Martin Aircraftの創業者であるGlenn Martin氏はジェットパック商用販売に向けた資金調達のためにオーストラリア株式市場に上場し、2700万ドル(約32億円)を集めたそう。2017年から発売するそうだ。

彼らの商品、「Martin Jetpack」は高さ1㎞まで上昇でき、滞空時間は30分、最高時速は74㎞、積載容量は120㎏。当初は約20万ドル(約2400万円)の予定で、その後量産されれば約15万ドル(約1800万円)ほどに下がるらしい。

実は個人の飛行装置は日本では2000年前後から750万円で発売されている。ジェットパックというよりタケコプターだけど、売れているのかそうでないのか全然わからない。日本では、軍用という道がないのでこの手の発明は全く広がらない。規制もがんじがらめでどうにもならないのかもしれない。

アシモもそうだし、サイバーダインのロボットスーツもそうだけど、国はベンチャーを支援する規制改革や上場支援を全力ですべきだ。21世紀のソニーやホンダが出ないと・・。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PCに大きなバックドアを作るソフトをプリインストールしていたレノボのPC。

削除ツールが公開された。http://news.lenovo.com/article_display.cfm?article_id=1931
lenovosf_20150225145340fac.jpg

早速走らせると、デスクトップは異常なし、ノートの方はルート証明とレジストリが残っていた。全く・・・だ。

また、改めてチェックしてみるとノートの方はWebスタート画面を自社のHPに設定したはずなのに、msnのレノボページになっている。オプションで設定してもまた元に。。右下にスタートページ変更をブロックしたとのメッセージ。設定をブロックしない・・にすると変更はできたけど、どうやら何かのプログラムが邪魔しているようだ。片っ端からレノボソフトをアンインストールしていくが、Lenovo Web Start というソフトはアンインストールもできない。こりゃ油断できない。

レノボは本当にダメだ。顧客データは扱わないようにしよう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
昨年から取り組んでいた千本ハウス。整地から始まり1年。いよいよ完成だ。

Yクンからお誘いいただいて初宿泊。
P2210027.jpg
土曜日の昼過ぎに到着すると階段までできている。
P2210023.jpg
Tさんが黒板まで用意していてHシェフが本日のお品書き。
P2210030.jpg
桜の木で作った囲炉裏でじゃがいもみそ焼きからスタート。お品書き通り。
P2210034.jpg
何せパレットなんで隙間風はピューピューだけど薪ストーブに囲炉裏でアッタカインダカラ・・。キレイにCOは抜けるので中毒の心配は完全になさそうだ。

自分はキャンカー泊だったけど、ストーブが消えたら場所によっては隙間風で寒かったそう。でも、早速翌日にはTさんがベニアで内装手当。不具合があってもすぐに改良できるのがいいところ。

次は、内外装のお化粧と下に広がる斜面を耕作地にするらしい。農業倉庫としての届なので、まさにその通りの用途になりそうだ。
P2210038.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ファーストカーのみドラレコ装着していたのだけど、身近なところで事故がチラホラあって、キャンカー、嫁カー、老母カーともにドラレコを装着することにした。

機種には何のこだわりもないが、一度中華メーカーの下に液晶がパカッと開く激安ドラレコを会社の車につけたらGPSやラジオにヒドイノイズが入るようになったので、一応日本メーカーの「ユピテル」に。

一個開封してみると、電源ケーブルがよくある丸型端子じゃない。USBのミニBだ。アレレとシガーソケット見てみると12V>5VのDC DCコンバーターだ。こりゃ途中でケーブル切って直接12Vに接続するわけにはいかん。シガーソケットのメスを買ってきてコンバーターをどっかに固定しておく必要がある。外国車はエンジン切ってもシガーソケットに何十分か電流が流れるのでどうしてもACCから直結で電源をとらなければいけないのだ。ちょっとめんどくさい。
IMG_1786_201502131117325d7.jpg

でも考えてみれば、5V駆動ってことはUSB電源さえ用意するれば動くわけで、家での簡易防犯カメラなどとしても使えそうだ。わずか5Wなので、電気代も問題にならない。何かのイタズラに困っている人にはお安い防犯カメラでよさげなのです。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
年末にどうしてもWindows7がいるようになって購入した中華レノボのPC。

IMG_1746.jpg

実はその後もノートPCが緊急で必要になって近所のPCショップでレノボ製を1台追加購入している。時間に余裕があるときにはネットで買うのだけど緊急で「今日」必要になるとリアル店舗では数段値段が高くレノボに手を出してしまったのだ。

先日GIZMODOでレポートされていた重大なレノボの大穴。レノボの方で知らなかった方は今すぐココの元記事をチェック。チェック方法があるので対象の方は確認してみるべきだ。

一部引用”レノボ製のほぼ全パソコンに工場出荷の段階で「セキュアな取引きまで傍受できる」とんでもないアドウェアがプリインストールされていたことが、同社フォーラムに寄せられた苦情多数で明らかになりました。

ソフトの名前は「Superfish」。グーグルの検索結果やサイトを開くとユーザーの許可なしにサードパーティー製の広告を挿入するアドウェアで、少なくともChromeやIEでは動作が確認されています。

広告挿入もひどいけど、問題はそれだけじゃありません。こやつ、自己署名証明書を自己発行して、偽のSSL証明書を生成し、SSL通信の中身まで覗けるようにする不届き者なのです。俗に言う「オレオレ証明書」。”

「Superfish」をアンインストールしても偽造された証明書は残るそうなので潜在的な脅威はなくならない。レジストリを削除する必要がありそうだ。

絶対に中華メーカーのPCは絶対買わんぞ。銀行も、ネットに繋ぐPCと業務は全く別らしいがレノボです・・なんて言っていたがシステム部は大騒ぎだろう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
BMW 523i のワイヤレスキーの電池交換方法。

3年で2回目なので1.5年に一度のペース。5年乗るのであと1回は変える必要がありそう。サービスに持っていくとキーのIDを読み取っているみたいなので、近接通信で結構電力を使っているようだ。
IMG_1780.jpg
ロックボタンを押して物理キーを外す。キーの先端を四角の穴に突っ込みつつリアカバーを外す。
IMG_1781.jpg
電池は2450。近くの電気店で二百数十円。
IMG_1782.jpg

完全に私的記録です。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
気合の入ったコールマンのミレニアムランタン。
P2170015.jpg

早速夜になったので、いつものように下のような明るさ比較しようと思って
DSC00115_201502172310003e0.jpg
コールマンのLED系と
DSC00843_201502172310013df.jpgDSC03004_2015021723100367d.jpg
と、ジェントス系をOUTDOOR部屋から持ってこようと思ったのだけど試しにミレニアム単独でデッキを照らしてみるとピカ―と昼間になった。明るさ比較しようにも真っ白で圧倒的にミレニアムの勝利だ。
P2170013_20150217231043b3a.jpg
試しに6畳の和室でしばらく過ごしてみたけど天井からぶら下がっている30型+40型の2連丸型蛍光灯より明るい位。特にリフレクターつけたら正に100W球の作業灯。とにかく今あるランタンの中では最高に明るいだろうと思う。一言でいうとあなたの部屋の蛍光灯やシーリングライト1個の明るさだと思えばいい。追記:光の拡散という点ではムラがあるので部屋の70W蛍光灯と同等というのは言い過ぎだった。明るいところは、それ以上だが部屋のすみはそうでもない。点光源の難しさと思う。

まあフンイキはイマイチだけどね。あと、なんでこんなに大きいのか・・とかリフレクターはもう少しスマートに本体に一体収納できないのか・・とかなんで未だに単1を6本使うのか(作業灯でもリチウムイオンを使ったりするのに)とか不満はあるけどね。また用途とは違うけど、白色LEDは写真とると青白く写るが、これは黄色でブルーカットしているのでフツーに白く写る。写真撮影の補助光にはちょうどいいかもしれない。
P2170019.jpg





にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ニュースリリースでコールマンから1000ルーメンのメインになるLEDランタンが出たってので早速注文してみた。ColemanミレニアLEDキャンプサイトランタンだ。
P2170015.jpg

もう自分でもコレクターとしか言いようがない。それも価値の出るWGのクラシックランタンではなくて、何の価値もでない電気ランタンの収集家だ。どうかしてるが、新しモノ好きなので仕方ない。

第一印象は結構デカい。そして誤解していたのだけど、暖色ではない。白色だ。黄色の発光部が説明写真を見ると取り外し可能のように見えて、白色ランタンに好みで黄色のキャップをかぶせると暖色になるのかと(勝手に)思っていたが、全然違う。(でも、下の商品写真見ると、そう思わない?注意が必要だ)
LED.jpg

わざわざ青のLEDに黄色のカバーで白色にしているようだ。なぜなのかはイマイチわからんが、箱の説明によるとキーンとまぶしいLEDの光をやわらげているとのこと。白色LEDにディフューザーをかぶせても同じになると思うのだがなぜ補色で補正するのかな。薄学にて不明。

1000lmというとJIS C 7501一般照明用電球代替表示区分によると70W級ということだけどリフレクターつけると100W級と思う。確かに明るい。

夜に測ってみよう。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ハイエースにテールゲートランプをつけたなんていったら怒られそうな小ネタ。

スポーツオーソリティーで特売になっていたプッシュライト。
IMG_1784.jpg
裏に磁石を取り付けて・・
IMG_1785.jpg
テールゲートに貼った。(爆笑)
IMG_1783.jpg
・・ええ。バカにしてください。でも便利です。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
RICOH THETA を注文した。

360°カメラいわゆる全天球カメラだ。
ricoh-theta-640x353.jpg
口では説明が難しいけど、こんな感じの静止画や動画が撮れるのだ。
The top of the mountain in Pilatus, Switzerland - Spherical Image - RICOH THETA


グルグル360°見渡せるのはGoogleストリートが有名。実はGoogleのインドアビュー(Google ストリートからそのまま店内に入ることができる)の提案を広告代理店さんからもらったのだけど、プロがやってきて撮影するのでマズマズのお値段。RICOH THETAなら何枚アップしてもこのカメラ代の3マンポッキリだもんな。もちろんストリートからのリンクはないけどね。

でもこのリコーの閲覧サイト、THETAという無粋なロゴには閉口だし、製品の販売中止と同時に突然閉鎖の可能性もある。Youtubeも360°ムービーに対応したってことだけどTHETAさんはカヤの外なんだろうか?

米ネバダ州ラスベガス市で開催されている家電市CES2015で、360度全方位カメラの360camを開発した仏GIROPTIC社が、次世代の360°ムービープラットフォームについてYouTubeとパートナーシップを結んだことを発表した。キックスターターで資金を集めたベンチャーだ。リコーさんガンバって。


ホントはリコーじゃなくてソニーあたりがこの全天球カメラをスマホに搭載したり、全天球ビデオカムを作って、TVとスマホとヘッドマウントディスプレイに展開すれば天下とれると思うのだけど。要素技術あっても日本人は商売にできないのよね。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
先日取り付けたサブバッテリーの補充電ソーラー。

確実に成果はあったようで充電12.9V。ところが車のメインバッテリーが(お出かけの機会が少ないので)12.1Vになっている。(写真は充電中なので12.5になっている)
P2110038.jpg
メインの方はダッシュボードに4Wのソーラーを載せてクレソン時代から補充電しているんだけど・・。
P2110041.jpg
チェックしてみたら結構ボロボロ。チャージランプはついているんだけどちょっとその効果は怪しげになってきた。
P2110040.jpg
せっかくなんでサブバッテリー補充電用の10Wソーラーでメインバッテリーも補充電することにする。
DSC00592_20150119152819996.jpg
メイン・サブのバッテリーを充電制御させることも、ダイオードとリレーで容易にできそうだけど、実際に車載しているソーラーなら自動制御があれば便利だけど、どうせコードの抜き差しが必要だから、それで、メイン・サブのバッテリーを切り替えるようにした。(笑)
DSC00598_201501191528389a8.jpg
コードはエントランスステップのジャッキ収納庫に収納。エントランスライトなども入れている。結構、入るのです。
P2110035.jpg
車外への取り出しは例によってエアコンの排気口から。
DSC00596_201501191528367ad.jpg

で、接続。「着実に充電開始」ってのが冒頭の写真。これで長期放置も大丈夫だ。って車動かせよって話。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
アマゾンの中華OUTDOOR Goodsシリーズ(そんなのないけど)で見つけた斧つきマルチツール。

子供が受験なので今年はソロキャンプの予定なのだが(本当か?)そのためのツールに最適なペグ打ちハンマー 兼 ネーチャーストーブ用の鋸&斧 兼 プライヤー 兼 その他モロモロツール。世の中にはいろんなマルチツールがあるけれど、この組み合わせは珍しくないか?
P2110033_20150211111053fc8.jpg
この手のマルチツールはイロイロできるけどすべて中途半端なことが多いけど、ちょっとした焚火にはちょうど良さそう。ナイフと斧は早速砥いでマズマズの切れ味に。さっそくペグケースに突っ込んでおこう。
P2110034_201502111110554a8.jpg

人民解放軍はポッケからいろんなツールが出てきそう。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
これは絶対バカにされるネタだけどママチャリのバージョンアップをした。

奥さまのリクエストでリアキャリアの装着。
P2080002.jpg
ついでにちょっと走ればお尻が痛くなるシートを、GIANT Airのお古のシートに入れ替えた。ついでにシートポストは安価な鉄プレス部品でサビが出てたので黒で再塗装。
P2080003.jpg

ドッペルギャンガーのチャリはパーツも安価でネット販売されているのでチョコチョコ楽しめる。

いやいや、週末も仕事だったし、結構忙しいんだけどねえ。
そこのあなた・・バカにしたでしょう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
間違ってもそのまま発売ってことはないだろうけど。

ホンダのイメージアップにも役立つからキャンカーがらみにも参入して欲しいとも思うのは自分一人ではないだろうと思う。元ホンダ党としてラブコールだ。
150205am_cs1501001H.jpg
150205am_cs1501002H.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
非難する人も全文読んでるのかな。頭ひねった文章のように思うが。


1.中庸が最善

イブラヒーム・マハラブ首相閣下、
日エジプト経済合同委員会の皆様、
ご列席の皆様、

 アッサラーム・アレイクム・ジャミーアン (皆さん、こんにちは)

 今回このように、悠久の歴史と文明を誇るエジプトを訪問することが出来たことを心から嬉しく思います。今回で、この2年のうち、5回目の中東訪問になりますが、これは日本がいかにこの地域を大切に思い、尊敬の念を抱いてきたかを示すものです。

 私は一昨年、ジッダにおいて日本の新たな中東政策を発表したとき、「タアーイシュ(共生と共栄)」、「タアーウヌ(協働)」に加え、「タサームフ」、すなわち和と寛容を、主導理念にしていきたいと言いました。私はこれまで、この理念に沿った中東政策を実施してきました。 

 今回私は、「中庸が最善(ハイルル・ウムーリ・アウサトハー)」というこの地域の先人の方々の叡智に注目しています。

 「ハイルル・ウムーリ・アウサトハー」、伝統を大切にし、中庸を重んじる点で、日本と中東には、生き方の根本に脈々と通じるものがあります。

 この叡智がなぜ今脚光を浴びるべきだと考えるのか。それは、現下の中東地域を取り巻く過激主義の伸張や秩序の動揺に対する危機感からであります。

2.日本は中東の伴走者

 中東の安定は、世界にとって、もちろん日本にとって、言うまでもなく平和と繁栄の土台です。テロや大量破壊兵器を当地で広がるに任せたら、国際社会に与える損失は計り知れません。

 先の大戦後、日本は、自由と民主主義、人権と法の支配を重んじる国をつくり、ひたすら平和国家としての道を歩み、今日にいたります。いまや新たに「国際協調にもとづく積極的平和主義」の旗を掲げる日本は、培った経験、智慧、能力を、世界の平和と安定のため、進んで捧げる覚悟です。

 中東の安定を、私たちがどんな気持ちで大切に思い、そのため力を尽くしたいと念じているか、意欲をお汲み取りください。

 2年前、私の政府はこの考えに立って、中東全体に向けた22億ドルの支援を約束し、これまでにすべて、実行に移しました。本日この場で皆様にご報告できることは、私にとって大きな喜びです。

 「中庸が最善」の精神に裏打ちされた、活力に満ち、中東地域の人々が安心して暮らせる、安定した中東を取り戻すこと。日本の協力は、まさしくそのためにあります。エジプトの皆様、中東の人々に、知ってほしいと願わずにはいられません。

 社会に安定を取り戻し、成長への道筋を確かにできたとき、エジプトを始め中東は、潜在力を爆発させるでしょう。そこへ向け努力する皆様にとり、日本は、常に変わらぬ伴走者でありたいと願います。

 ここで私は再び、お約束します。日本政府は、中東全体を視野に入れ、人道支援、インフラ整備など非軍事の分野で、25億ドル相当の支援を、新たに実施いたします。

3.エジプトの努力に敬意

 ご列席の皆様、私は今回出発に先立って、1枚の写真を目にしました。151年前、1864年4月4日、日本人が、ギザで初めて、スフィンクスを背景に撮った写真です

 自分たちのものより何倍も長い歴史をもつエジプトに、日本人は一世紀半、いつも魅了されてきました。こつこつと誠実にいいものを作る姿勢、そのような仕事をすることを尊いと思い、達成した仕事に誇りを持つこと。働くことに対して高いモラルをお持ちのエジプトの皆様です。大エジプト博物館(GEM)の建設や、エジプト日本科学技術大学(E-Just)の事業で、皆さんと一緒に働けることは、私たちにとって大いなる喜びです。

 日本の協力でできた小児病院を、皆さんが「日本病院」と今でも呼んでいること、首相閣下もよくご存知ですが、運河の橋が、日本の支援でできたと覚えてくださっていること。ひとつひとつ、私たちの誇りです。

 友情は、日本とエジプトを、どこまでもつないできました。

 そのエジプトが、いま安定に向け、懸命な努力を続けておられる。エジプトが、人々が安心して暮らせる平和で豊かな国になれば、中東は大きく繁栄する。この強い責任意識のもと、長い歴史と、伝統に根ざしつつ、「中庸が最善」の精神に立って、エジプトの人々に合った形でじっくりと民主化への努力を続けておられる。私はそういうお国の歩みを支持しています。

 私は日本国民を代表し、皆様の努力に対し、心からなる拍手を送りたいと思います。

4.日本の約束

 ご列席の皆様、私たちが築いてきた友情の物語に、新たなページを加えるときがきました。

 エジプトが安定すれば、中東は大きく発展し、繁栄するでしょう。私は日本からご一緒いただいたビジネス・リーダーの皆様に、ぜひこの精神にたって、エジプトへの関わりを増やしていただきたいと願っています。

 日本政府は、その下支えに力を惜しみません。

 E-Justにとって便利で、有望な産業立地とも近いボルグ・エル・アラブ(Borg El-Arab)国際空港の拡張を、お手伝いします。電力網の整備とあわせ、3億6000万ドルの円借款を提供します。

 カイロ地下鉄など交通インフラや、再生可能エネルギー、火力発電に、日本は最先端の、環境に優しい技術を提供します。エジプト発展の、一助となるため、ひいては、中東全体に安定の基礎を広げていくためです。

 その目的のため、私が明日からしようとしていることをお聞き下さい。

 まず私はアンマンで、激動する情勢の最前線に立つヨルダン政府に対し、変わらぬ支援を表明します。国王アブドゥッラー二世には、宗教間の融和に対するご努力に、心から敬意を表すつもりです。

 パレスチナでは、保健医療、水道整備や西岸とガザの難民支援など、民生安定に役立つ施策を明らかにします。

 イラク、シリアの難民・避難民支援、トルコ、レバノンへの支援をするのは、ISILがもたらす脅威を少しでも食い止めるためです。地道な人材開発、インフラ整備を含め、ISILと闘う周辺各国に、総額で2億ドル程度、支援をお約束します。

 イラクでは、全党派を含む、国民融和内閣による安定的な統治が絶対に必要です。日本は、そのための努力を支援し続けます。地域から暴力の芽を摘むには、たとえ時間がかかっても、民生を安定させ、中間層を育てる以外、早道はありません。「中庸が最善(ハイルル・ウムーリ・アウサトハー)」。日本はそこに、果たすべき大いなる役割があると考えています。

5.日本と中東和平

 ご列席の皆様、私は、中東和平プロセスの現状、というよりその難しさに、皆様と同様、心をいためるものです。

 中東和平を進めるには、周辺国を含めた対話、協働、信頼関係づくりが不可欠だと信じる日本は9年前、ヨルダン川西岸に「平和と繁栄の回廊」をつくる提案をしました。このプロジェクトが和平にとって何より大切な資産――地域における全ての関係者の信頼を育ててくれること。それこそが、私たちの切なる願いです。その願いのために、日本は、イスラエル、パレスチナ、ヨルダンと一緒になって取組を進めています。

 中核をなす農産加工団地は、形を現しました。私はサイトを訪れて、この目で見るつもりです。遠くない将来、ジェリコ周辺の農産品はここで付加価値をつけ、回廊を通って、近隣諸国や湾岸の消費地に向かうでしょう。

 「平和と繁栄の回廊」はやがて、一大観光ルートになる可能性を秘めています。パレスチナを、ツーリズムで賑わう場所にしようではありませんか。日本は、喜んでその触媒になります。

 1997年以来足かけ18年、日本政府は、イスラエル、パレスチナ双方の青年を招き、日本で共に過ごしてもらう事業を続けてきました。

 私のもとに来てくれたとき、私は青年たちに、7世紀の人、聖徳太子の言葉を贈りました。「和を以て貴しと為す」という言葉です。

 彼らこそ、和平を担う若い力となってほしい。そんな願いを託しました。今回は訪問先で、「卒業生」の皆さんを集めて同窓会を開きます。

 日本は近い将来、パレスチナを、国家として承認できる日が来ると信じています。その日が早くなるよう、いわゆる二国家解決を進めるため、イスラエル、パレスチナ双方に、交渉の再開を訴えます。

 「パレスチナ開発のための東アジア協力促進会合(CEAPAD)」という枠組みのことも、ご記憶ください。戦争の荒廃から復活した日本、わずか一世代で経済的飛躍を遂げた東南アジア諸国は、パレスチナの支援に活かせる経験と智慧において豊富です。持ち寄って実際に役立てようと、日本の肝煎りで始まったものでした。

 中東和平にとって不可欠の、「信頼」が育つよう、息長く協力を続けてきたのが日本です。私たちに果たすべき役割がある限り、勇んで引き受ける覚悟だと申し添えます。

6.共生・共栄・協働・中庸

 大いなる可能性を秘めた中東地域。しかし、この地域を取り巻く情勢は、近代史上、もっとも大きなチャレンジの一つに晒されていると言っても過言ではないように思えます。しかし、それだからこそ「中庸が最善(ハイルル・ウムーリ・アウサトハー)」と、私は最後に繰り返したいと思います。

 過激主義でなく漸進主義をとり、何よりも民生の安定を目指し、歩んで行かれる努力に私は最大の敬意を表します。憎しみでなく、寛容、そして中庸をむねとして中東がその巨大な歩みを着実にするとき、世界は祝福に包まれます。

 日本は、あらん限りの力と智慧をもって、中東に共生・共栄を、協働による和と寛容、そして中庸をもたらす一助となるよう、努め続けることをお約束します。

 そのためにこそ、日本とエジプトが、新たな1ページをめくるべきだと申し上げました。日本とエジプトに、そして日本と中東に、タヒヤー・サダーカ(友情よ永遠なれ)。

 シュクラン・ジャジーラン(有り難うございました)


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
長ーーいイス。

コールマンUSAの5人掛け長いす。飲んで食ってゴロンと横になることさえできる。

イルカ?イルカ?イルカ?と自問自答してコールマンアウトレットのオネーサンに「これどう?」って聞いてみたら少し困った表情で「重いです」と言うので吹き出しそうになって「じゃ頂きます」。ディスプレイするときに実際に重かったんだろう。予想を裏切る見事なオネーサンのゆるーい返しに虚を突かれた形だ。

2980円。安物買いの・・ってやつだ。まあ荷物置きってことで。
P2040006.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
Raspberry Pi 2 ・・オッサン世代にはマイコンっていった方がわかりやすいかもしれない。

ケンブリッジ大学コンピュータ研究所に勤務していたエベン・アプトン氏が、子どもたちがプログラミングやコンピュータを手軽に学ぶことのできるツールを・・・ってことで開発されたのがRaspberry Pi。2012年、わずか35ドルという低価格で発売され画期的に安価なLinux環境で様々なアイデアを実現する手のひらPCとして売れている。
00-top_m.jpg
なにができるかは下の動画みればわかります。


で、その次世代版Raspberry Pi 2が4000円ほどで発売された。驚くのはここからで、そのマシンにMicrosoftの次期OS・「Windows 10」が無償提供されるそうだ。

マイクロソフトとしては、AndroidやLinuxの上でJAVAでプログラム書けば万事OKで、重くて閉じた世界のWindowsなんて見向きもされなくなる・・ってのが脅威だったのだろう。

自宅に余ったディスプレイやマウスなどがあれば、Youtube連続再生のジュークボックスやバーコードつけて冷蔵庫データーベースマシンとか電話代わりのスカイプ専用マシンとか作れば面白いかもしれない。

今年はマイクロソフトの株買っとけばいいかも・・です。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
いや汚いシェーバーを皆さんに見て貰いたいワケじゃない。

このシェーバー実は9年目に突入しているのだけど全く電池がヘタらない。洗浄機能がついた充電台の方は壊れてしまったのだが本体は全く問題なしだ。ブラウン一筋だったんだけどその時は結構ソレナリに使用年月とともに電池が弱っていったのだが、これは全く元気なのだ。

DSC05054.jpg

今はなきNational(Panasonic)の製品がいいのかどうなのかわからないが(いや確かに剃り味は最高だと思うのだが)今までのシェーバーと違うのが電池の種類と充電方法。

このシェーバーはリチウムイオン電池なのでメモリ効果がないために継ぎ足し充電を積極的にしている。電池残が70%になったら必ず充電しているのだ。3~4日で1回充電するというサイクルだ。調べてみるとこんなグラフがあった。
6_004-1.gif

100%の深放電を繰り返すと1000回充電で80%の容量になるが、20%浅放電なら5500回充電でようやく80%の容量になるとのこと。計算してみると100%放電なら80%容量に電池が減るまでに電池容量の1000倍使用でき、80%放電なら1280倍、50%放電なら2100倍、20%放電ならば1100倍の電気が使えることになる。

要するに、半分使ったら充電するのが一番効率がいい計算になるわけだ。スマホの充電の参考になるかもしれない。毎日浅放電で充電すると50%放電で充電する人の半分しか電池が持たなくなるわけだから無視できない。

しかし、このシェーバーまだまだ使えそう・・と思っていたらヤマダ電機のポイントが16000ポイントあったはずが、なぜか12000に減っている。どうやら有効期限があるようだ。ミスミス廃っていくのはもったいないぞ。

古いシェーバーは出張用ってことで、ポイントに8千円ほど補充して新調したのがPanasonicの5枚刃。Made in 彦根の日本でしか作れない刃らしい。さあ果たして今回は何年持ちますかね。
P2020003.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
子供がヒサビサに1週間の塾休み。今年は受験なので最後の骨休めになりそうだ。

いつも子供の面倒を見てくれている老母と一緒に「ベタ」な温泉旅行でも・・って話になって候補に挙がったのが九州のトアル温泉ホテルだったのだが残念ながら一杯。で、隣県のレオマというバブル時代の地方テーマパークを大江戸温泉が買収してやっているホテルに決定。温泉とテーマパークとショッピングという各人の要望を程よくミックスしたプランで行ってきた。

まずは、ショッピングってことで倉敷の三井アウトレットパーク。意味もなくツリーハウスをパシャリ。
P1310015.jpg

で、丸亀に帰ってきてメインの温泉ホテル。
P2010079.jpg
それが何にも期待してなかったんだけど、バブル時代の産物で結構ゴージャス。
P1310077.jpg
ハワイセンターみたいにフラダンスは始まるし、
P1310074.jpg
バイキングなんて結構豪快。カニとカキが食べ放題だ。
P1310030.jpg
ブリの解体もあったりして・・
P1310024.jpg
もう食えねえ、もう飲めねえってほど食事して、
P1310026.jpg
日没と同時にパークの方へ・・
P1310037.jpg
まずまずのイルミネーションを見つつ・・
P1310038.jpg
観覧車に乗って・・
P1310040.jpg
P1310063.jpg
お目当てのプロジェクションマッピング。それが期待以上のデキなのだ。最後にパーンと花火も上がって大満足。
P13100202.jpg
バスでホテルに帰って・・
P1310066.jpg
冷えた体を温泉で溶かして(写真はHPから拝借・・盗撮ではないよ)
onsen_slide03_4.jpg
で、温泉旅館定番の卓球・・が一杯でエアホッケー。カラオケルームは予約が一杯で残念。
P1310032.jpg

・・と昭和の時代の温泉ホテルのノリなのだ。なんかベタベタなノリでフンイキや上品さはもちろんないけど「安く」そして「楽しく」過ごせるのは間違いない。客もごった返してる。経営が変わるとこんなにまで変わるものかとびっくりした。流石、大江戸温泉物語。(って泊まったのは初めてだけどね)建物は老朽化しているところもあるけれど流水プールや波のプールなども工事中で未だ投資中ってのがすごい。

これみて泊まりたい人がいるかどうかはわからないけれど、ノウハウ的なものを書いておくと、パレードやプロジェクションマッピングなどのイベントを下調べして、できるだけ早くチェックインし、食事やすべての予約をしてしまうことだ。で、予約時間の15分前行動がポイント。メインのエレベーターが2機しかないので人と同じ動きだと大変。

翌日も11時のチェックアウトまでノンビリして昼食いや夕食かな・・は一鶴。豪快に鳥足にかぶりついて帰りました。
P2010083.jpg
P2010080.jpg






にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」