最近は電池もモチがいよいよ悪く電池交換実施。

もちろんAppleも本体ごと交換といった形で対応してくれるが、本体のデーター再インストールで面倒だし、白ロムの台湾iPadなので何かとメンドクサソウだ。

サードパーティーで電池交換してくれるところを探すとSMARTという神奈川の業者が送料代引き込で5800円で対応してくれるみたい。早速コンビニから送ると往復4日程度で手元に帰ってきた。今のところ全く問題なし。発火するようなことはないだろうし、多少寿命が短いかもしれないが、安いのでまた交換してもいい。次の2年後には流石に使ってないと思うけど。
DSC06484.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
バンコンキャンピングカー、レクビィ・ファイブスターにムリクリ付けてもらった(ありがとうございました!)トヨトミ エアコン TAD-22CW 試運転。

早速エアコン固定しているストラップをのけて排気ダクトをセット。ダクトが結構曲げ難いのでもう少し壁よりにおきたいがちょっと無理。
DSC06482.jpg
DSC06478.jpg
後部から見た図。
DSC06483.jpg
今日はそんなに暑くなくて27.3℃、54%スタート。
DSC06472.jpg
27℃程度の6月中旬で日没後スタートなので冷える冷える。25分間経過で24.3℃、47%とちょっと寒くなってきたので終了。DSC06481.jpg

もちろん真夏の日中で太陽ギンギンの時に、これで冷やすことはできないだろうけど、電源がとれるキャンプ場なら汗ばむ就寝時にタイマー使って快適に過ごすことは十分可能だろうと・・。昼間は車載エアコンがあるので十分実用だと思うのだが。また電源とれるならFF使わずに冬場も暖房をすることもできるように思われる。

問題があるとしたら、この後付車載方法の場合、ストラップを外してダクトをセットするのが一手間かかることだろう。セパレートエアコン搭載のキャンカーが増えてきているけどバンコンだとそれでなくても狭い室内の空間を取ることになる。この機種をOP搭載してもらえればイイと思うのだが。まあキャブコンのクレソンの時にもエアコン回したのは年に数回。自分の利用方法ならこの後付でOKとしよう。

2本ある吸排気ダクトのうち排気ダクトのみ接続してもそんなに冷房効果は関係ないような気もする。アルミのダクト買ってきて(アルミなので排気熱はより室内に漏れるだろうけど)形をうまく成型してみよう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
バンコンではゴミ置き場は結構切実な問題。キャブコンの時はゴミ箱ごとマルチルームに放り込んでいたけれど、ミニマムなマルチルームなのでそうはイカン。おとなしくラダーにゴミトンを取り付けることにする。

ゴミトンと言えば実はレクビーは床下にゴミ収納があったりする。ただ容量が全くないので延長コード入れに使っている。
gomiImg.jpg

ゴミトンといってもコンテナBOX買ってきてカンヌキをつけてひっかけただけ。もちろん落ちないようにベルト固定してる。屋根からはみ出してもないし左右もジャストサイズ。マムートのシールはご愛嬌。

アンマリこの手のBOXは気が進まなかったので、米軍のアンモボックスとか、アルミボックスとか、コールマンのクーラーボックスといろいろ探したのだけどジャストサイズがなくて断念。しかし、コンテナBOXは軽いし,、現地ではそのままゴミ箱だし、足踏み台やイス替わりになったりして意外に便利だったりする。先人の教えにはおとなしく従った方がいいということだ。
DSC06432.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m

ミニ納車。

Category : 車全般

奥さまのミニが納車になった。

3世代コンプリートだ。次こそはミニ以外にしようというがウンと言わない。

3代目はなんと3ナンバーで、これはもはやミニなのかどうなのかわからない。
DSC06436.jpg
DSC06438.jpg
ついにミニのアイデンティティーだったセンターメーターもなくなった。
DSC06439.jpg
ヨーロッパ流エコエンジンの小排気量ターボ。3気筒なのに。
DSC06433.jpg
ちょっと「エー」なのがタイヤがハンコック。BMWもハンコックが純正タイヤになるらしい。ヨーロッパ人からするとアジアなんて一括りなんでしょうね。
DSC06434.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターのバイクキャリアに子供の26インチチャリを積み込むためにバイクリフトを設置した。

アマゾンで千円前半だった。4分の1の力で引き上げるので少々の重量物でも楽勝。ロープが大丈夫か?というシロモノだけどずっと吊るしておくわけではないし、万一切れても胸の高さ程度なので大惨事にはなるまい。

ルーフキャリアを設置すれば最近トンと出番のないディンギーのアクアミューズをルーフトップしたり濡れたテントを乾かす・・なんてことにも使えそうだ。
DSC06426.jpg
DSC06427.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
昨日のカセットガスバーナーBULIN BL100-T4-A(正確にはムリクリ、カセットガス化) の続報。

このバーナーに興味を持った大きなワケは、アマゾンの評価を読んでいると予熱管があるので『自己責任』でガスの液出しでも使用可と。

そりゃ早速試してみなければ・・。液出しのためにはガスボンベを逆さにする必要がある。手でずっと持っておくワケにはイカンので100均でマヨネーズスタンド(苦笑)を買ってきて早速着火。ええ問題なく燃えます。予熱管が温まるまではガス出しがいるし、火力調整をしてもガスパイプ内の液が気化するのでタイムラグがあるが、ボンベの中で気化するか予熱管の中で気化するかの違いなので当然燃える。安いブタンカセットガスの場合、気化熱でスグに起きるドロップダウンだけど、液出しの場合は影響が少なそうだ。

長時間使った場合の影響などはわからないので、寒冷時の非常使用法といったことかな。あくまで『自己責任』ということで。
DSC06441.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
イワタニのカセットフーBooの点火装置の調子が良くない。

カセットフーBooはアルミボディーで比較的軽量、風防もマズマズ。しっかりした五徳とドロップダウンし難いウマい設計のヒートパネル・・・とカセットガス燃料としては、らしくない外観を除けばイイ線をいってるんじゃないかと勝手に思っている。
イワタニ産業(Iwatani) カセットフー 「BO-(ボー) EX」
イワタニ産業(Iwatani) カセットフー 「BO-(ボー) EX」

これは本当にワンダフォーなバーナー。もう少し雰囲気があれば満点。




1回も使っていないマーベラスを引っ張り出してもいいのだけど、結構ガラが大きい。
SANY1730.jpg
SOTOのST-310をメインで使うには奥さまや子供が使うには五徳が弱くスパをゆでたりする分にはちょっと危険。バックパックの中に入れておいてお外カフェの時に使うのが吉だろう。
SANY0030_20090313124816.jpg

何か面白いオートキャンプ用バーナーはないかと探してみると中華メーカーのBULIN BL100-T4-A ってのが見つかった。リーズナボーだったので買ってみた。カセットガスバーナーBULIN BL100-T4-A と書いたけどアダプターをつけて無理売りカセットガス化しているのであしからず。
DSC06423.jpg
カッコはどっかで見たことがあるコピーっぽいが、五徳はダッチも乗る最大荷重25kgと鋳物の本体とステンの五徳でガッチリしている。何より予熱管があるので低温時にも強そうだ。

当面カセットフーBooのサブで使って良ければ交代だ。しかし、イワタニやスノピも韓国・中国のOEM商品は多いし、キャンプなんて娯楽の分野にもアジアパワーが押し寄せてきそうな。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターにはオーニングをつけなかった。

雨の時に使うことが多いオーニングだが車庫の柱の関係で家では展開することができずカビることが多かったからだ。乾燥する度に近所の広場にいかなくちゃいけないのは便利なのかどうかわからない。

で、家に転がっていたスノピのポンタを使うことに。が、どーせ出入口の雨除け用途なので十分・・と思われた250×200cmというサイズがBBQにはやっぱミニ過ぎる。チートと大き目にしようかとハイエースのレインモールを測ってみると350cmくらいはいけそう。まあ銘柄にこだわる必要もないのでナチュラムで数千円のケシュアでも買おうかなとみてみるとレクタのサイズは300cm。もうちっとジャストサイズがないかとみるとコールマンかスノピか小川か。リセール考えるとスノピか小川の方が有利になりそうなんで・・
DSC06382.jpg
・・結局、スノピのレクタMにした。
DSC06418.jpg
しかしね、なんでナチュラムはこの手の商品は裸で送ってくるんだろうね。なぜか、スノピの商品買ったらエッグもランステもペンタもポンタも、いつも裸で、送り票直貼り。なおかつ今回は、雨で箱がふやけて角が折れてる。つまらない小物買うとバカみたいな過剰包装で送ってくるのに・・過剰包装は反対だけどせめてナイロンにいれてよ・・といつも思うのでした。箱ってリセールに影響しちゃうんだよね。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
子どもの自転車が26インチになってから「重い」。

特にリアナンバーやカメラを避けて上部にバイクキャリアを設置したので胸の高さまで持ち上げなければいけないが、下手すると腰をイワシそう。
DSC06312.jpg
何かないかな・・とネットを見てると丁度いいものが・・。おまけに1000円前半。定滑車と動滑車をいくつか買ってロープを揃えるとそのくらいになりそうだ。ウッドのカーポートに固定すればウマい具合にバイクを積めそう。現地での積み下ろしは、結局、嫁はんに手伝ってもらうのだけどね(爆笑)
41-cC0SybKL.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
セカンドシート後ろ向き化・・で余ったテーブルレールをリアゲートに取り付けた。キャンプテーブル出すより簡単で、テールゲートがタープ替わりになるので、ちょっと外でお茶しようって時に便利かもしれない。
DSC06371.jpg
DSC06373.jpg

・・ただし問題なのはトイレの横ってこと(爆笑)
DSC06374.jpg
シャワーカーテン締めれば見えなくなる。けど、ナニの臭いはないけど、ちょっと対策要。トイレを使ってないときは100均灯油カバー被せて完全カバーだ。
DSC06372.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
子供のテスト明けにデイキャンでもするかって話に。

最近できた海響市場という海産物市場で買い出し。
DSC06381.jpg
Yクンが急な仕事が入ったので、子供を拾って先に現地入り。重信川の上流だ。
DSC06382.jpg
合流してオーニングセット。
DSC06391.jpg
市場で愛南町深浦産のカツオがあったので前回好評だったカツオのタタキを。塩カツオで食べたがウマかった。
DSC06386.jpg
自転車で旧道散策。
DSC06396.jpg
川を登っていくと
DSC06401.jpg
DSC06404.jpg
堰がある。夏はここで泳げそうだ。
DSC06405.jpg
短い時間だったけどノンビリできましたよ。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターはかろうじてダイニングとベットスペースが分かれていない分かれているのでベットメイキングしても、ダイニングでもう1杯ってなこともできるのでいいのだが、問題はその移動。セカンドシートをヨッコラセと乗り越えて後部のベットスペースに行かなくちゃいけない。シート自体はFASPなので座面を上下すれば後ろ向きセットできるのでダイニングを目的に到着した段階で後ろ向きセットすれば便利そうだ。

ってことでテーブルレールをパーツ屋さんで注文して長さを合わせて取り付けた。

前向きバージョン。
DSC06358.jpg

そして後ろ向きバージョン。非常時には6人位が中で食事できそうだ。
P5310003.jpg

ベット展開してみた。2人旅なら、このままのシート体制にしておいて、車移動時は運転・助手席、食事時はセカンドシート、就寝時はベットスペース・・なんてものアリかもしれない。ファーストセカンドシートの間には結構な荷物がおけるのでスマートに使えるかもしれない。
P5310005.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」