ハイエース ファイブスターで行ってきた阪神地方1000kmの旅。

リアのリーフリジット特有のストロークのない乗り心地をなんとかするために、一番下のヘルパーリーフのストッパーを外してゴム板を両面テープ止めした。
DSC00173_20140822112802bbe.jpg
・・と言っても増えたクリアランスは数mm。効果あるのかどうか半信半疑だったけど、ゴツゴツ感は相当減少。確かに効果はあった。
DSC00174_20140822112838466.jpg

要するに一番下のヘルパーリーフは、タイヤがストッパーに底づきするのを防ぐための最後の砦で相当固いリーフなのだ。キャンカーは高荷重なので始めからそのヘルパーリーフにお世話なっているのでサスペンションとして機能せずにゴツゴツした乗り心地になるというわけだ。ヘルパーリーフについているストッパーを外す(もしくは薄型に変更)ということはヘルパーリーフにお世話になるタイミングを遅くすることになるのでわずかなクリアランスでも効果はあるようだ。考えてみれば一般道の大きなバンプは仕方ないにしても、高速道などではバンプが何cmもあるワケないので(あったら危険)ビシビシくるハシューネスには効果的なのだろう。

こんなに違うならばイッソのことリーフまるごと社外品に交換してしまおうとも思ったが、NEEDSBOXさんのHPを見ると4型のバネレートはかなり柔らかく変更されているので、しばらくストッパーの変更で様子をみようと思う。リーフを変えると車検が無効になって取り直しになるそうので次回車検の時に検討しようかと。ちなみに4型S-GLは最初は社外品のTYPE1(やわらかめ)程度のレートで、ヘルパーリーフが効き始めると社外品のTYPE3(高荷重かため)より固くなるという設定。社外品に変えるとしても選択が難しい。
20140711-08.jpg
でも流石にゴムシートのままじゃイカンのでUIビークルさんの薄型ストッパーを購入。前後とも交換のために2セット購入。次の休日にでもセットしてみよう。
DSC03122.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
リーク写真がちょくちょく出ているiPhone 6。

右が予想写真らしいが、SUMSUNGみたいな感じ・・って思うのは自分だけ?シンプルに素材の持つ質感を生かすデザイン・・なんて寿司屋さんみたいなことを言っていたアイブさんもどうしたんだろう。これは画面の小さな方(5Cの後継)でデカい版の方はエクセレントなデザインなんだろうか?
140827niphone6gray2.jpg

何はともあれ9/9の6のリリース見てからにするけど、自分的にはSony Xperia Z Ultra のSIMフリー版を買ってしばらくはSoftBankのSIMのまま使う線が濃厚になってきた。今見たら3.2マンになっているけど6が発売されたらもう一声落ちるのではないかな。6.4インチの携帯としては限界の液晶なので老眼オヤジにも良さそうだ。タブレットと携帯の中間でファブレットというらしいが要するに出張なんて時にも2台持ちする必要がないわけで便利なんじゃないかと。
sony-xperia-z-ultra-c6833.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ハイエースの4型(しか知らない)は乗り心地はイイと思う。

もちろん○○としては・・というエクスキューズがついての話だけど、今回家族に大阪に車で行くのはBMWとハイエースどちらがイイと聞くとハイエースという返事があるくらい。もちろん、中が広いとかの総合評価だけど。

ただ、それは前席での話。やはり後席は、貨物車の宿命でリーフリジットのストロークが少なくすぐに底着きする感が顕著。ネットで検索してみると、板ばねの一番下のヘルパーリーフの前後についているゴムブッシュを薄型のものに変更すれば、何ミリかストロークが増えて乗り心地がかなり向上するという話。確かにいくらショックを社外品にしてもバネ自体がヘルパーリーフでガツガツしていると乗り心地が良くなるわけがない。手軽にできそうなので早速やってみた。

ジャッキアップして純正ブッシュをはずす。リーフ自体は下ろしてないのでヘルパーリーフとその上のリーフのクリアランスが足りずブッシュのネジが引っかかってしまう。迷わずグラインダーでネジを落として取り外し。
DSC00173_20140822112802bbe.jpg
薄型ブッシュも発注しているけど、大阪出張(兼旅行)には間に合わずにとりあえず5mmのゴム板を貼りつける。
DSC00172_201408221128004da.jpg

さて、その効果は・・。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
羽無し扇風機・・・そうダイソンのアレだ。

イオンで小さいデスクファンの方が現品1マンになっていたのがいけなかった。嫁はんにも大反対されて思い止まったのだけど、懲りないバカは家で早速検索。一回り大きなフロアファンがアマゾンで1.6マン程度。5マン超える定価からいくと結構な割引で。DCモーターの扇風機はその程度のお値段なので、こっそりポッチった。
DSC00170.jpg
ワッカの断面が飛行機の翼状になっていて噴き出した空気が弧状に進むことによって気圧が薄くなり周りの空気も巻き込むというもの。ベルヌーイの法則っぽい原理でファンでかいた空気以上の風をおこすというもの。IQ高い。テクノロジー好きなオイラは大好きなギミックだ。
DSC00171.jpg

ただ問題なのは音。大きなファンをゆっくり回した方が騒音は抑えられる。小さなファンを早く回せばウルサイ。ダイソンさんのよう頭がいい人がそんなことに気づかないはずはないと思うけど、掃除機のモーターやファンが流用できたのだろう・・使っちまった感はある。まあ常用する中位までは全く問題ない音レベルで、風はムラのない自然風のような感じ。結構イイ買いもしたと自己満足。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
営業氏曰く、「そんなモノがあれば大儲けできますよ~」というBMWやベンツのウィンドウ回りの銀モールの水垢取り。

洗車屋さんで汚れ落としの費用を聞くと3万~5万と言われて顎が外れそうになった。洗車屋さんが言うにはヨーロッパとは雨の質が違う(日本はミネラル分が多いらしい)ので水垢がつきやすいとおっしゃっていたが、自分は単にモール表面をマット仕上げにしているので水垢が貯まりやすいだけだと思う。まあ確かにドイツでは雨の質が違うのかもしれけど、BMWやベンツも、何十年も日本で商売しているのだから、もはや公害と言えるかもしれないブレーキダストと銀モール問題と車高低過ぎは、せめてトヨタ並にしてもらいたいと思うのは自分だけかな。

(ちなみに前進駐車すると確実にアンダーカバー擦ります)
DSC00175_201408221128405e1.jpg

お袋のビッツはカーポートだが自分のBMWは露天駐車なのでこの銀モール水垢には苦戦している。今まで洗車用洗剤、クエン酸(レモン水)、ピカールと試してみたが、ピカール以外はダメだった。ピカールは確かに効果があるが金属磨きなのでやり過ぎるとマズイ。

何かイイものないかなと思っていたけど遂に見つけたのが100均の水垢クリーナー」爆笑。完璧ではないけどフツーに擦ったら目立たない程度になった。暑いのでやめたけどあと1回やれば消えそうな勢い。
DSC00160_201408181219366fd.jpg
界面活性剤以外特に変わったものはなさそうだけど、洗浄補助剤とやらが何かあるのかな。弱アルカリなのですすぎはちゃんとする必要がありそうだけど、曲がりなりにも車用洗剤なので使っても問題ないだろう。(たぶん・・中華なので安心はできない)
DSC00161.jpg

話は変わるが、長目に休みをとった義弟も帰宅。最後は大和屋で打ち上げだ。湯上りビールバイキングでまた太った。9月までは道後のホテルも温泉付きビアバイキングを3~4000円でやっている。道後温泉横の公営駐車場で道後の夜景をみつつ車中泊も可能なのでキャンカーのお方は、ぜひお越しください。大和屋とか一泊二万しますからお得です。などと地区PRしてみたりする。地元愛だ。
DSC00166_201408181219548e1.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
お盆休み後半は嫁はんの実家に帰省。

知り合いの漁師さんに早くから頼んでもらっていただいた四万十(正確には広見川)の天然ウナギ。下流では少しとれるらしいが身が細く、四万十の上流域のここで取れる太った、かつ、身の締まったうなぎはで、出荷できるほど量がないので、地元で消費される分だけ。それも漁師さんと懇意でないと分けてもらえない幻のうなぎなのだ。家族6人分で2万円と漁師さん価格も高級牛肉より高価だ。備長炭で焼き上げるとウマくないはずがない。ありがたい。
DSC00148.jpg

うなぎを食しに一緒に帰省していた義理の弟の奥さまも、うちの嫁ハンと同じくミニフリーク。前回はノーマルミニだったけど、今回は子供ができたので4ドアのミニクロスオーバーにしたらしい。・・・のだけど、ボンネットのデカール、なんかジオン軍のマークに見えてならない。シャア専用ミニと勝手に命名したら、奥さまは「へえっ?」とちょっと言葉に不快感を込めつつ帰っていった。
DSC00155_20140818121934a94.jpg

残念ながら帰省中も雨や雷といった天候不順。サイクリングに川遊びを予定していたけど、子供は黙々と宿題をこなす日々が続く。良く寝たけど。
DSC00151_20140818121932b1a.jpg
DSC00150.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
恒例のお盆キャンプ。例年ならば四万十でカヌーキャンプなんだけど今年は台風と豪雨で川の状況がよくない。いつもならバカオヤジはダウンリバーに増水もまた楽しなどと考えてしまうのだけど、折しも中洲で流されたキャンパーの方のNEWSもあって、慎重の上にも慎重な外遊びに。

キャンプ場の予約も直前まで様子を見ることにしたのだけど、やはり川は断念。12日の出発になってもYahoo天気とにらめっこしつつ、結局、全天候キャンプで梼原(ゆすはら)を選択。ここの雲の上プールで子供を泳がせてからすぐ横のキャンプ場でノンビリすることに。温泉もあるしね。

買い物すませて梼原の役場に駐車させていただき(構わないのです)お食事に・・
DSC00067_20140818121754e70.jpg
わらやきたたき屋さんギャラリーズキッチン(外壁ずいぶん汚れましたね)で・・
DSC00068.jpg
・・キジのラーメンを。うんまい。梼原では「キジ料理押し」らしい。どこの料理店でもキジを使った一品をだしてくれるそうだ。
DSC00072.jpg
で、すぐの雲の上ホテル・・

・・横の太郎川公園キャンプ場着。
DSC00076.jpg
今回のセットは、Yクンが管理人さんにお願いして「今日は二輪さんいないのでどうぞ~」と二輪用の芝生スペースにさせていただいた。オートキャンプ場は砂利だそうで。すぐ下に雲の上ホテル、そして温泉にプールだ。町役場も含めて一連の建築は著名な建築家の隈研吾氏の作品(そうあの以前SHARP アクオスのCMに出てた「竹の家」を設計されたお方)
122979427132016130292.jpg
・・なんだけど、梼原は坂本龍馬が脱藩で通ったような山深い谷間の町。湿度もあって残念ながら木の劣化は否めない。今回しげしげ観察したけど、やはりデザイン優先でここは水が常にかかるので素の木材じゃダメでしょうってなトコロにも無塗装材がつかってあったりする。7億円のプールもあと10年は持たないような気がしてならない。メンテすればいいのですけどね。
DSC00123.jpg
DSC00124.jpg
セットが終われば早速プールだ。さっき嫌味を書いたように思われたかもしれないが、お盆でもいつもほぼ貸切でありがたい。心より感謝しています。梼原町様。
DSC00084.jpg
子供もクロールでパッシャンパッシャン50mくらいは楽勝で泳げるようになっている。オヤジは負けるとまずいので全力を出していない風を装いつつ軽く泳いだけど、今50m泳ぐとたぶん結構なダメージを食らうのじゃないかな(苦笑)
DSC00091.jpg
夕食はYクンオススメの炙りタコと炙りタタキ。そして焼肉。おいしかったが、雨上がりなので湿度がすごい。30度は切っていたけど暑かった。
DSC00101.jpg
子供が、ケシュアのワンタッチテントでとにかく寝たがる。大人になったもんだね~などと感心してたけど・・
DSC00112.jpg
・・案の定、小言言われずに死ぬほどゲームができるからなのだ。
DSC00114_2014081812184339c.jpg
翌朝は、BBQの残りを炒めてハンバーグに。ホットサンドもいけるけどたまにはハンバーガーもよし。玉ねぎ多めに厚めのトマトでモスバーガーになること発見。
DSC00125_2014081812190281a.jpg

結局、天候不順で不完全燃焼だった夏キャンプだが、安全第一だ。子供の塾が本格的なってきたのでいよいよ外遊びの機会が減ってきたけど寸暇を惜しんで遊ばないとね。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
お盆は台風と雨で予定変更。

お山でBBQの後は今治の野間馬ハイランド。天気は台風一過。
DSC00021.jpg
DSC00014.jpg
DSC00023_20140818121729696.jpg
DSC00031.jpg

死ぬ程暑かったけど子供は関係ない。散々遊んで汗ぐっしょりだ。さて、我が家はキャンプに出掛けようか・・。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
妹夫婦の帰省。

Outdoor苦手夫婦なので4歳の甥っ子も外遊びはあまりしたことがないとのこと。そんじゃ~と、お山でBBQだ。

甥っ子は前回気に入った重信川の上流の川遊びにもう一度行きたかったみたいだが、生憎台風の影響で濁流。(翌日には流されて行方不明になった方もいたようで・・)こんな時はホームグランドの久万高原町の千本キャンプ場。

今回のファイブスターはサイドオーニングをつけずにスノピのレクタMをフックでセットするスタイルにしたがこれはちょっと正解。フルに貼れば4×3.4mの結構広々空間だし、プライバシー保護やサイドからの日射を防ぐように4分の1を折り込んでも3×3.4mのタープ下でFIAMMA F450の350cmより一回り広い空間ができる。7人のBBQにはこれで十分だ。もちろん自立できないわけだけど、本来ペグダウンできないような場所はオーニング使っちゃいけないはずだし。
DSC00042.jpg
DSC00065_201408181217549eb.jpg
昆虫採集にボール遊びに暑くなったら水鉄砲。夏を満喫できたようで。
DSC00054.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ASUS SHOPで、Google Nexus 7-16G【OUTLET】台数限定・箱破損品・お一人様1台限り。いまだけ!!純正カバー+フィルムプレゼントキャンペーン・・で19800円ってのがあったので買ってみた。8/18 17:00時点で今でもあります。

NexusはGoogleの純正タブレットで、2014版がそろそろ発売されるから在庫一掃なのだろう。

早速、セットアップしてみたけど、出張に持って行くのはiPadじゃなくてこれで十分だ。地元の名店を検索して、メールチェックして、朝は新聞替わりにニュースを見る・・・そんな用途にはこのサイズでちょうどいい。
DSC00159_20140818121935997.jpg
DSC00168.jpg
DSC00167.jpg

実はずっとAndroidにはいい印象はなかった。自分がiPhone4を買ったときに嫁ハンが同じのはイヤだ・・とシャープのAndroid携帯を買ったのだけどこれが実にヒドイ代物でギクシャクカックンとしか動かないし、すぐにフリーズし電池は持たず、ボディーもプラスチッキーで、まさにiPhoneのパチモン感満載。

時は流れて、キャンカー用ナビ用にXpediaタブレットをこの春に買ったのだけどこれはイイ。もたつき感はないし、当たり前だけどGoogleの各サービスとの連携も取れていて便利なことこの上ない。防水だったりするし、デザインも結構イイ。ナビとしても当たり前だけどアプリを選択できるので道案内に不満があればセカンドオピニオンを調べることができるわけで。今は、停車中も、強力なDOCOMOの通信範囲内ならテレビだ音楽だと家にいるのと同じ環境だ。BSアンテナセットしていた時と一時代変わった。

話がそれたけど、そろそろアナウンスされるだろうiPhone6。さて今回もAppleで行くのかちょっと悩み中だ。
Sony Z Ultra などという6.44インチの携帯とタブレットの中間のような機種も、海外モデルで発売されている。もちろんSIMロックフリーで33500円ほどだ。DOCOMOでもSoftbankでもSIMさえ入れれば(もちろん設定必要だけど)フツーに使える。防水防塵機能も魅力だし、何より2年縛りなしに、自由に買い替え可能だ。デジタルの世界で2年は永遠だ。ちょっとSonyを応援しようかなという判官贔屓なところもある。
sony-z-ultra-google-play-edition.jpg

まあiPhoneのリリースみてから決めよう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
以前ネタにしていた1カ月経っても商品がこないヤフオクトラブル。

中国訛りの日本人名の人とようやく連絡がとれて1カ月と10日経ってようやくEMSで商品が届いた。ところが肝心のガスバーナーが入ってなくてクレームつけて20日間。計2カ月経ってようやく商品が揃った。

トランギアのストームクッカーもどきのBULINのBL100-Q1。簡単にいうとストームの中でも調理ができる風よけつきのキャンプバーナー。バーナー自体は小ぶりだけど予熱配管があって結構なパワーだ。ちなみにこれでお米を炊くと相当ウマいそうだ。キャンプ用炊飯器をお探しの方にはいいかもしれない。確かに風に影響受けずに安定した火力が保てるので炊飯には持ってこいなのだろう。
DSC06892.jpg
同じくヒートシンク付きの中華ケトルを入れてみたけどジャストフィット。どんな強風下でも最短で湯が沸くマシンの完成だ。
DSC06893.jpg

あえて言う。

ホントは最強湯沸かしマシンなんて必要はない。なら、なぜ必要なのか・・・男のロマンというヤツだ。

ちなみに、これは安全なアマゾンのリンクです。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
我が家は熱中夜でもエアコンはつけたままにして寝ない。どうしても・・ってときも湿気をとるために1時間ほどエアコンをかけて寝付く。

考えてみると1時間程度ならばトヨトミ エアコンTAD-22CW+Wサブバッテリーでも十分稼働できるはずだ。一度は使わないな・・とあきらめていたインバーターの増強だけど、1000Wインバーターをヤフオクで処分して2000Wインバーターに買い替えることにした。今回も前回と同じグッドグッズさんの純正弦波インバーターを購入。さっそく設置。15cmほど長いが問題なく収まった。
DSC06868.jpg
がっ・・・動かない。コンプレッサー起動とともにシャットダウン。600W台の定格なので3倍マージンを考えたのだけど、インバーターエアコンじゃないので突入電力はサージパワー4000Wでも受けれないみたいだ。ががが~ん。
DSC06869.jpg

仕方ない。また防災グッズが増えたと諦めることにする。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
近所にあるアメリカンバーガー屋さんで昼食。

デイリィージャンクフードと書いてあってハンバーガーの横にドクロがあるのは大変気になるがハンバーガーは確かにアメリカン。美味しい。フォークとナイフが欲しかったが紙に包んでかぶりつくのがこの店流らしい。デイリィーで食べれば確かにドクロになるだろう。気になる方はココなので。
DSC06873.jpg
DSC06871.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
恒例の松山港まつり。

今は空き家になっている旧実家で花火鑑賞。

花火の撮影はAFを解除して手動でピント合わせするのだけど、今のレンズはピントリングが電子式で無限大でカツンと止まらない。オートフォーカスが機能しない老眼で苦労してピン合わせしたのだけど、画像チェックするとやっぱりピンが来てない。

嫁はんに話すと「去年も同じこといってたよ」・・・ガーン。
IMG_0335.jpg
IMG_0401.jpg
IMG_0396_20140804220203a07.jpg
IMG_0378.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ちょっと驚いたこの扇風機。MUJIのUSBファンで1300円のものだ。
4934761378640_400.jpg

何がスゴイってこの扇風機は2重反転羽根なのだ。往年の戦闘機、紫雲や強風で採用された形式だ。ご存じない・・そりゃそうだ。

それがどうした・・と言われればそれまでなんだけど、簡単にいうと高効率なのだ。MUJIの説明によると「後ろ側のパワフルな高効率5枚羽根で周辺の空気を集めます。集めた空気を逆回転する前側の7枚羽根で、空気の乱れを整え、整えられた空気の束を静かながらしっかり直進する風に変換し放出します。前側の7枚羽根はコンピューターシミュレーションを繰り返した結果、トウカエデの種子の羽根を模した形状が最適であることが判明、騒音の発生を抑える性能が実現しました。」と、たかがUSBファンなんだけどやる気マンマンな設計だ。
4934761378640_cam_01.jpg4934761378640_cam_04.png


たった10cmの羽直径だけど同じMUJIの17cm径のファンより風量は大きい。風量(m3/min):強6.5・弱5に対して風量(m3/min):[60Hz]強4.7、弱2.8で消費電力はたった1Wと17cm径ファンの15分の1。6畳間だと4~5分で空気の入れ替えできる風量だ。出来の悪い中国メーカーのクリップファンなどより絶対上だ。

・・・という記事を2012年に書いていたのだけど、次に買いに行くと売り切れ。昨年も買いそびれてやっと今年Get。
DSC06870.jpg

キャンカー内のサーキュレーションに最適。音も小さいし、何といってもたった1Wの消費電力。一晩中回しっぱなしでもヘッチャラだ。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
”政府は、水素で走る次世代エコカー「燃料電池車」を購入した場合、1台200万~300万円の補助金を支給する方針を固めた。 燃料電池車の一般発売に合わせ、年内にも始める。燃料電池車の普及を後押しし、関連技術などの分野で世界をリードしたい考えだ。 燃料電池車は「究極のエコカー」とも呼ばれ、トヨタ自動車が年内にも4人乗りのセダンタイプを700万円程度で発売するほか、ホンダが2015年、日産自動車が17年の発売を目指している。”

・・との政府発表。アベノミクスの大きな柱として次世代燃料電池車に大きな投資をするということだ。トヨタの燃料電池車FCVなら、たぶん700万-300万=400万円とクラウンやベンツのCやBMWの3クラスの値段で買えるということになる。
fcv_step3.jpg
当面、水素を無料にするという議論もなされているので、もしそれが本当ならば初物買いの好きな人は得をすることになるが、全世界的に普及するかどうかは燃料代次第。

■ガソリン車の場合
ガソリン価格を160円とすると160円 ÷ 10〜15km(1Lで走る距離) ≒ 10〜16円/km・・・1km当たりのガソリン代

■トヨタのFCVの場合
水素1m3の値段は110~150円らしいので110~150円 ÷ 6.42km(1m3で走る距離) ≒17~23円/km・・・1km当たりの水素代
経済産業省資源エネルギー庁は、「2030年を目安に1m3あたり40円」を目指すと発表しているので、40円 ÷ 6.42km(1m3で走る距離) ≒6.23円/km・・・1km当たりの水素代に将来はなるかもしれない。ガソリン代の半額と言えるかもしれないが、ガソリンも160円の内64円が税金なので本当は6.4~9.6円/kmなのでFCVの走行コストはそんなに「お得」ではないのがわかる。1Lで15km走るガソリン車なんてゴロゴロあるワケで。

■電気自動車の場合
日産のHPで試算すると2.3円/km
燃費(電費)は圧倒的に電気自動車がいい。電気代には、揮発油税的なモノを課税しようがないので将来も理不尽な税がかかることはないだろう。

しかし、ご存じのように航続距離が電気自動車の場合は厳しい。しかし、これは電池の技術革新で解決されるのではないか?500kmほど走るようになれば(どうせ平均車速は50km/hもいかないので)10時間車に乗りっぱなしということになり人間の方が疲れてしまう。宿ごとに充電設備があれば問題ないし、BMWのように小型発電機を積むということも考えられるだろう。

アメリカの電気自動車メーカー・テスラのマスク会長は”燃料電池(フューエルセル)を、ばかげた電池(フールセル)で、あまりにも複雑でコストがかかりすぎるため、燃料電池車は決して成功しないだろう”と話している。

一方トヨタは単純な電気自動車の時代が来てしまうと、制御ユニットとモーターと電池を買ってくれば誰でも自動車メーカーになれるワケで、コンピュータや携帯のように車がコモディティ化してしまう。なので他社の追随できないノウハウを持った燃料電池車が普及することを望んでいるというワケだ。

電気は大規模な蓄電ができない。日本では止まっているけど原子力発電は夜間も停止できないので夜間電力で水素を作る・・それを燃料電池で好きな時に使う・・などという水素という形で電気を蓄電していく水素社会が実現するかどうかが、鍵だろう。ガスの改質などで水素を作るなら直接ガスを燃やせばいいわけで・・・。しかし、どう転んでも走行コストは電気自動車の方が上だ。電池の技術革新の種も頻繁に聞く。一発基礎技術から芽が出たらもう燃料電池は自動車用としてはノックアウトじゃないだろうか。

トヨタが、プラズマテレビに固執して没落していったパナソニックに重なって見えるのは自分だけだろうか。

ちなみに、パナソニックはリチウム電池でトヨタと組んでいるが、同時にテスラとも組んでアメリカに大規模なリチウム電池工場を作る。パナソニックも勝負に出ている。

この辺の動きは、将来経営の教科書に乗るはずだ。トヨタがコケルと大きい。頑張って欲しいが。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
8年使った炊飯器。奥様のリクエストで買い替え。

いつものように価格.comで売れ筋、人気などのランキングでチェック。タイガーの炊立て、税込9マンが60%オフ。こんなのに弱いのよね。普及器よりも上級器の型遅れの方が同じ値段ならイイというポリシーに従い購入。圧力炊飯器になったときは劇的にウマくなったと思うが今回も確かにウマい。極め炊きモードだと、嫁の実家の米使うと柔らかく成り過ぎる位だ。中華の方が買って帰るのもうなずける。
DSC06867.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
クーラーは誰でも持っている(たぶん)一番身近なOutdoor Goodsだと思う。

我が家も、コールマンのエクストリームのソフトクーラーから始まって、スチールベルト、ポリライト、象印の今はなきタフギアのポリクーラー、イグルーのデカいヤツ・・などゴタブンニモレズいろんなクーラーが転がっている。
P9251711.jpg
でも一番使っているのは、一番最初に買ったコールマンのエクストリームのソフトクーラーだ。保冷力が云々は、真空パネルのクーラーを知ってしまうとそんなに気になる差ではない。(6Lの真空パネルジャグをアイスペール替わりに使っているけど板氷なら2日経っても溶けない)ソフトクーラーは無理すりゃ結構大きな物も入るし、空になれば小さくできるし、何といっても軽い。要するにキャンカーの冷蔵庫に入りきらないモノを入れるサブクーラーとしてはソフトクーラーで十分なのだ。

ところがヘビーローテーションのエクストリーム・ソフトクーラーが長年の使用に耐えかねてついに破けてしまった。

あああこりゃ残念だ~などと言いながらニヤついているバカは早速ネットでポチした。

シアトルスポーツのフロストパック40qtだ。ソフトクーラーの中では保冷力が高いらしく、スノピのクーラーのOEM元だ。表面はターポリンでハードユースにも耐えそう。
DSC06834.jpg
DSC06826.jpg
内面が取り外しできるようになってないのでエクストリーム・ソフトクーラーの内袋を流用。ほとんど大きさが同じなので使えた。これはコールマンを見習ってほしいところだ。
DSC06833.jpg

SEATTLESPORTS(シアトルスポーツ) フロストパック ソフトクーラー
SEATTLESPORTS(シアトルスポーツ) フロストパック ソフトクーラー

Amazon USA で68ドル。日本は輸出規制がかかっているので転送サービスを利用すること考えるとナチュラムさんの10000円は妥当かな。自分もナチュさんで買いました。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
恒例のStereo誌8月号に付録でフォステクスの2Wayスピーカーがついているので買ってみた。

一昨年はScan-Speakの10cmフルレンジがついていたので家に転がっていたコーヒー樽につけてみた。今は、これまた何かのオマケについていたUSB-DACにつないで会社のPCにつないでPCスピーカーとして使っているがこれが結構イイ。PCスピーカーとしては上等な部類のBGMスピーカーになったと思う。何の計算もしてないし、バスレフ穴なんか手元のドリルで1個ずつ適当に開けていったのだけど低音も結構いけてる。コンクリ床に直置きしてデスク下で鳴らしているのがいいのかもしれない。ビギナーズラックだ。
DSC03932.jpg
今回は2Way。4000円でL+R=4個のスピーカーは絶対買えないし、オーディオ専門メーカーのスピーカーはやっぱり質がイイ。エンクロージャーも、自作もいいし、この付録に合わせて様々なメーカーからキットも出ているようだ。
DSC06821.jpg

大人の自由研究ってワケだ。

しかし、話は変わるが、車の純正スピーカーってのはなんであんなに音が悪いのだろう。特に外車は最悪だ。アルパインやパイオニアのトレードインスピーカーに変えただけでびっくりするぐらい音が変わる。BMWも変えたくてたまらない。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ハイエースは商用車なのでインテリアは決して豪華とは言えない。

別に絢爛豪華でなくてもいいのだけど、なんだかハイエース(4型だけ?)のインパネ素材は、ちょっと爪でこすっても傷がつくようなモロプラスティッキーでちょっといただけない。でもそこは流石に量販車でカスタマイズキットが結構あって木目調のインパネパネルなどもあったりする。注文して貼ってみた。

Before
DSC06838.jpg
After・・・実はセンターコンソール部分は貼ってない。というのは・・
DSC06852.jpg
・・センター周辺は銀モールが元々ありそこは立体的になっていて数mm手前に出てるのだけど、このパネルは立体になっていない。フィットしない場合はドライヤーで形を直せと書いてあったがそんな問題ではない。返品も考えたが、両面シールをはがすとNGとのこと。これでも十分ニギニギしいので中央貼らなくて良かったと思うけど。
DSC06840.jpg

楽天で23,800円のお品にはご注意。4型のインテリアパネルをお考えの方は今は人柱の段階だと思う。良品が出てくるのを今少し待ってレビューあたりを確認した方がイイかもしれない。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファイブスターに積んでいるトヨトミのエアコンを常設化してみた。

普段の収納状態。
DSC06523.jpg
ストラップを延長して横置き化。後部ベットへの通路がなくなってしまうが、現地で汗だくでセットするより良さそうだ。セカンドシートで抑え込めばビクともしない。
DSC06857.jpg
背面の排気ダクトもつないだまま。ダクトが手で触れない位に熱を持つので念のため壁と接する部分はシリコン鍋敷きを挟み込んだ。
DSC06858.jpg
ついでに性能テスト。33℃の外気温で30分稼働して28℃。十分実用になる。ただ正午だったので、窓は断熱シェードに、運転席はカーテンで分離しないと30℃を切らない。太陽熱との闘いだ。とは言っても、ガレージの中でのチェック(半分は太陽にさらされているけど半分は日陰)なのでフィールドでは厳しいだろう。あくまで就寝時のエアコンとしては十分だということです。昼間は車載エアコンでいいからね。
DSC06860.jpg

このスポットエアコン・・コンパクトなボディーで子供部屋用位のパワー2.2kwと、バンコンには持って来いだと思っていたけど、検索してみるとどうやら販売中止か(?)品薄のようだ。なんと5万とかになっている。

そうなってくると新しくトイファクトリーから出たセパレートエアコンの室外機をスペアタイヤのトコロへ設置したシステムしか選択肢がないのかな。(スペースが貴重なバンコンなので室外機を車内設置するのはシンドイと思うのだ。しかし、室外機を車の下に置いて塩害とかは大丈夫なんだろうか?)

何はともあれエアコンとトイレというバンコンの弱点も克服されてきた。できるだけベットメイクなしで3人の就寝という条件があったので自分はファイブスターにして、スポットエアコンの設置という選択にしたけれど、今後は選択肢もドンドン出てきそうだ。

しかし、このせまいバンコンをコツコツ何でもマシンにしてしまう日本のビルダーさんはスゴイ。盆栽のようだ。日本のビルダーさんも世界に打って出てもらいたいぞ。ハイエースなんて世界中で大人気車だ。結構売れると思うが。

ちなみに会社のスタッフもついにコルドバクルーズのエアコンシステムを購入しようと決心したらしい。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
子供が半日空きができたので、新居浜の総合科学技術博物館に行ってみた。トリックアート博をやっている。

小5ともなると、ハイそうでっか・・ってな具合でそんなに驚きはないようだ。お近くの方はおススメです。若干。
DSC06727.jpg
DSC06731.jpg
DSC06733.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」