久谷の奥に彼岸花の名所があるらしい。

残念ながら1週間遅れ。
IMG_2030_2015092823412265e.jpg

その足で、嫁ハンが友達から聞いた大洲にあるハンドメイドの服屋さんに。
SA-RAHという店だが工房直売の店らしくどれも1点もののお品。リトアニアリネンを使った素朴でざっくりしたデザイン。自分がシャツに嫁ハンはスカートを購入。
IMG_2031_20150928234124f15.jpg

ちょっとナメテいたのだけど、大洲のそれも郊外の田舎にあるのが不自然なくらいに品だけでなくショップのディスプレイもカレンダーもカタログも隙がない。ビジュアルもレンタルフォトなんかじゃなくてモデル使って海外ロケ。これだけでも最低数百万だろう。オーナー様は女性で脱サラの立ち上げらしいが、結構な投資。たぶん数千万。主婦の副業の域を超えている。全国展開を目指しているのだと思う。東京でイベントを結構やっているとのこと。この日もオーナさん不在。面白い。
IMG_2032_20150928234125f9c.jpg

夜は若乃花プロデュースの居酒屋、若の台所。これは最低。途中で残して他の店に行ったほど。典型的なタレントショップで焼き畑式営業だ。
IMG_2037.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
奥さまが落下させたiPhone 6 PLUS。

ものの見事にコナゴナだ。
IMG_2016.jpg

しゃーないな。保証で交換(修理)だ!ってことで物置から契約書類を引っ張り出すと、マズイことにSoftbankにもAppleにも保証加入していない。そういやいつもは機種変更に夫婦2人で買いに行くのだが、6の時は予約がバラバラだったので契約に立ち会ってないのだ。保証をどうしたか自分も嫁ハンに確認しなかった・・失敗!

Appleに問い合わせてみると4万数千円の修理費用がかかるとのこと。6Sが販売されたばかりで次の7まであと1年だから微妙にモッタイない。

サードパーティーの修理屋さんがないか調べてみると松山の田舎にも「あいさぽ」という修理センターがある。全国にあるようだ。

嫁ハンが問い合わせてみると持ち込み1時間でガラス交換できるとのこと。費用を聞いてみると1.98マン。半額だ。

で修理完了。全く修理したかどうかわからないデキ。半年保証もあるらしい。選択肢の1つですね。
IMG_2029.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
だいたい、擦り合わの技術では世界一の日本が開発できないクリーンディーゼルをドイツ勢はバンバン開発できることが不思議だった。

アメリカの独立NPOのICCTが走行時のガスの汚さに気づいて、ウェストバージニア大学に精密な測定を依頼。結果が悪くEPA(米環境保護庁)に突っ込み2014年12月にリコールしたのだけど排ガスが改善せずに「実はやってました・・・」ということになったらしい。テストしたのはVWのジェッタ、パサート、BMWのX3でどれも明らかにムラがあったらしい。
名称未設定-1

しかし、実は車業界では結構普通のこと。最近の車はハイブリッドでなくても燃費がいい。コンピュータがFI(燃料噴出)やEGR(排ガス循環)の制御をするようになってからの燃費向上は著しい。もちろん技術革新で実燃費が向上しているってのもあるんだろうけど、同じ技術革新でも燃費テストの対策技術が革新された部分も大きいだろう。テストの走行パターンと実燃費の差は相当大きくなってきているのが何よりの証拠だと思う。

燃費と同じように、排気ガスのクリーン度もコンピュータ制御でいかようにもなるだろう。特にディーゼルの場合は燃費やパワーとNOxやPMは反比例するがどちらに重点おくかモードを使い分ければ見かけは両立できるわけだ。

どの車も(ガソリンもディーゼルも)山道をぶん回しながら走る際は、燃費も相当悪化しているし、排ガス基準はオーバーしているはずだ。

もっといえば、NOx(窒素酸化物)もPM(すす)も、石油ストーブでもガスレンジでも出ている。地球上の80%のNOxは肥料から出ている。

・・・なんて言い訳があったのかもしれない。

ただ、VWはやりすぎた。ダイナモの上で加減速しながら排ガス測定するわけだけど、ハンドルの切れ角や速度のパターンを読み取りこれがテストなのかどうか厳密に判断してプログラムが分岐するようになっていたらしい。明らかに「騙し」だ。

なんでVWはそこまで露骨な騙しのプログラムを書かなければいけなかったか・・はイロイロあるようだが、これはいいワケできない。賠償金の問題ではなく企業イメージが相当厳しいだろう。真面目に設計して起こったミスはたとえどんな事故があったとしても誠実に対応すれば世論は許すけれど、初めから騙そうとしたことが発覚すると人間として、企業哲学として、どうなの・・的な話になる。

正しい心で・・ってのは会社でもよくいうことだけどマッコトその通りで。

排ガス基準が厳しくなってディーゼルのラインナップを消した日本のメーカーには「良心」があったといえるだろうし、後処理装置なしで日本のディーゼル基準をクリアしたマツダのディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」などはヒサビサに日本のヒットなのかもしれない。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
父は少し風変りだったのかもしれない。

宗教は信じない。賭け事はしない。酒を愛する。仕事はする。人生を楽しむ。そんな人間だった。

生家は3人男兄弟で家業を営んでいたのだが、自分だけ独立して本家の至近で同業を始めた。兄にアレコレ言われるのが嫌だったのだろう。遊びも、若い時は野球部だったらしいが、人に指図されない自分を試すようなものが多かった。ゴルフは会員権を買って一人でラウンドすることも多かったようだし、室内練習場を作るほどの入れ込み用で、シングルプレイヤーだった。晩年は、死ぬほど音痴だったのにカラオケを始めて人に笑われながらカラオケの先生に習いに行って地元のカラオケ大会では入賞したり。

簡単に言うと変わり者だ。

特に、若い時に何かあったのか、祖父の葬儀の際に何かあったのか、自分が死んでも(葬式の時には死んでるわけだが)坊主の世話にはならない。自分の生まれた港町の海に散骨してくれなどと冗談だか、本気だかわからないことをよく言ってた。

宗教も賭け事にも、知らない誰かが決めた流儀があるのでその流儀に従うのがイヤだったのかもしれない。

そんな父が昨年の5月に逝って、さあ葬式をどうするのかという話になった。

母は、盲目的に信心深い人間なので、通常の葬儀をすればよかったのかもしれないが、自分も父のDNAがうずいたのか、会社のスタッフで元葬儀屋さん勤務なんてのがいてその内情を聞いていたせいか、でも一番は父らしい葬儀にしてやりたかったので葬儀も墓も無宗教でやることにした。葬儀はホテル葬で墓はオーダー墓だ。大変だったし抵抗勢力(?)からの圧力は結構なものだった。「ほんとうにそれでいいんですか。お父様は成仏できますか?」

やってみて思ったことは、滅茶苦茶安くできるということだ。

で、1年経って彼岸で墓参り。お墓のセールスをやっているらしく各社の墓石営業マンがテントを張って客を待っている。

ところが父の墓の周りに営業マンの人だかりが・・。

しばらく離れたところから聞いていると

「このお墓カッコいいよね。シンプルでいいよね。お墓はこれでいいよね。」

吹き出しそうになったが、その道のプロが言ってくれているのだから信じても良さそうだ。1年前に複数の会社の営業マンに建墓を断られ、脅されたのだけどね。

すみません線香あげたいのですが・・と声をかけると、バツが悪そうに蜘蛛の子を散らすようにいなくなった。

これがその墓。シンプルの極致のキューブで床は大理石。父の写真をレーザー刻印したステンプレート。上面には空が写り、父の写真が空に浮かんで見える。
IMG_2023.jpg

それみろ・・とオヤジが墓の下から言っているような気がした。

自分はいつ仏教徒になったんだ?という人もいるはず。この夏、同じ思いを持っている人のために、葬儀屋を立ち上げた。全国サービスで利益は度外視だ。

自分らしい葬儀があっていいはずだ。

父だけでなく自分もなかなかの風変り者なのだろう。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ハイエース200系4型にヒッチをつけてみた。

ヒッチはポピュラーな宮武開発鉄工「DMD」さんの3本出しヒッチだ。垂直荷重100kgのもの。夏前だったので納期が1カ月だった。参考になればいいと思いちょっとマニュアル風レポート。

(1)まずリアバンパーの取り外し

バンパーの左右の下部にあるプラクリップの取り外し。中心部分をマイナスでこじ上げれば外れます。その上で、バンパーを手前に引けば左右のロックが外れる。
DSC00719.jpg
バンパー下部のステーについているプラクリップ4カ所の取り外し。バンパーを外した後にステー自体も作業の邪魔になるので取り外しておいた方がいい。
DSC00718.jpg
上部のプラスネジ6本の取り外し・・でバンパーは簡単に取り外しOK。バンパー自体は片手で持てるほど。
DSC00717.jpg

(2)サイドプレートの取付。

フレームにサイドプレートを取り付けます。作業の山場。でもそんなに難しくはない。
Aの穴から針金付ボルトの針金を入れBから出す。ワッシャー類をほり込み最後にボルトも入れる。同様にAの穴からCへ。この写真は左フレームだけど右も同様。DMDさんのヒッチはガッツリした肉厚の鉄板を溶接してつくっているけど取り付けるフレームは大した肉厚でもない鉄板を折り曲げてスポット溶接したもの。十分な強度なんでしょうけどね。
DSC00724_20150918224339916.jpg
通したナットにサイドプレートを取り付ける。ここの締め付けトルクは12~17kgfmとかなりの指定だがトルクレンチが入らないで締めれるだけ締めた。右も同様なのだけど特に右側は直下がマフラーなので締めずらい。マフラーのゴムブッシュを外してマフラーをずらすか、マフラーをひっぱってもらってスペースを作れば作業しやすい。
DSC00725.jpg

(3)メンバーをサイドプレートに取り付け

取り付けたサイドプレートにメンバーをボルト4本で取り付け。ただ結構重いので1人じゃ難しい。スパゲティ食べてる嫁にブーブー言われつつ手伝ってもらった。トルクが8~10kgここは全く問題なくトルクレンチで締め付けOK。
DSC00728.jpg

(4)完成

メンバーをつけた後に、外しておいたバンパーステーを元に戻し、外した逆の手順でバンパー取付。写真とらなかったが外2本の穴に取り付けるキャリアも付属。

DSC00730.jpg

メガネレンチがなかったので中断して翌日に作業が残ったが手際よくやれば2時間はかからない。2回目なら1時間程度かな。鋼材の内側などは塗料がとどいていなかったのでスプレーした方がいいかも。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
がきんちょの小学校最後の運動会。
親が見るのも最後かと思いきや中学くらいまでは行くんじゃない?と嫁はん。中学でオヤジ来ると恥ずかしかったが。

恒例の運動会パラソル。嫁曰く一番使ったキャンプ道具かな。苦笑


今年もチャリトレーラーは大活躍だ。



にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
途上国みたいな国会。

アメリカの戦争に巻き込まれるかもしれない・・とSEALDsの学生さんが言っていたが、SEALDsのデモをアメリカの若者がみたらどう思うのだろうとネットを見てみた。以下コピペ。

■ 確かに安保法案なんかいらないよな……。
  北朝鮮や中国が何か事を起こしたとしても、
  アメリカ兵が命を賭けて日本を守ってくれるもんな……。 +3 アメリカ

■ マンガでも読んでろや。中国の脅威から目を逸らしてるのか?
  今の自衛隊のままじゃあっという間に一掃されるぞ? +3 タイ

■ 色んな脅威や他国からの侵略から国を守れない。
  そんな独立国家は存在しないんだぜ……? +2 国籍不明

■ あの単純な学生たちは、そう遠くない内に中国の被害者になるだろう。
  お子ちゃまたち、目を覚ます時間だぞ。 +9 アメリカ

■ そのままデモを続けてくれたまえ。
  ……彼らには、他国の脅威を心配する必要はないようだ……。 +2 国籍不明

■ 世間知らずなお子様たちねぇ。
  あなた達、中国のことはどうするつもりなの? アメリカ

■ 日本人じゃない俺でも、日本の為に戦った男たちに敬意を抱いてる。
  日本の学生はぶっちゃけダメダメだな。 フィリピン

■ 哀れだな……。日本の再軍備は時代の要求だろうに。 ドイツ

■ 彼らはテロから自国を守る手段は必要ないと思ってるの? 国籍不明

■ アメリカにはもう金がない。
  日本は自分たちでどうにかしてくれ。 アメリカ

■ 日本はアジアに於ける軍事的大国にならないと。
  中国の侵略に対抗できる存在としてアジア諸国が日本に期待をかけている事を、
  あの学生たちは認識しないといけない。 アメリカ

■ この学生たちは、自国を守ろうとしてる政府を非難する前に、
  まず拡張主義を採ってる中国のことを考えろって! +18 国籍不明 

■ 米軍が一年中日本の権益を守ってくれてるんだから、
  こういうデモ活動も気楽に出来るでしょうねぇ。 +44 アメリカ

■ あの「学生」たちは、自国の領海に滑走路を作られたとしても、
  ああやってデモを続けてるんだろうか。 +3 インド

■ 彼らの背後では、当然かの国が糸を引いてるんだろうなぁ。 +1 アメリカ

・・・でしょうね、という反応。

「もし日本が攻撃されたら米国は直ちに駆けつけなければならない。しかし、米が攻撃を受けても日本は助ける必要が無い。不公平だ。」次期大統領候補のドナルド・トランプ氏の発言だけど、ほとんどアメリカ人が知らなかった片務条約を知るきっかけになった今回の騒動。

日本への圧力は強くなるかもしれませんね。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
なんとスノーピークから石油ストーブが。

それもパープルストーブのような本格的なやつじゃなくTOYOTOMIのレインボーストーブのOEMとはビツクリ。マークで約1マンアップってわけです。まあ手軽でいいですけどちょっと運搬に難がないかな。
bebb0c0c20df488d8964aed90859af4b.jpg
14598_main.jpg


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
ずっと迷っていたOLYMPUS AIR を買ってしまった。

スマホに接続して使うカメラでSONYのレンズスタイルカメラのオリンパス版だ。
IMG_1984.jpg

早速通勤中に試写。空港横の公園だ。オリンパスブルーはしっかり。
IMG_1987_20150911170212a9b.jpg
もっともこのカメラに不適な飛行機の写真。タイムラグもあってまともに撮ることは難しい。
IMG_1986.jpg
IMG_1988.jpg

これはわかっていたことなんだけどスマホにWiFi接続して撮影可能になるまでiPhone 6 Plusでの実測で23秒。かなり厳しい。詳しい仕組みは調べていないのだけどBluetoothで通信のアタリをつけてWiFiに誘導しているようだ。ところがiPhoneが別のWiFiを掴んでいたらiPhoneのWiFi設定から手動でAirに切り替える必要があるので、接続時間は、もっと厳しい。スリープモード(?)にしておけば5秒程度と、まあなんとか実用になるのだが、なぜかこのスリープモードでは本体のシャッターボタンに軽く触れただけでレンズがせり出すので、とてもスリープモードのままカバンに放り込むわけにいけない。改良希望だ。

そうなるとAndroid(Wearじゃないホンモノの)Watchをファインダー用に手に入れようかとも思ったが、1.5マンと微妙なお値段。おまけに中華の製品なので信頼性は??アプリが動くかどうかも人柱で確かめるしか方法なしなので、ちょっと踏み切れないな。AppleWatchと接続するような記事もあったがiPhone経由の接続なのでもっとややこしそうだ。
61gHyNppxZL.jpg

確実に動作はするだろう激安の3.5インチスマホを専用ファインダー替わりしたらどうかも思ってみたり・・たぶんソコまでしないけど。ちなみにPolaroid piguあたりは1マンアンダー。LINEできればいいよという人はスマホなんてこれで十分かも。
41sJ5HzsHLL.jpg

はてさてこのカメラの用途は・・・。

フツーの考えると、SNSとかにスマホの内臓カメラ以上の画質でUPしたい人向けかな。iPhone6Sは12メガピクセルになったのでSNSには十分になってきているので微妙だ。

自分はカバンの中に常備しておく世界最小のミラーレス一眼のつもりで買ってみた。たしかに缶コーヒの3分の2くらいの大きさなのでこれ以上小さい一眼はないだろう。また画質は良好で良くなってきたスマホの画質とはいえ雲泥の差。しばらくは当初の思惑通り使ってみるつもり。

面白いのはオープンプラットフォームカメラとしてHack&Makeというキャッチフレーズのもと、裏蓋の3Dデータや通信プロトコルを自由にダウンロードできるようにしていること。でも本体がアクションカメラのように防水や耐衝撃ではないのでハックしてラジコンにのせたりすることはできないし、定点観察的に使うことも電池の関係上無理。Hack&Makeと言われても、ちょっと微妙。
Open HackDayというイベントで様々な使い方をユーザーが提案しているが、このカメラじゃなくてもいいじゃんってな使い方ばかりで、やっぱり微妙。
https://opc.olympus-imaging.com/project_report/201504/hackandmake_party1/
https://opc.olympus-imaging.com/project_report/201504/hackandmake_party2/


それよりオリンパスさん裏蓋にくっつくミニモニターを作ってくれませんか。ただのモニターでいいのです。そうすれば速射スナップはミニモニターで、凝ったことはスマホアプリで・・といった使い方で世界最小一眼として俄然価値が出てくると思うのだが。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
地元の愛媛松山でも安保反対デモが。戦争反対。そりゃそうだけど問題なのは「平和を実現する方法」だ。

LOVE & PEACE や WAR IS OVER とかプレートもってデモに参加している若者に聞いてみたい。共産主義や安全保障の勉強しているのかな。

LOVE & PEACE はわかっているけどイデオロギーや宗教の違いで人は殺し合う。TVでは言わないけどISISやチベットウイグルや天安門で検索して動画や写真を見れば、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意したという憲法だけでは命は守れないというのもわかるはずだ。

共産主義チベットウイグル第一列島線 ・・・GoogleやWikiのリンクなのでデモに参加しようと思ったあなたは勉強しておくべきだ。

中国は意図をもって動いている。日中の軍事費は2006年で逆転して今では3倍の差になっている。
20150622042913895_201509080016387c7.jpg

GDPも同様だ。
150125-4-1s.gif

LOVE & PEACE の人は中国は日本にはちょっかい出すわけないと信じ込んでいる。

重要なことは、ここ10年で中国から見た日本は経済力も軍事力も(アメリカが守らなければ)絶対に勝てる小国になり下がった・・ということだ。国力は完全に逆転したし、何より中国は第一列島線のWikiの通り「意図を持って予定通り」に動いているのだ。

経済力も軍事力も大きく伸ばすことができない日本が平和を守るためには同盟の強化しか道はないのではないだろうか。

この法案がマスコミの言うように、ヒトラーが制定してワイマール憲法を停止した全権委任法のようなものならば、なぜかつて日本が侵略した国さえ賛成するのだろうか。反対している国は、日本の安全保障が強化されるのを嬉しく思わない国だけだ。
CKZPDQfUYAAee5N.jpg

デモに参加する前に自分が調べて自分の考えを持つべきだ。

その上で、共産主義がいいならば次回の投票でしかるべき党に投票すればいい。その党が与党になれば日本は変わることになるし、そうなれば中国の脅威はなくなるだろう。自由や民主主義はなくなるけどね。




にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
インクリメントP株式会社は7日、Android向けオフライン地図アプリの新バージョン「MapFan 2015」をリリース。価格は3888円(税込)だが、リリース当初はキャンペーン価格として97%オフの100円で販売開始している。Android 4.0.3~5.5.1に対応する。

恒例なんだけど今なら100円で次々に値段があがっていきますので。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
良く調べずにバイク用のLEDヘッドライトを購入した。

が、自分のズーマーXはヘッドライトは交流らしく、バッテリーから直ラインを出す必要がある。まあそれはどうにでもなるのだが、問題なのは取付スペース。配線止めの金具があたってどうにも取付できない。ブブー。

しゃーないので昔100Vの電球LEDを仕込んでいたオイルランタンにバイク用ヘッドランプを移植することにした。12Vなので直サブバッテリーから電源とれば便利と思い。
で、完成。20W・2000ルーメンの爆光。100m先でも照らします。なんせヘッドライトですから。ギボシをつなぎ直したらローとハイの切り替えができる。隣のキャンプサイトを照らしたくないときはローモードにすればいい。明るさは乾電池ランタンでは実現不能の未知の領域なのだが問題発生・・・。
P9020067.jpg

問題なのはファンの音。バイクで試したときはエンジン音にかき消され全然気にならなかったのだがシャーと冷却ファンの音がにぎやかでとてもキャンプ場では使えない。バイクのヘッドランプは限られた密封スペースで発熱するので寿命対策で空冷になっているようだ。
P9020070.jpg

今回は失敗だったがファンがない12VLEDもたくさんある。サブから電源がとれるキャンカー乗りの方は、高いランタン買わなくても、手元のランタンに12VLED仕込むのも手かもしれない。


にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
▲応援ポチッとお願いします。m(__)m
PICKUP
プロフィール

kukaikun

Author:kukaikun
キャンカーで行く旅・・・クレソンで行こう。

キャブコンのネオクレソンから始まり現在はバンコンのファイブスターに・・キャンピングカーでマイペースなアウトドアライフを送っています。キャンカー話題を中心に関係ないこともライフログのつもりで気負わず書いています。よかったらどうぞ。


※もちろんリンクフリーです。よろしければコメントにてお知らせください。

Since
カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QRコード
キャンプ場検索・予約サイト 「なっぷ」